ストレスや悩みを抱え込まない心理学!交流分析とカタルシス効果

日常生活には決まって、ストレスや悩みごとがつきものです。

クライエント(相談者)は心理カウンセラーに相談することによって、問題解決への最短距離を取り、コミュニケーションによってカタルシス効果を得る場合があります。

前回はそのカタルシス効果についてみてきましたが、今回は心理学上の主な療法(交流分析)について、詳しくみていこうと思います。

 

交流分析とは?

人々が抱えるほとんどの悩みは人間関係から発しているもので、人と人との関わり方が上手くいけば、悩みの大半は解決します。

 

これを提唱したのは、カナダ出身の精神科医エリック・バーン(死没60歳)です。

 

 

交流分析の7要素

1. 自我状態

2. 対話分析

3.ストローク

4.人生態度

5.時間の構造化

6.ゲーム分析

7.人生脚本

 

ちょっと見ただけでは理解に難しい7項目ですが、言動が密接な関係を持ち、少しの言動の変化で問題解決に繋がっていくのです。

 

1は、親の影響を受け継いだ思考・感情・行動や、成人の思考・感情・行動、子どもの頃と同じような思考・感情・行動の3つの状態を表します。

2は、1のことを理解した上で、適切なやり取りの方法を考えていきます。

3は、相手の存在を認める、すべての言動(ふれあうこと)を示します。

4は、どのような態度で人生を歩んでいくべきか、相互理解を目指します。

5は、生きがいのある、自分の時間の使い方を探求します。

6は、人間関係のトラブルを示します。

7は、人生のシナリオを、遡って本来あるべき自分を取り戻します。

 

以上7つの要素から、クライエント(相談者)の現状の生活で、どのように他者と関わるべきかを検討して、思考の変化を促していきます。

 

 

 

 


ストレスのない思考と関わり

 

仕事でもプライベートでも、人との関わりがストレスになり、悩み苦しむ場面があります。

 

そんな時「自己否定・他者否定」のように、両者受け入れることが難しくなり、劣等感や無気力、恐怖や絶望感が強くなり、見捨てられた気持ちになると苦しむ時間が長くなり、心身共に疲れてしまいます。

 

また「自己肯定・他者否定」「自己否定・他者肯定」の場合でも、人のことを卑下したり、また人を羨む結果になり、あまり好ましくない関係になってしまいます。

 

 

「自己肯定・他者肯定」のようにお互いに信頼関係を築けて、一緒に喜んだり楽しんだりできれば、ストレスのない穏やかな生活が送れます。

 

 

 


日頃のコミュニケーションから・・・

 

以上のことを考えると、問題を解決していくには、日頃のコミュニケーションにあることがわかります。

 

相手のことを大切に思いながら接すると、それが自分に跳ね返ってきます。

 

会話のキャッチボールが上手にでき、それが行動にも現れると、自然と状態が良くなっていき、毎日楽しく生活することができるのです。

 

 

 

 


まとめ

 

交流分析は、精神科医のエリック・バーンが提唱しましたが、クライエント(相談者)のコミュニケーション能力の成長を促していく心理療法なので、カウンセリングの難しさがあります。

 

相談者さんとの信頼関係がしっかり築けていないと、不安から人間不信へと加速してしまいがちです。

 

交流分析から、コミュニケーション能力を磨き、日常生活が楽しく有意義に過ごせると理想的です。

 

 

また、もやもやイライラが解消できるカタルシス療法も兼ねているので、誰かに話しを聞いてもらうことは大切だと思います。

 

↑ ↑ ↑ コミュニケーション能力の向上と、日頃の悩みやストレス解消をお考えの方は、こちらを是非ご覧ください。

 

場所を選ばないメールカウンセリングも実施しています。

 

 

是非お気軽にご相談してみてくださいね^ ^

 

 

次回は、認知行動療法について書いてみたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

心理学やビジネスに登場するカタルシス効果 再出発に適してる?

 

 

 

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)