*

破産宣告した米国のボーデン社、その原因とは?「レディーボーデン」アイスクリームは日本のロッテが継続

アメリカの老舗牛乳メーカーであるボーデン社が、2020年に入り米連邦破産法11章の適用を申請し、破産宣告をしました。

日本ではレディーボーデンアイスクリームが、高級なアイスとして有名ですが、現在レディボーデンブランドのアイスを販売するロッテによると、1994年以来ロッテが製造販売していて、そのまま日本での販売を継続するとのことでした。

ボーデン社とは?

ボーデン社は、世界で初めてガラス瓶入りの牛乳を発売しました。

 

また真空で牛乳を濃縮するコンデンスミルクを発明した会社でもあり、近代乳業の父と呼ばれたゲイル・ボーデン氏が設立した会社です。

 

 

 


なぜ倒産に追い込まれたのか?

 

アメリカの牛乳消費量が、2008年から2018年の10年間で18.4%減少し、植物由来ミルクである豆乳やオーツミルクなどの消費量が増加してきています。

 

そして朝食のシリアルも、砂糖の摂取を気にする人達が増え、年々消費量が減少しているために、牛乳の消費量も減り続けているようです。

 

また牛乳メーカーに生乳を提供する酪農業界も、2019年の1年間だけで2700の酪農場が廃業していたことが明らかになりました。

 

 

 


日本でも瓶入りフルーツ牛乳が・・・

 

明治の瓶入りフルーツ牛乳「明治フルーツ」は、2019年4月1日出荷分を最後に販売終了しました。

 

1958年の発売からずっと親しまれてきましたが、やはり瓶牛乳の人気が低下し、販売量が減っていったことから販売終了に追い込まれていきました。

 

 

しかし似た味わいの、ペットボトル入りフルーツ牛乳「フルーツ」を新たに発売し、自動販売機や宅配で供給されています。

 

 

 


まとめ

学校給食でも瓶牛乳が定番で、紙のふたを開ける道具が教室中回されて開けられていました。

 

とても懐かしいですが、銭湯などでも自動販売機で相変わらず販売していて、ついお風呂上がりの一杯として、瓶入り牛乳やコーヒー牛乳、フルーツ牛乳などを飲んだりしました。

 

健康のために、動物性よりも植物由来のミルクを飲まれるようになり、そのため酪農場が廃業へと追い込まれていく・・・時代の変化には逆らえないものです。

 

 

ボーデン社も瓶牛乳の生みの親であり、レディーボーデンアイスクリームも親しまれているので、無くなってしまうのは寂しいですね。

 

 

今後倒産していく会社は、ますます増えていくと思います。

 

 

昔懐かしい物が無くなっていくのは、本当に寂しいです。

 

 

やはり時代の流れには逆らえないってことなのかもしれませんね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

ビジネスについてのメソッドとは? 「メソッドの意味」情報社会には必須な言葉

インターネットで検索していると、ビジネス関連の言葉として「メソッド」というあまり聞き慣れない専門用語

記事を読む

トレンディーな体型とは?美しい歩き方でキープ! みんなで美脚を目指そう(^o^)

いつまでも美しい体型を保ち続けるには、食事でのダイエットやスクワットなどの過酷な運動や努力が必要だと

記事を読む

新型コロナの世界的大流行と、WHO事務局長の指示!

新型コロナウイルスで亡くなった人の数も16,000人を超え、感染者数も把握している限りでは、36万人

記事を読む

ふるさとへ恩返し・・・ふるさと納税が始まったのはいつ? 納税額の目安と返礼品の充実!

ふるさと納税は、数々の返礼品の内容の良さから注目を集めている制度ですが、もともとは自分が応援したいと

記事を読む

70歳で年金受給が理想? 生涯現役で活躍できる社会を・・・老後の人生設計はいかに?

人生100年時代に突入しつつある「後期高齢化社会」で、健康であればいくつになっても仕事できる世の中に

記事を読む

乳酸菌とオリゴ糖で便秘と肌荒れ解消! 適度な水分と運動でダイエット効果あり

ダイエットに欠かせない腸内環境を整えるビフィズス菌が豊富なヨーグルトや、食物繊維が摂れる生野菜、低カ

記事を読む

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故が後を絶ちません。 運転

記事を読む

G-SHOCK誕生の裏話し。 3階からの落下実験から始まり・・・そして公園の光景からヒントが!!

タイトルだけ見たら、どんな経過をたどりながら開発されていったのか、想像もつかないと思います。

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







アルゼンチンではコロナ禍政策が進んでいる? 超富裕層に富裕税が・・・

富裕層に富裕税を課す法案が、2020年12月4日にアルゼンチンで可決し

人工肉の開発、そして商品化進行~ 千葉県で鳥インフルエンザ感染で食用アヒルを殺処分!

「人工肉」と言えば大豆や小麦など、植物性たんぱく質を肉上に加工した「代

大寒は1年で最も寒いと言われ、2021年寒の入り1月20日からは、寒さ厳しいので気をつけて過ごしましょう!

「大寒」の名前の如く、1年で一番寒さが厳しくなる時期と言われ、2021

「ひらめき」を起こす思考法と、4つのステップでマインドに働きかけ、関心から情熱に変化を・・・

「ひらめき」からビジネス戦略を生み出し、オープンマインドで自らを未知の

「ひらめき」から得るビジネス戦略 実はステージを上るだけだった・・・

仕事でも趣味でも、変化を与え成功するにはアイデアが発端となり、自ら思い

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑