*

信号機のない車道を横断する時に優先されるのは、車両側?歩行者側?道路交通法での罰則とは?

公開日: : 生活, 事件・事故

信号機のない車道を通る人を見かけますが、近くの陸橋や地下道を避けて、車がスピードを出して走行している通りを横断している姿を見かけると、注意を促したい気持ちになります。

 

早朝など車が数台しか走っていない時ならまだ良いのですが、日中車がスピードを出している時の横断は危険です。

 

向こう側へ渡り切るまでハラハラしながら、ついつい見守ってしまう時があります。

 

無理な横断をしている、歩行者に対する罰則などはあるのでしょうか?

 

身近で車道を横断している人を、日に数人は見かけることがあるので道路交通法について調べてみました。

 

歩行者優先?

横断歩道が設置されている交差点では、歩行者の横断が優先されます。

 

また横断歩道のない交差点でも、歩行者が優先されます。

 

それについては、道路交通法に記載されています。

 

 

 

(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)

第38条の2
車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。

(道路交通法第38条の2より)

 

 

 

やはり弱者は守られなければいけないということで、歩行者が車道を横断しようとしている時は、その横断を妨げないように、運転手は注意が必要になるのですね。

 

 

 

 


車両優先?

 

横断歩道が設けられていない車道では、基本歩行者優先ではないので一時停止する必要もなく、歩行者が横断していると確認された時には、必要に応じて徐行したり一時停止すれば良いということになります。

 

以下は、横断歩道がない車道を横断する歩行者に向けての、注意が記載されている部分です。

 

 

 

(横断の禁止の場所)

歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。

ただし、横断歩道によって道路を横断するとき又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従って道路を横断するときは、この限りではない。

(道路交通法第13条第1項より)

 

 

 

やはり横断歩道がない車道の横断では、歩行者が車両の直前・直後を横断してはいけないと書かれています。

 

 

 

 

スピードを上げている車の前後を横断するのは、自殺行為だと考えられるので、横断する歩行者のリスクは大きいと考えられます。

 

 

しかし、実際には車両が危険を判断して、徐行したり停止したりしています。

 

 

 

 


歩行者への罰則

 

車道を無理に横断して事故を起こした場合は、車両側の前方不注意ということになりますが、歩行者の過失は大いに認められるので、全面的に車両が悪いと判断されることはありません。

 

歩行者への罰則についてですが、特に設けられていないようです。

 

 

不適切な横断に対する罰則規定:特になし

(道路交通法第13条第1項より)

 

 

 

 


まとめ

 

歩行者への罰則はなく、事故にあった時には前方不注意ということで車両にも責任が課せられるので、やはり法律でも歩行者は守られていることになります。

 

 

日本ではまだそこまで車道を渡る人を見かけることは少ないですが、東南アジア・タイのように、信号機も少なくインフラ整備もあまりされていないため、手を繋ぎながら渡ることが当たり前のような国もあります。

 

 

日本は他国に比べ信号機の数が多く、横断歩道がない場所でも、陸橋や地下道などを利用できるように設置されています。

 

 

しかし時間短縮や、階段の登り降りを避けるために、つい車道を横断してしまいます。

 

 

 

事故多発地点での横断は避けたいのですが、生活のために避けられない場合もあるので、お互いの注意が必要になります。

 

 

 

皆んながそこを横断しているから自分も・・・という気持ちや、遠回りするくらいなら、少し危険を犯してでも楽な道を行こう・・・という、罰則がないことに対して安心しているのかもしれません。

 

 

しかし交通事故で亡くなる人は意外と多いので、日頃から注意していきたいですね?

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

他にも、お役立ち情報など是非ご覧になってみてくださいね(´▽`*)

 

スポンサードリンク







関連記事

世界の料理が、日本食に大変身! そのルーツは江戸の参勤交代にあった・・

今サッカーW杯の真っ最中で、サッカーだけでなく関連グッズや各国の料理も、日本国内で楽しむことができま

記事を読む

自粛迫るいやがらせ行為 昼間営業店に誹謗中傷の嵐

新型コロナウイルス感染拡大を避ける為に、緊急事態宣言が出されている中、家族や従業員の生活を守るために

記事を読む

G-SHOCK誕生の裏話し。 3階からの落下実験から始まり・・・そして公園の光景からヒントが!!

タイトルだけ見たら、どんな経過をたどりながら開発されていったのか、想像もつかないと思います。

記事を読む

宿題代行取締強化! 夏休みの宿題を販売している出品者に向けて・・・

メルカリ、ラクマ、ヤフオクの3社が、夏休みの宿題代行販売の取締りを強化し、文科省からの依頼で出品を見

記事を読む

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品を摂取することによって、糖尿病

記事を読む

小惑星「Ryugu」到達へ・・ 探査機「はやぶさ2」の成功で盛り上がる、JAXAメンバー達

6月27日に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、小惑星探査機はやぶさ2の、小惑星「

記事を読む

やる気が出ない・・過重労働や睡眠不足、食欲不振などによる副作用で「やる気」が減退・・・改善法とは?

仕事をするにも「やる気」が出ない・・休日にする事がなく過ごしてしまう・・そんな精神的要因からくる倦怠

記事を読む

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

10月3日朝の情報番組スッキリ!で、乳がん健診を受けているか否かのアンケート調査と、乳がん検査の種類

記事を読む

やはり引退宣言を・・・タピオカ騒動でママタレントとしての好感度を失ったユッキーナが、芸能人から一般人に

ユッキーナこと木下優樹菜さんと、フジモンこと藤本敏史さんが2019年の暮れに離婚し、その1ヶ月前にタ

記事を読む

運転免許証がマイナンバーカード? 現在利用頻度ゼロのマイナンバーカードが活躍する時代へ・・・

マイナンバーカードの利便性の向上から、マイナンバー制度の普及促進策を検討する政府の作業チームの初めて

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑