ZOZOが12月10日、中国でZOZOTOWN「ZOZO」の提供を開始!約7年ぶりの再参入で巻き返しを狙う?

ZOZOTOWNが次なるターゲットとしているのが中国市場で、ADAM ET ROPE’やCIAOPANIC、L.H.Pなど177ショップが中国版に出店し、今後も拡大していく予定です。

サイトには「HELLO! CHINA」と表示され、最近中国でブームになっている日本のファッション情報や、商品の魅力などの紹介、販売を開始しました。

中国に目を向けた理由

 

ZOZOTOWNは、すでに2011年10月に中国向けのECサイトを展開していましたが、2013年1月に1度引き上げています。

 

今回は約7年ぶりの再参入となるのですが、理由としては中国ファッション小売市場が今、市場規模やEC化率などでの成長段階であり、1人あたりの年間ファッション消費額も、2012年の頃と比べて約4倍に成長しているところなのです。

 

そして中国メディアによる、日本のファッション文化を紹介する記事も多数出ていることから、中国消費者が日本のファッション文化に対し関心を高めているのです。

 

中国でのブランド認知度や、売上の向上を目指しながら、日本のファッション文化をグローバル向けに発信したいと考えているところは、さすがZOZOだと思いました。

 

 

 


アプリ使用で認知度アップ

 

中国版ZOZOでは、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」を上手に活用しています。

 

ここでは、ユーザーによる等身大のコーディネート投稿や、トレンドショップニュース、着こなしのコツなどの情報を発信しています。

 

 

 


運営方法

商品在庫は常に、日本国内の物流センター「ZOZOBASE」で管理しています。

 

中国から注文が入ると、ZOZOBASEから発送されます。

 

中国での決済手段を導入したり、APIなどのシステム開発や、商標登録支援などによって中国での販売をサポートしています。

 

 

そして 中国に現地法人「上海走走信息科技公司(Shanghai ZOZO Co., Ltd.)」を設立して、メディアの編集や翻訳などの業務、日本から中国への配送業務や通関関係のサポートなどをしています。

 

 

これにより出店ショップは、追加のコストが無く、中国への販路拡大が期待されます。

 

 

 


まとめ

made in chinaの大量生産商品を日本では輸入し、ZOZOの高級ブランドを中国に輸出して、その市場が潤っていると聞くと、日本の国が以前よりもっと貧しくなってきている気がしてしまいます。

 

ZOZOは次なる手を考え、今中国が日本のファッションに興味を示していることをキャッチして、早め早めに行動に移しているので、時代の最先端に君臨していることがわかります。

 

前澤元社長が退いた後のZOZOは、Yahooの傘下存在になってしまったけれど、ファッションセンスやマーケットには強いので、日本国内外での市場を広げていけるのだと思います。

 

今後どのように発展していくのか、楽しみです。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)