*

オリンピックは、戦争と関係あり? お互い競うことは同じだが、ギリシャから始まったオリンピックの本当の目的とは・・・

オリンピックの本来の目的が、戦争行為の代償ということを最近知り、「国家が他国に対して自己の目的を達するための闘争状態」であるということで、それが武力かスポーツのどちらかであるかということのようです。

 

確かに戦争している中東は、オリンピックに参加していない国が多いような気がします。

 

 

 

今日はオリンピックの歴史から、戦争との関わりを見ていきたいと思います。

 

古代オリンピックと宗教

近代オリンピックの発祥は1896年になりますが、その前身の古代オリンピックは紀元前8世紀ごろと言われています。

 

当時は「オリンピア祭典競技」と呼ばれる宗教行事の一つでした。

 

 

ではその古代オリンピックとは、いったいどんなものだったのでしょう?

 

 

 

古代オリンピックとは?(ウィキペディアより)

 

古代オリンピックは、古代ギリシアのエーリス地方、オリュンピアで4年に1回行われた当時最大級の競技会であり祭典でした。

 

 

ギリシア語ではオリュンピア大祭、オリュンピア祭典競技とも呼ばれ、オリュンピアにはエーリスの祭神・ゼウスの神殿がありました。

 

 

本競技会・祭典は紀元前9世紀から紀元後4世紀にかけて行われたもので、ギリシア四大大会のひとつであります。

 

 

 

 

最盛期にはギリシア世界各地から選手が参加して、ギリシア人はこれを格別に神聖視し、大会の期間およびそれに先立つ移動の期間、合計3ヶ月ほどをオリュンピア祭のための休戦期間に挙げました。

 

 

またギリシア語資料では広くオリュンピア祭の回数、すなわちオリンピアードをもって年を数えることが行われました。

 

 

ギリシア人の血筋を持つ者しか参加が許されず、罪を犯した者も参加できなかったのです。

 

 

紀元前708年の第18回大会から、ペンタスロンといわれる5種競技が始まりました。

 

 

 

短距離競走、幅跳び、円盤投げ、やり投げ、レスリングの5種目を一人の選手がこなす競技で、3種目以上を制した者が優勝者と認定されていました。

 

 

 

 

以上のようにギリシャ各国から選手が参加し、選手の移動時間や準備期間を含めた3ヶ月間は、休戦していたことがわかります。

 

 

そして現在と同じく、犯罪を犯した人は参加できませんでした。

 

 

 

 


スポーツが外交のきっかけに?

 

オリンピックでの競技だけではなく、野球やサッカー、テニスやラグビーなどのスポーツは、外交のきっかけになったりしています。

 

 

 

良い関係が築けている時は良いのですが、国際紛争の契機となることもあるのです。

 

 

 

やはり死力を尽くして戦った相手には、尊敬の念を抱かなければならないと思います。

 

 

 

また宗教が根強く国民の生活を支配している国ほど、スポーツで交流関係を築いていくことは難しいように感じました。

 

 

 

 

東京オリンピックが開催される、新国立競技場の近くにオリンピックミュージアムができて、体験ブースもあるみたいで楽しそうです。

 

 

いったいどんな施設なのでしょう。

 

 

 

 


五輪博物館

 

新国立競技場近くの東京・新宿に建設された日本オリンピックミュージアムは、オリンピックの歴史や魅力を伝えるために、JOC日本オリンピック委員会が新たに設けた施設です。

 

 

 

過去大会のメダルや、聖火リレーのトーチなどが展示されていたり、アスリートの身体能力と比較できる体験コーナーなどがあります。

 

 

実際にオリンピック選手が出した記録と競って測定できるので、選手の凄さを体感でき、オリンピックを別の形で楽しむことができそうです。

 

 

 

 

 


まとめ

オリンピックの本来の目的が、戦争行為の代償ということを知り、なんだか複雑な気持ちになりました。

 

 

 

意味は違いますが、夏にあがる花火はとても綺麗で、毎年お祭りとして賑わいますが、そもそも花火も戦争と深い関わりがあり、戦争で亡くなった人達の供養として、空高くにあげているのです。

 

 

 

 

スポーツ、政治、戦争・・・

 

 

 

水面下で絡み合い、人間の持つ汚い部分をどこかで洗い流しているのでしょうか?

 

 

世界の平和には、まだまだ時間がかかり今後の課題でもありますが、オリンピックは皆んなが楽しみにしているスポーツの祭典なので、盛り上がると良いですね。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

新型コロナウイルス濃厚接触者追跡アプリを・・・AppleとGoogleが総力を結集!

アップルとグーグルが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の濃厚接触者を追跡するためのアプリ

記事を読む

中国のエジソンとは?中国話題の発明家「無駄なエジソン」は無駄ではなかった・・・

SNSでのフォロワー数は300万人以上の、中国で注目されている発明家ガン・シュアイさん(31)は「無

記事を読む

ついに日本にもカジノが・・・ 与党賛成多数で統合型リゾートの実現へ・・・

19日の衆院本会議で与党などの賛成多数で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が可決され、日本

記事を読む

岡本社長、22日14時から会見! 吉本興業のホームページ上では順を追って報告されているが、何故か腑に落ちない点ばかりが浮上してくる・・・闇営業を仕掛けた人物とはいるのか?

朝の情報番組スッキリ!で、視聴者も疑問に感じていた部分にメスが入り、吉本興業の株主10社(在京5社・

記事を読む

ユッキーナとフジモン、そしてタピオカ騒動 言葉遣いって大切だねホントに!

「口は災いの元」炎上の原因の一つは会話からだと実感し、タピオカ店でのユッキーナの軽率な言動から波紋が

記事を読む

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいることが、最近の研究でわかってき

記事を読む

「もう一度働きたい!」その熱意とやる気で、ママたちを正社員として採用する会社って??

前回は正社員としての面接で13連敗後に派遣社員として就職した、再就職希望ママの奮闘記を書きましたが、

記事を読む

温暖化のヨーロッパ! フランスに引き続き、イギリスも史上最高の38.7度を記録・・・不安が募る

6月にフランスで観測された気温は45.9度、そして7月25日に観測されたイギリスの気温は、38.7度

記事を読む

死亡リスクは40%増へ・・・ 座りすぎの日本人は寿命を縮める?

座りっぱなしで一日中パソコンに向かう事務の仕事をしている人や、正座をしながら仕事をする人は死亡リスク

記事を読む

「くいしん坊!万才」松岡修造、新たな再スタート! 10月より月曜夜から日曜昼へ放送変更

9月3日(月)にフジテレビが都内お台場にある本社で、10月改編記者発表を開催し、長寿番組である「くい

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







やはり引退宣言を・・・タピオカ騒動でママタレントとしての好感度を失ったユッキーナが、芸能人から一般人に

ユッキーナこと木下優樹菜さんと、フジモンこと藤本敏史さんが2019年の

給付金で景気回復?定額給付金受け取り後のデパートは、活気に満ち溢れていて、1律10万円の効果は絶大!

定額給付金の申請により、給付金の配布が少しずつ進行し、振り込みが確認さ

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている

若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいる

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑