*

新型コロナの世界的大流行と、WHO事務局長の指示!

新型コロナウイルス亡くなった人の数も16,000人を超え感染者数も把握している限りでは、36万人以上となってしまいました。

 

そんな中、世界保健機関(WHO)テドロス事務局長は23日に、新型コロナウイルス感染拡大について、危機感を示しコメントしました。

 

パンデミック(世界的大流行)が加速している・・・と。

目次

WHOの対応の遅さに怒りが・・・

以下のことは、ネット上でのコメントですが、そのとおりだと思うことが多かったので、簡略化して掲載してみました。

 

ほんと何を今更と言った感じで、この危機感は誰でもわかっていたことなのに、この期に及んで加速しているなんてことを・・・

ほんと役に立たない組織だし、今後の対処法を考えて、発信していくべきだと思います。

 

 

WHOのテドロス事務局長は、パンデミックの原因を作った張本人だと思います。

武漢でまだ、限られた範囲で発生していた時期に、中国に対する強硬姿勢を示し、中国人の海外渡航を禁止するよう提言していれば、このような状態にはならなかったと考えられます。

 

3月22日のNHKスペシャルで、厚生労働省のクラスター対策班のトップが出演して、いつオーバシュートが発生してもおかしくないと、危機感を持っていました。

もし発生した場合は、すぐに医療崩壊につながるのだそうです。

そして今後第2波の感染が広まった場合は、その対応は相当厳しいことになるそうです。

 

指揮官がNHKなどではなく、普通に記者会見を開いて、日々の情報を発信してもらえたら現状が把握でき、少しは安心できると思いました。

台湾の指揮官は、自ら毎日長時間記者の質問に答えていて、早い段階で対策しています。

このような状態になったのは、WHOの責任と言っても過言ではないと思っています。

中国の言いなりになっているからこのような事態を引き起こしていて、根本は理解しているのか疑問です。

さいたまスーパーアリーナで開催したK-1を観に行った人達が、4月早々に新型コロナウイルスの感染元になってる可能性があります。

不安はまだまだなくなりそうもありません。

 

 

 


まとめ

 

今回の一連の騒動は、初期段階での判断ミスと予測が外れたことにあると思われます。

 

指揮官の立場にある人達は、それなりの調査と早めの判断が課せられます。

 

能力不足が、最悪の事態を巻き起こしてしまったのですね。

 

 

2次感染拡大が心配です。

 

 

やはりイベントは自粛した方が、長引かなくて良いのかもしれません。

 

そのため倒産に追い込まれる会社も出てくるのかもしれませんが、戦争や大震災を何度もくぐり抜けてきた日本は、決して負けないと思います。

 

 

自粛ムードで暗くなってしまいますが、気持ちだけは明るくいたいですね。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

木村拓哉 PS4新作ゲームで主役キャラに・・・撮影体験で驚きの連続!

「龍が如く」シリーズを制作したチームが手がけた、元弁護士で探偵の八神(木村拓哉)が、殺人事件の謎を解

記事を読む

瞳はキムタク似? スタイル完璧なコーキさん!

身長170㎝の15才、エル・ジャポンの表紙を飾っているのは、キムタクと工藤静香さんの娘のコーキ(ロー

記事を読む

ポッコリお腹を宿便で解消~~ 太る体質を改善して痩せられます。

毎日の食生活や運動を続けることによって、特にお腹部分をスッキリ!させることはできますが、腸内にこびり

記事を読む

ネバネバ納豆、栄養効果が得られる食べ方とは?

納豆のネバネバって栄養高価抜群で、血液サラサラ効果もあり、心筋梗塞や脳卒中から身を守ってくれる有能な

記事を読む

中国・アメリカの陰謀?新型コロナはパンデミック(感染爆発)で生物(細菌)兵器が試されている

新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつかの状況証拠があることがわかりま

記事を読む

不労所得を目指すなら資産運用と、パソコンでの情報発信?

老後のことを考えると、十分な資金が手元にないのは不安です。 老後の貯蓄についても、ある程度の資

記事を読む

海での同時多発水難事故と、プールでの事故で命を落とす人が続出! 2019年のお盆休みは危険がいっぱい・・・

11日の海での同時多発水難事故から始まり、プールでの事故でも溺れて命を落とす人が出て、改めて水の恐ろ

記事を読む

乾燥肌や敏感肌の50代女性たちにも効く、BBクリームランキング トップ10!

50代になると目尻のシワや顔中に広がっているシミが目立ち、紫外線による乾燥肌や敏感肌などの肌トラブル

記事を読む

「どうしてお腹が空くのだろう?」就寝前の食事は極力避けたいけれど、眠れない場合の対処法ってあるの?

童謡で「おなかがへるうた」がありますが、お腹が空き過ぎて夜眠れないってことってあると思います。

記事を読む

ブランディング(Wiki) ブランド戦略とマーケティング戦略による経営戦略の先には、消費者視点があった・・・

「ブランディング」と言う言葉は最近よく耳にしますが、ブランド価値を高めていく重要な役割を果たす戦略の

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている

no image
若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいる

飛沫感染と接触感染とウイルス細菌の生存時間・・・アメリカで爆発的な感染の新型コロナの原因は?

コロナ感染源である中国より、未だ爆発的な感染で猛威を振るっている国は、

いよいよレジ袋が有料化! コンビニでは1枚いくら?エコバッグには誰が入れるの?

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まり、スーパーやドラックストア

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑