新型コロナウイルスを含む「新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案」が、13日参議院本会議で可決成立しました。

国民の生活や経済に、甚大な影響を及ぼす恐れがある場合には、今後政府が「緊急事態宣言」を発令できるようになります。

早急な対応可能

新型コロナウイルスでは、安倍首相が全国一斉の臨時休校や、大規模イベントの自粛などを要請しましたが、法的な根拠がないために苦しい立場に置かれ、対応が後手後手になってしまいました。

 

しかし緊急事態宣言を発令できるようになれば、早めに対処でき感染拡大を免れることができます。

 

 

 


首相の判断で発令可能

 

14日から施行される「新型インフルエンザ等対策特別措置法」により、今回のように全国的に感染拡大し、全てにおいて甚大な影響を及ぼすと首相が判断した場合は、緊急事態宣言を出すことができます。

 

都道府県知事が、外出自粛や休校措置を要請できるようになるわけですが、国民の権利を大幅に制限しようという動き(私権制限)には、指摘する意見もあります。

 

 

 

 


改正新型インフルエンザ等対策特別措置法のポイント

以下のように定められています。

 

1.新型インフルエンザなどを対象とした特措法に、新たに「新型コロナウイルス感染症」を暫定的に追加する

 

2.期間は施行日から経過2年間であり、政令で定めること

 

3.全国に急速なまん延をもたらし、国民生活や経済に甚大な影響を及ぼすなどと判断する時は、緊急事態を宣言できる

 

4.緊急事態宣言が発令された場合には、知事は外出自粛などを要請することができる

その場合は私権制限(国民の権利を大幅に制限)の可能性がある

 

 

 


まとめ

今回新型コロナウイルスの感染拡大により、異例の事態になりました。

 

対応の遅れにより、まん延する結果になったわけですが、臨時休校により外出自粛を余儀なくされた子ども達の、精神面のケアも今後は考えていかなければいけないような気がします。

 

世界全体にまだまだ広がりつつあるウイルスを、早く撃退できるように早急にワクチン開発を進めていってほしいと思いますが、感染拡大は個人個人の注意で食い止められると思います。

 

少しでも感染していることが疑われる場合には、外出を控えて人に移さないように自粛してほしいと思います。

 

 

まだまだ不安な毎日は続きますが、日頃から健康に気をつけていけば、乗り切れるはずですので、頑張っていきたいですね。

 

今後、緊急事態宣言が発令されないことを願うばかりです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

U-NEXT

投稿者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)