*

クライアントとクライエントの意味の違いと、相談員と相談者のモチベーションの合致するところ

顧客を表すクライアントクライエントの違いと、それぞれの相談員と相談者の持つ、モチベーションについて調べてみました。

クライアントとクライエント

 

クライアントは、企業では取引相手のことを言い、医療の場では患者のことを言います。

 

 

またコンピューターの世界では、サービス提供を受ける側のコンピューターやアプリケーションのことを示します。

 

 

クライエントは、カウンセリングなど心理療法を受ける人や、社会福祉での相談者のことを言います。

 

 

広告代理店の顧客のこともクライエントと言います。

 

 

カウンセリングでは来談者、心理療法を施す人はセラピスト(治療者)と言います。

 

 

 

そして、クライアントもクライエントも英語で、アルファベットで綴ると「client」となり、日本語で表記する場合のみ区別されるようになります。

 

 

 


相談者のモチベーション

 

 

やる気を出すためには、モチベーションのコントロールが必要になります。

 

 

今日はこれをやろう!と思っていても、モチベーションが上がらなくて先延ばしにしていまい、結局1週間経っても1ヶ月経っても、全く進んでいなかったということがあると思います。

 

 

 

すぐ取りかかる人は貫性の法則のように、ボールを転がしてそのまま同じ方向へ進んでいくように作業をスムーズに進めていくことができます。

 

 

 

しかし先延ばしする人は、行動を始める良いタイミングの時に、何かと理由を付けて後回しにし、そのやる気が出た瞬間を逃してしまっています。

 

 

 

そして、次第に行動するのがおっくうになっていき、結局計画倒れに終わってしまうのです。

 

 

相談者のモチベーションの持ち方が、問題解決を左右させることになるのです。

 

 

 

 


やる気を出させるには?

 

 

人は好きな事をやる時は、俄然やる気を出して短期間でやり遂げてしまいます。

 

 

 

逆に嫌いな事からは顔を背けて、なるべく関わらないようにし、必要に迫られると仕方なくやり始めます。

 

 

 

自分自身へのご褒美をいつも考えていると、一連の作業も少しは苦にならないでやる気を起こさせ加速していきます。

 

 

 

終着点を決めて、ご褒美を用意してやっていくと、良い結果が出せそうです。

 

 

 

相談者も相談員もお互いに終着点を決めて、モチベーションを保ちながら解決していければ、思っていた以上の結果が出せるのではないかと思います。

 

 

 

 


まとめ

 

クライアントとクライエントは、いろいろな場面で登場する言葉ですが、どちらも相談したいことを抱えていて、不安でモチベーションが下がっている時だと思います。

 

 

 

相談員は問題解決に至るまでに、相談者の気持ちを汲み取りながら、進めていければベストだと思います。

 

 

 

気持ちがしっかり通っていれば、不安もなく順調に進めていくことができます。

 

 

 

相談することがどんなに大切かということを、最近身にしみて感じています。

 

 

 

 

良い結果を出すためには、相談員の存在と相談者の努力だと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

最高のクリスマスを過ごす方法~ 年の最後の一大イベントであるクリスマスを、どう過ごしたいですか?

ハロウィンが終わり、次に控えているクリスマスの準備はもう始まっています。 デパートの売り場にも

記事を読む

クリスマス前の感謝祭 アメリカ人の楽しみ方~「七面鳥の日、収穫感謝日」

アメリカの感謝祭であるサンクスギビングデーは、作物などの収穫に感謝する日として祝い、ハロウィンとクリ

記事を読む

小惑星「Ryugu」到達へ・・ 探査機「はやぶさ2」の成功で盛り上がる、JAXAメンバー達

6月27日に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、小惑星探査機はやぶさ2の、小惑星「

記事を読む

花粉症対策に効く食事と、花粉の飛散量が少ない時間帯のウォーキングで免疫力アップ! 

花粉が飛び舞う時期になり、一日中くしゃみや鼻水、喉のイガイガや目の痒みに悩まされている人が多くなる中

記事を読む

スマホ首に注意! 辛い腰痛に引き続き、肩こりや首痛のケアーを・・・

スマホは生活には欠かすことができない、今や必須アイテムになってきていますが、歩きスマホや自転車や車の

記事を読む

「人工甘味料」は腸内細菌の環境を破壊し、老化を早める? アンチエイジング効果で若さと健康を!

ダイエットのため、砂糖の代わりに「人工甘味料」を使った食品を摂取する人たちが増え、低カロリーの食品で

記事を読む

アビガンは効果が期待される治療薬の一つ・・・新型コロナの感染拡大をストップ!

世界50か国以上から、提供要請を受けている日本の治療薬「アビガン」は、富士フィルム富山化学が開発した

記事を読む

中山美穂の妹、中山忍が1988年にアイドルデビュー後、引退へ・・・ その原因となった人物とは?

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」フジテレビ系で19日放送の番組内で、当時の事を告白する中山忍さん(

記事を読む

(特集)高齢者の5人に1人は認知症? 64歳以下の若年性認知症も年々増加! スッキリ3DAYSで認知症を考えよう。

朝の情報番組スッキリで、本日(8日)から3日間に渡って認知症について放送され、もの忘れとは違う若年性

記事を読む

新型コロナウイルス感染拡大に待ったをかける状態で、政府が緊急事態宣言の発令可決

新型コロナウイルスを含む「新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案」が、13日参議院本会議で可決成立

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







室内での簡単ストレッチ! ウォーキングと併用してトレーニングすると効果抜群

花粉の時期はなかなか外に出るのも辛く、ウォーキングで体をほぐしたくても

ブレインダイブはオリジナルマジック? 「心理学」と「コールドリーディング」を駆使してブレインダイバーがあなたの脳に潜り込む

「モニタリング」テレビに登場したブレインダイバーの新子景視(あたらしけ

花粉症対策に効く食事と、花粉の飛散量が少ない時間帯のウォーキングで免疫力アップ! 

花粉が飛び舞う時期になり、一日中くしゃみや鼻水、喉のイガイガや目の痒み

50年の時を経て、砂丘に埋まる錆びていない缶を発見! 70年代前半も今もファンタは愛され続けている

2月16日に鳥取砂丘から出土した「ファンタグレープの空き缶」は、50年

最後まで使い切れる注射器と、やはり出た副作用で不安拡大! そして不織布マスクの効果的な使い方

コロナウイルスのワクチン接種が始まって医療従事者から順に接種し、接種後

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑