新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつかの状況証拠があることがわかりました。

生物(細菌)兵器により、どれだけの人達に影響を及ぼすのか、経済麻痺と医療崩壊なども含め、現在の状況を見れば実験されている気さえしてきます。

ことの発端は?

 

元々の感染拡大に繋がった中国・武漢市に、世界有数のウイルス研究所「中国科学院武漢病毒研究所」があります。

 

新型コロナウイルスの発生源である武漢の、生鮮市場から約30キロ離れた場所に「中国科学院武漢病毒研究所」があり、なんらかの状況で感染拡大したと思われます。

 

そして中国政府は、情報開示を行なわず隠蔽して、新型コロナウイルスの発生源は中国とは限らないとしてきました。

 

 

 

 


世界から注目されている実験室

 

「中国科学院武漢国家生物安全実験室」は、世界で最も危険な病原体を研究していると注目されている、ウイルス実験室として広く知られています。

 

最高防護レベルを表していて、高度に危険な研究や、ワクチンや治療方法がまだ知られていない病原体を、専門的に扱う研究施設なのです。

 

 

 


中国が誇る能力

 

中国は全世界から、生物兵器を開発・保有する能力と意図を持っていると考えられています。

 

ワシントンにあるシンクタンク軍備管理協会によると、「中国政府は、自国で生物(細菌)兵器を製造したり、備蓄したりすることはない」と述べています。

 

しかしアメリカ政府は、「広い範囲で中国の生物兵器活動は、病原体を開発し生産、及び兵器化することが可能である」と言っています。

 

 

 


感染の根拠は不明

武漢病毒研究所からウイルスが漏洩して、感染拡大していったのか、中で働く人間が感染して、気がつかないまま武漢市内を出歩いた際、ウイルスをまき散らし感染を拡大させたという可能性もあり得ます。

 

 

 


まとめ

生物(細菌)兵器の実験?中国とアメリカの細菌戦争?考えただけでも恐ろしいです。

 

確かに米中の関係はこのところ、米中貿易摩擦で状況は良くはなかったのですが、経済麻痺を習近平氏が考えての行動であれば、本当に恐ろしいことだと思います。

 

感染に対して我が国は大丈夫だと過信していたアメリカが、一番被害を被ることになり、トランプ氏は「まんまと中国にしてやられた〜〜!」と悔やんでいることでしょう。

 

 

人の命が一番重要ですが、経済麻痺や医療崩壊なども恐れていることだと思います。

 

 

今後どのように経済が動いていくのかも気になりますが、まずはウイルスが早く消滅してくれることを願いたいです。

 

 

以前のような生活に、早く戻ってくれると良いですね。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

投稿者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)