*

高速バス・全国初64人乗りの大型バス導入~  しずてつジャストラインで快適なバスの旅

高速バス・しずてつジャストラインの路線バスは、2019年9月末から一部区間で、64人乗りの大型バスを全国で初めて導入します。

バス利用者は年々増加していて、新宿行きのバスは10年前には利用者が1桁の時もありましたが、今では満席の日が少なくありません。

 

一部区間で大型バスが導入

 

 

従来のものと比べて乗客定員が11人プラスされた64人乗りの大型バスを、全国で初めて導入したのは、静岡市と吉田町・牧之原市を結ぶ「特急静岡相良線」と、JR静岡駅と静岡空港間の「静岡空港線」で、全部で6台を順次に投入していきます。

 

 

このバスは、しずてつジャストライン(静岡市葵区)が、三菱ふそうトラック・バス(神奈川県)と共同開発しました。

 

 

 

 


導入された原因とは?

 

 

近年、運転士が不足していく中での苦肉の策で、輸送力を高めるためにもいち早く導入されることとなりました。

 

 

 

バスの運転士不足は深刻な課題のようで、全国的に運行ダイヤの便を減らしたり、運休することが相次いでいるようです。

 

 

 

通勤や通学の利用者が多い「静岡相良線」は、混雑時間帯に乗車できない利用者もいるので、座席数を増やすことで対応することにしました。

 

 

 

 

 


バスの仕様は?

 

 

 

導入されるバスは、車体の長さは変えずに座席シートを軽量薄型に改良し、また1列座席を追加するなどして64席に増やしました。

 

 

前後の座席と座席との間隔や足元スペースは、現在のタイプと変わらないようです。

 

 

 

またWi-Fi環境や、全席に充電用USBコネクターを装備しているので、長旅にも対応されています。

 

 

 

 


まとめ

 

 

バスの利用者が年々増加していく理由には、新幹線や東海道線に比べ料金が安いということや、乗り継ぎなく目的地まで運んでくれること、そして突然の自然災害時には、路線変更をして細かな対応ができるという利点があるからです。

 

 

 

路線バスなので普通にバス停で乗ることができ、東京・新宿への交通手段には、高速バスを利用することが大変多いです。

 

 

 

バスの運転手さんの人員不足を補うために、座席数を増やしての対応をすることで、安全性はどうなのかという細かな点が、今後問われてくることだと思います。

 

 

 

路線バスだからといって、快適なバスの旅には変わりありません。

 

 

 

必要に駆られて対応していくのは仕方ありませんが、やはりのんびりゆったりバスでの移動を楽しみたいですよね?

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

亡き弟の渡瀬恒彦さんに続き、石原軍団代表だった渡哲也さんが肺炎により78歳の生涯を閉じました。ご冥福をお祈りいたします。

西部警察や大都会でブレークして、数々の映画やテレビに出演してきた俳優であり、故石原裕次郎さんの後を継

記事を読む

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行くので、鰻屋さんがフル回転して

記事を読む

プレミアム商品券の対象家庭とは? 有意義な使い方を試される時・・・

住民税非課税世帯と小さな乳幼児のいる子育て世帯に還元されるプレミアム商品券は、消費税が8%から10%

記事を読む

安室奈美恵 いよいよ引退に・・・25年間本当にありがとう!

2018年9月16日のファイナルをもって、芸能界から引退した安室ちゃんこと安室奈美恵さん、歌手、女優

記事を読む

ふるさと納税返礼品が充実!みんな助かる農林水産省の補助金は12月18日まで。

お歳暮の時期になると、ふるさと納税の返礼品を利用する人が増えてきますが、今年はコロナ禍でいつもと違う

記事を読む

歯磨きって、こんな簡単だった? マウスピース型電動歯ブラシを口にセットして、10秒で歯磨き完了!

今海外で人気沸騰中の歯磨きって、マウスピース型で赤ちゃんのおしゃぶりのように、口にセットするだけで電

記事を読む

日本の食文化と、参勤交代と、好奇心!

前回のお話しでは、和食以外の海外の料理がアレンジされて、日本食として各家庭の食卓に上がっているという

記事を読む

ペッタン!「餅つき」をするのに最適な日とは? 日本の風物詩の一つである「餅つき」には、どんな意味が込められてるの?

ペッタン、ペッタン、ペッタンコ~!と、臼(うす)と杵(きね)でつく餅つきは、日本の年の暮れの風物詩の

記事を読む

ピース又吉と綾部、それぞれの道を進み続ける「人間」模様・・・接点はあるのか?

2015年3月11日に発売された、又吉直樹の「火花」は第153回の芥川賞を受賞して、又吉のデビュー作

記事を読む

貴重な献血は命をつなぐ架け橋〜 献血できる条件と年齢制限とは?

公共の場やショッピングモールなどの前に、献血車が停まっていることがありますが、血液不足を呼びかけなが

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑