*

「走行税」導入は、電気自動車普及による、ガソリン税減少の対応策なのか? すでに導入している国とは?

公開日: : 最新情報, 生活, 税金

「走行税」とは、走行距離に応じて課税・徴収する税金のことで、電気自動車の普及に伴い、ガソリン税が減少するのを見越した政府の対応策です。

導入することにより、自動車の使用状況がどう変化していくのか大変気になり「走行税」について調べてみました。

導入の経路と理由

アメリカで2009年に、NSTIFC(米国陸上交通インフラ資金調達委員会)から提出された報告書により、長期的な自動車燃料税による財源確保の持続は難しいという結論が出され、新たな対策である「走行税」が検討されました。

 

今後、電気自動車(EV車)が普及し、カーシェアリング(登録を行った会員間で、特定の自動車を共有使用するシステム)が進めば、いずれはガソリンの使用量が大幅に減少していきます。

 

そうなれば政府は、ガソリン税を徴収することができなくなるので、財源確保のために「走行税」を導入し、それに頼っていくように事前に検討されています。

 

 

 

 


導入されている国

スイスやニュージーランド、ドイツやベルギーなどでは、すでに「走行税」や距離に応じた料金制度が導入されています。

 

そしてアメリカの一部でも検討されていて、日本でも本格導入が検討されています。

 

 

 


「走行税」導入により不利になる業種

 

「走行税」は走行距離に応じて課税されるシステムで、走行距離が短ければそれだけ税金が安くなります。

 

 

しかし車の運転を職業としている、バスやタクシー、輸送業界にとっては大きな痛手となります。

 

 

もし今より負担が増えれば、バスやタクシーの運賃が上がり、またネットショッピングで購入の際の送料も上がってくると思われます。

 

 

そして結果的に私たち消費者に、跳ね返ってくることになるのです。

 

 

 

 


まとめ

車を所有している人は、車検代やガソリン代はかかっていますが、車を自分で運転しているので運賃はかかっていません。

 

もし走行税が導入されれば、走行距離に見合った、自分が運転した運賃を払わなければならないということになります。

 

少し意味が違いますが、消費者が買い物した時の消費税や、自分の土地に家を建てて住んでいるのに、固定資産税という税金を納めなければいけないという理論に近いものだと思いました。

 

 

実際に導入されている国は、もうそれが当たり前のようになってきてしまっているのでしょうか?

 

 

車がないと不便な、地方に住んでいる人達にとっては、大きな問題になっていくと思います。

 

 

財源確保のための対策であるのなら、税金の無駄使いをやめる検討をしていったほうが、国民は苦しまずに済みます。

 

 

それでも逃れることはできないのでしょうか?

 

 

ますます生き辛い世の中になってきますね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他関連記事も合わせて、ご覧になってみてください(^-^)

 

自動車税の税率変更はいつ? 自動車取得税の廃止と環境性能割の導入で、環境対策見直しを!

 

自動車保険、あなたは万全ですか?

 

スポンサードリンク







関連記事

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取組み 3月2日からの臨時休校に待ったをかけた県とは?

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための、小中高校や特別支援学校などの臨時休校に対し、準備不足や感染

記事を読む

五月祭!! 東大生は未知数の可能性の持ち主

今朝テレビで、東京大学の五月祭について紹介していました。   東大の赤門を潜る

記事を読む

新型コロナでイタリアが凄いことに!そして日本国内でも経済立て直しと、国民への現金給付を検討

イタリアの感染者数は、18日の調査では3万5713人、死者は2978人以上に上っています。中国は相変

記事を読む

飛沫感染と接触感染のインフルエンザの流行早まる! タミフルより効くインフルエンザ新薬とは?

平成最後の夏が終わり季節は秋になってきていますが、既にインフルエンザが流行り始め学級閉鎖をしている県

記事を読む

ユッキーナとフジモン、そしてタピオカ騒動 言葉遣いって大切だねホントに!

「口は災いの元」炎上の原因の一つは会話からだと実感し、タピオカ店でのユッキーナの軽率な言動から波紋が

記事を読む

今一番トレンディーなインスタグラムから学ぶこと・・・全世界が身近に感じられて旅行している気分が味わえる?

インスタ映えする写真をアップしたり、アップされている写真を見てオススメのお店や観光できる場所を探す時

記事を読む

やる気が出ない・・過重労働や睡眠不足、食欲不振などによる副作用で「やる気」が減退・・・改善法とは?

仕事をするにも「やる気」が出ない・・休日にする事がなく過ごしてしまう・・そんな精神的要因からくる倦怠

記事を読む

コインランドリー市場、需要拡大! コインランドリー投資の成功の理由とは?

コインランドリー市場が日本全国に約600店舗と拡大し、WASHハウスと呼ばれるランドリーハウスが清潔

記事を読む

またまた吉本不祥事!チュートリアル徳井が、所得隠しと1億1,800万円の申告漏れで、放送中止番組が続出~今後はどうなるのか?

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が、自ら設立した会社「チューリップ」で、約2,000

記事を読む

企業公認アレンジレシピ  永谷園のお茶漬けから、亀田の柿の種までアイデア満載!

永谷園のお茶漬け海苔や、日清のチキンラーメン、そしてカゴメジュースや亀田製菓の柿の種まで、シンプルに

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







新型コロナは、日本の芸能人にまで刃を向け、改めてウイルスの脅威を知る

志村けんさん(70)の新型コロナウイルス感染の報道が23日にあり、そし

新型コロナでイベント中止、旅行も自粛!感染リスクが少ない場所が今注目されている・・それはどんなとこ?

全世界が新型コロナウイルスの渦の中にいる現在、各地で外出はもちろんのこ

ストレスや悩みを抱え込まない心理学!交流分析とカタルシス効果

日常生活には決まって、ストレスや悩みごとがつきものです。 クライ

心理学やビジネスに登場するカタルシス効果 再出発に適してる?

精神分析の用語や、ビジネスのマーケティングにも応用されている「カタルシ

新型コロナの世界的大流行と、WHO事務局長の指示!

新型コロナウイルスで亡くなった人の数も16,000人を超え、感染者数も

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑