新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取組み 3月2日からの臨時休校に待ったをかけた県とは?

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための、小中高校や特別支援学校などの臨時休校に対し、準備不足や感染者の確認をされていない県は、休校を遅らせたり休校していない学校などもあり、地域によってバラバラです。

政府は2月末に、全国すべての小中高校と特別支援学校などについて、3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請しました。

 

しかし休校の時期に対しては、教育委員会や地方自治体にゆだねられています。

各地域での取組み

 

感染者の受け入れが多い東京都は、要請どおりに2日から春休みまで都立高校などの休校を決めました。

 

また仙台市や名古屋市、福岡市、北九州市も2日から市立の小中高校を休校にしています。

 

準備不足でまだ決定できない地域もあり、それでも1日遅れで休校を決定し、3月3日からの休校というところもあります。

 

福岡県久留米市は9日から休校することになり、島根県、兵庫県、群馬県、栃木県、岡山県、沖縄県などで休校しない判断をした自治体もあります。

 

県内でまだ感染者が確認されていない島根県や、また沖縄県の離島である石垣市や竹富町など7市町村が、地域での感染確認がされていないことから、学習の遅れを理由に休校を見送っています。

 

 

 

 


学校給食も中止になり関係業者にしわ寄せが・・・

 

一日何千食の食材を入れている納入業者は、既に仕入れてしまっている物もあり、冷凍食品であれば4月に回すことができるにしても、生物(なまもの)や練り製品、主食、牛乳などは、その場で廃棄処分することになります。

 

大きな損害であり、誰が保障してくれるのかも定まっていない状況なので、泣き寝入りすることになります。

 

苦渋の選択によって休校となりましたが、生活がかかっている人達がいることも忘れてはいけないと思います。

 

 

 

 


まとめ

新型コロナウイルスの影響によって、生活することが困難になる家庭も増えてくるのではないかと思います。

 

身の安全のために苦渋の選択をとったわけですが、学校が休校になり子ども達が家にいる状態で、しっかり食事も摂れるのか心配です。

 

 

共働きの家庭では、暫く仕事を休むお母さんも出てくると思います。

 

 

今後どこまで広がっていくのか、休校したことにより終息に向かうのか、不安はつのるばかりです。

 

 

この問題はまだまだ波紋を広げそうですね。

 

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)