*

新型コロナの世界的大流行と、WHO事務局長の指示!

新型コロナウイルス亡くなった人の数も16,000人を超え感染者数も把握している限りでは、36万人以上となってしまいました。

 

そんな中、世界保健機関(WHO)テドロス事務局長は23日に、新型コロナウイルス感染拡大について、危機感を示しコメントしました。

 

パンデミック(世界的大流行)が加速している・・・と。

目次

WHOの対応の遅さに怒りが・・・

以下のことは、ネット上でのコメントですが、そのとおりだと思うことが多かったので、簡略化して掲載してみました。

 

ほんと何を今更と言った感じで、この危機感は誰でもわかっていたことなのに、この期に及んで加速しているなんてことを・・・

ほんと役に立たない組織だし、今後の対処法を考えて、発信していくべきだと思います。

 

 

WHOのテドロス事務局長は、パンデミックの原因を作った張本人だと思います。

武漢でまだ、限られた範囲で発生していた時期に、中国に対する強硬姿勢を示し、中国人の海外渡航を禁止するよう提言していれば、このような状態にはならなかったと考えられます。

 

3月22日のNHKスペシャルで、厚生労働省のクラスター対策班のトップが出演して、いつオーバシュートが発生してもおかしくないと、危機感を持っていました。

もし発生した場合は、すぐに医療崩壊につながるのだそうです。

そして今後第2波の感染が広まった場合は、その対応は相当厳しいことになるそうです。

 

指揮官がNHKなどではなく、普通に記者会見を開いて、日々の情報を発信してもらえたら現状が把握でき、少しは安心できると思いました。

台湾の指揮官は、自ら毎日長時間記者の質問に答えていて、早い段階で対策しています。

このような状態になったのは、WHOの責任と言っても過言ではないと思っています。

中国の言いなりになっているからこのような事態を引き起こしていて、根本は理解しているのか疑問です。

さいたまスーパーアリーナで開催したK-1を観に行った人達が、4月早々に新型コロナウイルスの感染元になってる可能性があります。

不安はまだまだなくなりそうもありません。

 

 

 


まとめ

 

今回の一連の騒動は、初期段階での判断ミスと予測が外れたことにあると思われます。

 

指揮官の立場にある人達は、それなりの調査と早めの判断が課せられます。

 

能力不足が、最悪の事態を巻き起こしてしまったのですね。

 

 

2次感染拡大が心配です。

 

 

やはりイベントは自粛した方が、長引かなくて良いのかもしれません。

 

そのため倒産に追い込まれる会社も出てくるのかもしれませんが、戦争や大震災を何度もくぐり抜けてきた日本は、決して負けないと思います。

 

 

自粛ムードで暗くなってしまいますが、気持ちだけは明るくいたいですね。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

宿題代行取締強化! 夏休みの宿題を販売している出品者に向けて・・・

メルカリ、ラクマ、ヤフオクの3社が、夏休みの宿題代行販売の取締りを強化し、文科省からの依頼で出品を見

記事を読む

心理学やビジネスに登場するカタルシス効果 再出発に適してる?

精神分析の用語や、ビジネスのマーケティングにも応用されている「カタルシス効果」は、「心の浄化」を意味

記事を読む

どんな時に幸せを感じますか? 10代〜60代までの幸せの形とその状況~

人はどんな時に幸せを感じるのでしょう?その場の状況や自分の置かれている立場によって、その幸せ度が増し

記事を読む

人間関係と価値観の違い・・・「転職」仕事を変わりたい・変化を求めている人が増加

現職から新たな仕事に変わりたい、しかし転職しても上手くいかなかったらどうしようと不安は尽きることはな

記事を読む

「どうしてお腹が空くのだろう?」就寝前の食事は極力避けたいけれど、眠れない場合の対処法ってあるの?

童謡で「おなかがへるうた」がありますが、お腹が空き過ぎて夜眠れないってことってあると思います。

記事を読む

イモトアヤコは1年前に安室奈美恵と「イッテQ!」で奇跡の対面を果たし、引退後もランニング中のお供として、ライブ映像を流していた・・・

2018年9月に芸能界を引退した安室ちゃんこと、安室奈美恵さんの熱狂的ファンのイモトアヤコさんが、ラ

記事を読む

新型コロナウイルス濃厚接触者追跡アプリを・・・AppleとGoogleが総力を結集!

アップルとグーグルが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の濃厚接触者を追跡するためのアプリ

記事を読む

死亡リスクは40%増へ・・・ 座りすぎの日本人は寿命を縮める?

座りっぱなしで一日中パソコンに向かう事務の仕事をしている人や、正座をしながら仕事をする人は死亡リスク

記事を読む

一重まぶたは進化の証し・・・アジア人特有の蒙古斑って?

あるラジオ番組で、まぶたが一重の人も元々は二重で、人間が進化していく過程での証しだったという興味深い

記事を読む

514店舗あるスシローに、回転寿司ならではのサイドメニューが登場! まぐろを使ったラーメンが人気№1になった秘密・・・

回転寿司はファミリー層に人気で、レーンのお寿司だけではなく、タッチパネルで注文するサイドメニューが充

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







住みたい都道府県ランキングとGO TO トラベル除外地域との関連性・・・住んでみたい都道府県は観光名所なの?

コロナ禍の影響でコロナウイルスの感染が拡大し、過去最悪の状態になってい

11月25日〜フランフラン(Francfranc)がウーバーイーツ(Uber Eats)のデリバリーサービスを利用 インテリア雑貨も出前で到着!

インテリア雑貨のフランフラン(Francfranc)は、フードデリバリ

ダイエットに今が旬の柿をどうぞ! アンチエイジング効果もあり美しく痩せられる?

コロナ禍の中、スポーツジムへ通ったり集団でのスポーツなどなかなかできな

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も

食前・食後のウォーキングの効果と継続のコツ・・・ダイエットには食前に! 健康を考えるなら食後に!

最近ウォーキングしている人が増えてきていますが、食前・食後でどのような

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑