*

メガネ着用禁止の職場の特徴 見た目の印象で判断されてしまう?

メガネの着用を禁止している職場があるようで、特に女性のメガネ着用には着手している業務に支障が出るという理由から、日本では厳しい規則とされていて、コンタクトで対応されている方には一日着用が辛く、ドライアイになる方も増えています。

 

どんな職場で禁止されているのか興味があり、その理由を聞いて納得のいくもの、また納得できないものなどがありましたので、メガネ着用がなぜいけないのかを見ていこうと思います。

どんな職種の方が、メガネ着用を禁止されている?

 

快適な空の旅を搭乗者にしてもらうために活躍されているCA(キャビンアテンダント)さんや、公共の場や大手会社で案内などを担当している受付の方や、百貨店などの受付嬢デパートなどでお客様にメイクをする美容部員や、和服などを着用して接客する料亭などの仲居さんなどが、仕事していく中でメガネが妨げになると禁止されています。

 

日本の航空会社では、男性女性ともメガネの着用を禁止しています。

 

 

 

 


女性のメガネ着用禁止の理由とは?

航空会社ではフライト中にメガネを落としてしまったり、緊急事態の時にメガネに物があたり危険であることから、安全面を考慮して男性乗務員、女性乗務員ともメガネの着用は避けコンタクトをしています。

 

 

しかしそれは日本国内だけのようで、海外でのCAさんの中にはフライト中であっても、メガネを着用している人がいるので、慎重に物事を考える日本特有の決まりのような感じです。

 

 

その他受付担当などは、お客様に冷たい印象を与えてしまうという理由から禁止されています。

 

 

 

美容部員は皆さん綺麗にメイクされていて、化粧品を購入しようとするお客様のメイクのお手本でもあるので、メガネで顔を隠すことは仕事上NGだということでメガネ着用を禁止しています。

 

 

 

和服で接客している料亭などの仲居さんは、メガネが和服には似合わないという理由から禁止されています。

 

 

 

 


コンタクトレンズ着用で、ドライアイになる原因

 

メガネ着用が難しい職場では、視力の矯正のためにコンタクトレンズで対応していかなければなりませんが、そのためにドライアイになってしまう人も少なくはありません。

 

 

その原因となるものは一体何であるのか調べてみました。

 

 

 

目に異物が入ったりすると、自然と涙が出てきます。

 

 

この涙は実は重要な役割を果たしていて、目の表面を潤してくれているのです。

 

 

 

瞳の構造としては、外側から油層、涙液層、ムチン層の3層からできていて、このいずれか一つでも欠如していると、涙のバランスが崩れ涙の安定性も低下し、コンタクトレンズが目の表面に定着しなくなります。

 

 

こうして涙のバランスが崩れた時に、ドライアイは起こるのです。

 

 

そしてドライアイの主な原因としては、エイジング(加齢)によることと、環境の2つからきていると考えられています。

 

 

現代においてはパソコンやタブレット、スマートフォンなどを使用する時間が長くなってきたので、目を酷使してドライアイを引き起こしています。

 

 

 

以上のように目に負担をかけることが多い現代では、コンタクトレンズの長時間着用は目に悪く、ドライアイを引き起こす要因はあちらこちらにあることがわかります。

 

 

 


メガネをかけていて不便なことは?

では日常生活の中で、メガネをかけていて不便であることはないかを考えてみようと思います。

 

料理をしている時に、煮込み料理で湯気が出ている時にはメガネがくもって前が見えない時があります。

 

 

その他、熱々のラーメンやうどん等を食べる時にも同じようにメガネグラスがくもってしまい、前が見えにくくなるのでグラスを拭いてかけ直すこともあると思います。

 

 

花粉症や風邪、病院を受診する時などマスクをすることがあると思いますが、その時メガネをしていると吐く息ですぐメガネがくもってしまいます。

 

 

その他動きの激しい運動をする時には、ずり落ちない専用のメガネをかけて対応している人もいます。

 

 

視界が良く見えて便利なメガネも、蒸気や吐く息などでくもってしまうので、時には不便に思うこともありますね。

 

 

 

 


まとめ

メガネ着用を禁止している職業は、まだまだ日本国内にあると思いますが、見た目の印象にこだわっているようであれば、メガネも顔の一部として見ればそれほど違和感はなく、また日頃メガネをかけて生活している人は、メガネをかけている顔の方が自然体で美しいと思うので、危険でない限りは考え直してみるのも良いかもしれません。

 

 

メガネの種類も豊富なので、お洒落メガネにチャレンジして個性を出していけると、仕事への意気込みも変わってくると思います。

 

 

ファッションの一部として、メガネにも注目してみようと思いました。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

さくらももこさん(53才)が死去! 清水入江小での思い出一杯の「ちびまる子ちゃん」、お姉ちゃんや秀樹やシーモンキーも永遠に!

ちびまる子の作者である、さくらももこさんが乳癌で死去していたという速報が流れ、地元静岡でも突然の訃報

記事を読む

企業公認アレンジレシピ  永谷園のお茶漬けから、亀田の柿の種までアイデア満載!

永谷園のお茶漬け海苔や、日清のチキンラーメン、そしてカゴメジュースや亀田製菓の柿の種まで、シンプルに

記事を読む

クレカ利用率の最多年齢は41歳~50歳! まだまだキャッシュレスに慣れていない日本

カードを持つことによってポイントが貯まったり、現金をお財布から出し入れする手間もなく、お財布の軽量化

記事を読む

LINEのテーマパークって、楽しめるのかな? タイの首都バンコクで、テーマパークが開園!

LINEのスタンプでもおなじみのクマさんやうさぎさん、親指立ててゲッツをしている金髪の人など、正式な

記事を読む

AI(人工知能)進出での技術革新で、人間の仕事の8割が減少 将来の仕事とは?

AI(人工知能)は年々、私達の生活の中に浸透していき、社会へ進出してきています。 テレビやエア

記事を読む

盲目の少年ドラマー酒井響希くん・・・「ママもう泣かんといてな」とプロドラマーとしての決意宣言を!

2月26日の朝の情報番組「スッキリ!」で、大阪に住む盲目の少年ドラマー酒井響希くんがステージ上で演奏

記事を読む

草津国際スキー場の噴石

地元でも、まさかの想定外の出来事が起きてしまいました。   2018年1月23

記事を読む

ガストなどファミレスで、プラスチック製ストロー利用中止!

環境破壊や人体にも良くないということで、ファミリーレストラン最大手の、すかいらーくホールディングスは

記事を読む

スパチャは配信者を支援し、YouTubeライブは大盛り上がり でも注意点あり!

スパチャはYouTubeライブ配信中の、配信者支援のための投げ銭であり、正式名はスーパーチャットで、

記事を読む

淡路島をリゾート化! パソナの社員は東京都心からの移転に従うの?

淡路島にはすでに、パソナグループが所有するレジャー施設ができていて、小さな企業城下町として発展してい

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







憂鬱でたまらない・・・これは「うつ病」なの? 体の痛みもあるから専門医に相談し、カウンセリング も受けてみた

心から元気の「気」がなくなると、憂鬱で心が沈んだり、引きこもって人と会

ノイローゼ(神経症)は「不安」や「恐怖」からきて、うつ病は心理的ストレスから? 精神科や心療内科の利用者急増~

極度な不安や恐怖、環境からくるストレスによりノイローゼ(神経症)やうつ

婚活マッチングアプリでカップルへ・・・新婚生活で60万円の補助金取得「結婚新生活支援事業」とは?

結婚したい人のための「婚活マッチングアプリ」の登録者数が増加していて、

(簡単)自宅でコロナ検査ができる! PCR検査キットが郵送され、唾液による簡単検査でお悩み解消~

自宅にいながら、コロナに感染しているのかどうかの検査が簡単にできる「P

「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も充実

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑