おにぎりの値下げで勝負に出たミニストップ! おにぎり16品が驚きの100円。

ミニストップハロハロやプリンパフェが人気で、店内で作るデザートを楽しみに注文する人がいます。

コンビニチェーンの中では4位ですが、7月2日から16品のおにぎり(102円~130円 税別)を100円に値下げして、コンビニ業界初のチャレンジに打って出ました。

 

値下げ店、値上げ店

 

ミニストップおにぎりの値下げは、国内の全1998店で実施されていて、各店舗の入り口にはポスターやのぼりが出ています。

 

 

「毎日うれしいおにぎり100円」

 

 

と書かれ、通行する人の購買意欲を誘っています。

 

 

またミニストップとは違いセブンイレブンでは、2019年2月に鮭や明太子など含めた定番のおにぎり5品を、商品改良にあわせて全国で5~10円ほど値上げしています。

 

 

材料費の高騰や人件費がかさみ、値上げせざるを得ない状況のためです。

 

 

 

ファミリーマートやローソンなども商品改良に合わせて値上げし、高価格帯の新商品を並べています。

 

 

 

 

 


おにぎり100円戦略の理由とは?

 

コンビニ業界トップ3と売上高の差があり、なんとか肩を並べられるレベルに追いつくための戦略なのです。

 

 

2019年2月の、ミニストップの全店平均日販は41.3万円です。

 

 

それに比べセブンイレブンは65.6万円、ファミリーマートは53.2万円、そしてローソンは53.1万円とかなり売上げを伸ばしています。

 

 

 

ミニストップは日本での売上げが伸び悩んだばかりではなく、ベトナムでの事業も不振状態が続いていたようです。

 

 

 

 


おにぎり100円の効果

 

主力商品のおにぎりを常時100円にすることで、サラダや惣菜類、飲み物などをあわせて購入してもらうという狙いがあります。

 

 

 

4月に青森県でおにぎり100円の値下げ実験をし、対象おにぎりの販売個数が約2倍まで拡大したことにより、7月に全店で値下げすることになりました。

 

 

結果として、おにぎりの販売個数が1.5~2倍に増加し、粗利益としては値下げ前以上の数字を確保しています。

 

 

 

 

 


まとめ

 

おにぎり100円戦略はこれからも続きますが、果たしてそれだけで売上げを好転できるのでしょうか?

 

 

今後の課題になってきそうです。

 

 

コンビニだけではなく業務スーパーにもおにぎりが並んでいますが、70円以内で購入できてしまうので、100円おにぎりが安いとは感じられなくなってきています。

 

 

ミニストップの今後に注目されますが、ハロハロやババロアは魅力的なので、新商品の開発に期待したいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)