不労所得を目指すなら資産運用と、パソコンでの情報発信?

老後のことを考えると、十分な資金が手元にないのは不安です。

老後の貯蓄についても、ある程度の資金がなければ施設にお世話になることもできず、身寄りのない一人暮らしのお年寄りが増えていくのも現実です。

 

定年も60歳から引き上げられ、65歳まで再雇用で働ける時代にもなってきました。

 

しかしその後のことを考えると、やはり不安要素は後を断ちません。

 

前回に引き続き、老後の貯蓄について考えてみたいと思います。

 

前回の内容 ↓

定年退職の年齢と、老後必要な貯蓄額とは?

 

不労所得で安定した収入を!

もし数年間使用しなくても大丈夫な資金があるのであれば、資産運用を始めてみるのも良いかもしれません。

 

投資信託

まず無理なく運用が考えられるのは、ローリスクでも効率的に貯められる、投資信託などです。

 

種類は豊富なので、まずは自分に合ったものを選ぶことから始めてみてください。

 

投資は銀行などにお任せする形にはなりますが、ある程度の知識は必要になってくるので、仕組みなどの学習はしておいたほうが良いと思います。

 

 

不動産投資

不動産投資は安全性が高く、長期に渡って安定した収入が確保できるので、管理さえしっかりできていれば、有効な資産運用の手段の一つになります。

 

また月々のローンの返済などを、家賃収入を活用して支払うことができるので、日常生活を送りながらローン残高を減らすことも可能になってきます。

 

しかしこちらも、ある程度の知識を入れておかなければ、借り手がなく運用が難しくなるリスクを抱えます。

 

何をするにも、学習は必要だと思います。

 

 

広告収入でプチ収入から・・・

情報商材やアフィリエイト、またユーチューバーなど、ネット環境さえ整っていれば簡単に取りかかることができる不労所得もあります。

 

こちらはある程度の仕組み作りから取りかからなければならないので、すぐには収入が得られるわけではありません。

 

しかし一旦仕組みさえ完結していれば、「金持ち父さん」のように遊んでいる間も収入が入ってくるので、老後の生活も助かります。

 

 

 


不労所得とは?

一度お金が自動的に入る仕組みを完成させていれば、ある程度の期間は放っておいても収入が発生することを言います。

 

例えば、不動産の家賃収入や投資で得る利益、また広告収入や出版本の印税などです。

 

しかし継続して収入を得るためには、定期的な労働は発生するので、その仕組みを放っておくことはできません。

 

 

 


金持ち父さん貧乏父さん

 

投資家てあるロバートキヨサキ氏のビジネス本であり、ベストセラーになった洋書でもあります。

 

この本の内容には、大きく3つのことが書かれています。

 

 

1. お金が無くなる恐怖から、あくせく働くような恐怖の奴隷にならないこと

生活するためには働かなければならないのは当たり前ですが、収入と支出のバランスが崩れると貯金も底が見えてきます。

 

その恐怖から、またあくせく働き続け、結局一生働いて終わる人生を送ることになるのです。

 

 

2. 資産(収入)と負債(支出)の違いを知り、お金持ちのキャッシュフローから収入を得るための極意を知る

収入が増えてもお金に苦労する人は、家や車を手に入れるためにローンを組み、そして銀行などにお金を奪われていきます。

 

お金持ちは、まず資産が発生する仕組みを作ってから、コンスタントに収入を得て欲しいものを購入するのです。

 

 

3. 自転車のルールに従って、まず挑戦して、失敗して、改善してを繰り返す

自転車もまず乗ってみなければ運転できるのかわからないので、勇気を出してまず乗る努力をします。

 

そこで投資や会社経営などをして、小さなリターンを得てみながら、徐々に改善していくのです。

 

 

 


まとめ

不労所得と言っても、やはり初めの仕組み作りは手を抜けないので、相当の覚悟と努力は必要になってくるのです。

 

しかし一旦仕組み化が成功すれば、遊んでいる間も収入は発生し続け、老後もネット環境とスキルさえあれば、そして仕事に関連した仲間達がいれば、毎日楽しく過ごすことができそうです。

 

まずは仕組み化と、その環境作りが必要です。

 

 

やはり何をするにも、努力は惜しめないということですね^ ^

 

 

「努力は人を裏切らない」のかもしれませんね。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)