*

ゲーム依存症の確率は4人に1人・・・やめたくてもやめられないゲーム「ゲーム障害」は病気と認定され、対策が求められている?

ゲーム依存症は健康被害にも繋がり、ゲーム依存症に関する全国調査が行われ、WHO(世界保健機関)が2019年5月に「ゲーム障害」という病気として認定し、世界的に対策が求められている状況です。

 

朝の情報番組スッキリでも、深刻化されているゲーム依存症について取り上げられていて、4人に1人がゲームをやめることができなく、課金の金額も徐々に増えてきていることが明らかになりました。

 

ゲーム依存による悪影響の例も提示され、更生への道を考える方向を示していました。

 

それではどのような悪影響が及ぼされるのかを、一緒に見ていきましょう!

 

ゲーム依存症による悪影響の例

1. 学校や仕事の遅刻、欠席

2. 学業成績や、仕事のパフォーマンスの低下

3・ 現実の友人の減少

4・ 家族への暴力

5. 昼夜逆転の生活

6. 引きこもり

 

この他にも、ゲームを続けていく為に、知らず知らずのうちにお金を消費しているということです。

 

 

初めは軽い気持ちで1,000円くらいを課金し、また続けることが困難になっていくと、今度は万単位で課金していくということで、クリアーできるまで課金し続けて、莫大な資金を投入している例も珍しくないのです。

 

 

 

 


ゲームに費やす時間は?

次は10歳から29歳までのうち、過去1年間にゲームをした人(約4400人)を対象に全国調査した時の結果を見ていきましょう。

 

ゲームに費やす時間ランキング(平日)

 

1. 1時間未満(40.1%)

2. 1時間~2時間(27.1%)

3. 3時間未満(14.6%)

4. 6時間以上(2.8%)

 

以上の結果から見ると、1時間未満にとどまっている人が1番多いことがわかり、そこまでゲームが浸透しているようには見られませんが、ゲームが生活のリズムを崩して悪影響を及ぼしていることには変わりはありません。

 

 

ゲームをする時間が長くなってきて生活への影響が大きくなっていったので、ゲームを中止しようと試みたけれど出来なかった人が、1時間未満ゲームに費やす人で21.9%、6時間以上の人に関しては45.5%と、1時間未満の人の倍以上いました。

 

 

 

 


ゲームをして、どのような悪影響に及んだのか?

 

先にもゲーム依存症による悪影響をいくつか挙げていますが、もう少し詳しく見ていこうと思います。

 

 

勉強する時間が減ってきて成績が低下したり、ゲームに依存した為に仕事を失ったりしたが、それでもゲームをやめることができなかった人が、1時間未満で(1.7%)、6時間以上で(24.8%)でした。

 

 

睡眠障害が起こったり、憂うつなどの精神障害が起きたけれど、それでもゲームを続けてしまったという人が、1時間未満で(2.4%)、6時間以上で(37.2%)でした。

 

 

その他、ゲームの依存で昼夜逆転した生活になってしまい、学校に行けなくなってしまったというケースも珍しくないようです。

 

睡眠不足になり、食欲不振から力も出なくなり、運動することもやめて体力も低下し続け、骨密度も正常よりも低くなっていくので、痛みを伴う症状も出ることがあり、このような健康被害が報告されるようになっています。

 

 

 

そして長い間同じ姿勢でゲームをし続けることから、血管の中に血液の塊ができてしまうエコノミークラス症候群を発症し、最悪の場合は死に至る人が海外では出ているそうです。

 

 

そのため注意を呼び掛けている状態です。

 

 

 


まとめ

 

ゲームは生活に影響を及ぼさない範囲内で楽しめれば良いのですが、ついのめり込んでしまい時間も忘れてやり続け、ほぼ生活の大半を占めるようになると大変危険です。

 

最初は運試しのためにゲームを始めた人も、そのうち自分の運を左右する存在になり、ゲームの中のバーチャルの世界で生きるようになってしまうと、なかなか現実の世界に戻ってこれないようになります。

 

 

なんでもそうなのですが、行き過ぎはリスクが伴い危険なので、ほどほどが良いということですね。

 

ゲーム依存症にならない為にも、しっかり時間を決めて計画的にやっていけると良いと思います。

 

そして周囲の人にも関心を持ってもらい、常に声掛けしてもらえると、すんなり中断して別の行動がとれるようになると思います。

 

 

やっぱりゲームは楽しみながら、楽しくやっていきたいですよね。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

ユーチューバー専門学校の学長が語る、YouTube動画の魅力とは? アメリカのライアン君がおもちゃで遊び、とんでもない月収を獲得!

子供が将来なりたい職業の上位にランクインしているユーチューバーは、今や子供でも稼げる時代になり、楽し

記事を読む

激痛で苦しむ八木亜希子アナ(元フジテレビアナウンサー) 中高年の女性に多い「線維筋痛症」

元フジテレビアナウンサーで、現在フリーアナウンサーである八木亜希子(54)アナが突然の休養を発表し、

記事を読む

ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く愛用されている、ダイエットも兼

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

自虐ネタは、自慢話しに捉えられると、自滅ネタになる? 孫さんとホリエモンの違い

ソフトバンクの孫正義さんがホリエモンこと堀江貴文さんほどパッシングを受けないのは、自虐ネタが上手いか

記事を読む

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故が後を絶ちません。 運転

記事を読む

ドーパミンはやる気と若さのバロメーター! いつまでも若くいられて、積極的に行動できる秘訣とは?

「やる気」がドーパミンの放出と密接に関係し、またいつまででも若くいられるコツにもドーパミンが一役買わ

記事を読む

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

消費税2%増に伴い「プレミアム商品券」で対策? 対象者はどんな家庭?

2019年10月の消費税率10%に備え、2万円で2万5000円分になる「プレミアム商品券」が発行され

記事を読む

年末になると、なぜ忙しくなるのでしょう?「師走(しわす)」の名の通り、走り回るくらい忙しい12月をのんびり過ごすことはできるのでしょうか?

年末に近づけば近づくほど忙しさを増すのは、年末にクリスマスや忘年会、お正月の準備や大掃除など、普段な

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







やはり引退宣言を・・・タピオカ騒動でママタレントとしての好感度を失ったユッキーナが、芸能人から一般人に

ユッキーナこと木下優樹菜さんと、フジモンこと藤本敏史さんが2019年の

給付金で景気回復?定額給付金受け取り後のデパートは、活気に満ち溢れていて、1律10万円の効果は絶大!

定額給付金の申請により、給付金の配布が少しずつ進行し、振り込みが確認さ

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている

若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいる

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑