*

クリスマスって特別? 子どもの頃感じていた特別感と、男女で感じるクリスマスに対する考え方の違いとは?

子供の頃の記憶では、クリスマスってとても特別な日であり、お正月と同じくクリスマスが近づいてくると、ワクワク・ドキドキして、指折り数えて待っていたことを覚えています。

クリスマスは、イエスキリストの復活をお祝いした日ですが、子供の頃はサンタのおじさんにプレゼントをもらえる日ということで、インプットされていた気がします。

 

良い子にしていれば、皆んなが寝静まってからサンタさんが煙突から家に入ってきて、枕元にプレゼントを置いていってくれる・・というメルヘンの世界に憧れていました。

 

しかしそんな御伽話のような言い伝えは、いつからかなくなってきてしまいました。

サンタクロースが煙突から入ってくる?

家に暖炉がある寒い国をイメージしていて、トナカイがサンタクロースを乗せて良い子の家を1軒1軒回って、煙突から入ってプレゼントを配る夢のようなお話しにお父さんお母さんも、プレゼントを用意して枕元に置いてくれている家は、少なくない時代もありました。

 

しかし今は、まず薪を焚べて部屋を暖かくする暖炉のある家は殆どなく、仮にあったとしても煙突から入った時点で、住居侵入罪で捕まってしまいます。

 

 

だから現代ではNGになってしまい、このお話は成立しなくなります。

 

 

 

 


クリスマスツリーに靴下を下げる?

大きな靴下の中に、サンタさんがプレゼントを入れていってくれるという御伽話もあり、靴下型で中にキャンディーが入っているプレゼントは未だに売っていたりします。

 

海外のクリスマスでよく目にするのは、ツリーの下に子供達に渡すプレゼントを予め用意していて、クリスマス当日に渡されるという、おあずけ状態でクリスマスを指折り数えている子供達の姿です。

 

 

プレゼントはサンタクロースが届けてくれると信じている子供達にとっては、やっぱりクリスマスは特別な日なのです。

 

 

 


カップルや夫婦にとってのクリスマスとは?

カップルにとっては、結婚などのきっかけになるメインイベントで、男性女性とも力が入ります。

 

 

プレゼント交換も楽しみの一つで、イルミネーションされた街を2人で歩くのも、ロマンチックで大切な時間です。

 

しかし既婚者にとっては、毎日の生活が大変で、クリスマスが特別な日と考えている人がどのくらいいるのかはわかりません。

 

 

また男性の方が特別感はなく、周りが賑やかくらいにしか感じていないことが多いような気がします。

 

 

 

 


まとめ

 

クリスマスを心待ちにしている人は世の中にどのくらいいるのでしょうか?

 

 

子供の頃あった特別感が歳と共に衰退してしまう・・・なんだか寂しい気もします。

 

 

しかしやっぱり年間を通して一番盛り上がるのはクリスマスです。

 

 

クリスマスソングが流れ始め、イルミネーションが少しずつ増えてきて、今年も感動のクリスマスになると良いですね?

 

 

 

クリスマスを心待ちにしている皆さんにとって、最高のクリスマスを迎えられますように!!

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

消費税2%増に伴い「プレミアム商品券」で対策? 対象者はどんな家庭?

2019年10月の消費税率10%に備え、2万円で2万5000円分になる「プレミアム商品券」が発行され

記事を読む

平和の象徴を韓国からベトナムへ? 高さ6mの彫像「グリーティングマン(挨拶する人)」の作者ユ・ヨンホ氏(55)の、紛争地域への平和への願いが込められている彫像が今問題に・・・

北朝鮮とわずか4㎞しか離れていない韓国の、京畿道漣川郡郡南面の玉女峰に、巨大彫像の「グリーティングマ

記事を読む

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

10月3日朝の情報番組スッキリ!で、乳がん健診を受けているか否かのアンケート調査と、乳がん検査の種類

記事を読む

令和2年元旦の営業で、コンビニ業界その後に変化あり?ファミマは頑張る!

令和2年の元日営業をするのは、コンビニの中ではファミリーマートで、本部社員を各店舗に派遣しての営業と

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

インスタグラムはフェイスブックの子会社だった? ビジネスツールはフェイスブックがオススメ!

インスタ映えやオススメのお店を探す時は、ハッシュタグ検索でのアップされた写真から、お気に入りのお店な

記事を読む

りゅうちぇるの両肩のタトゥーは本物?? インスタで告白、シールじゃないよ。

1児のパパになった、りゅうちぇるが両肩に妻と子供の名前のタトゥーを入れたことを自身のインスタグラムで

記事を読む

米中貿易摩擦・米中貿易戦争の原因と、追加関税(第1~4弾)の実施結果から今後も継続なるか?

2018年7月(第1弾)にアメリカは中国に対して、340億ドル分の中国製品(800品目)に25%の追

記事を読む

クレカ利用率の最多年齢は41歳~50歳! まだまだキャッシュレスに慣れていない日本

カードを持つことによってポイントが貯まったり、現金をお財布から出し入れする手間もなく、お財布の軽量化

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







新型コロナウイルス治療に、インフルエンザの治療薬「アビガン」使用! エボラ出血熱の対応と変化なし

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厚生労働省の対応として、インフルエン

花粉症は大気汚染で凶暴化! スギ花粉は汚染物質で破裂していた?

花粉症対策をしている人も徐々に増えてきて、市販のマスクでは防ぎきれずに

no image
劣等感は恐れの連鎖・・・親子とも何かに怯えていてうまくいかない家庭の原因とは?

児童虐待の根本にあるものは、恐れからくるものかもしれません。 い

健康長寿、サラサラ血液でもっともっと若返ろう! 冷えや肩こりはドロドロ血液から・・・

健康で長生きするためには、やはり健康管理が重要な役割を果たしています。

信用の付け方は自分に自信をつけること! 目標に向かって行動し、良いオファーがきたら迷わず受けてみるべし

ホリエモンこと堀江貴文さんがYouTube動画で発信していた内容の前回

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑