*

中国・アメリカの陰謀?新型コロナはパンデミック(感染爆発)で生物(細菌)兵器が試されている

新型コロナで中国とアメリカから、陰謀説が広まっていて、それにはいくつかの状況証拠があることがわかりました。

生物(細菌)兵器により、どれだけの人達に影響を及ぼすのか、経済麻痺と医療崩壊なども含め、現在の状況を見れば実験されている気さえしてきます。

ことの発端は?

 

元々の感染拡大に繋がった中国・武漢市に、世界有数のウイルス研究所「中国科学院武漢病毒研究所」があります。

 

新型コロナウイルスの発生源である武漢の、生鮮市場から約30キロ離れた場所に「中国科学院武漢病毒研究所」があり、なんらかの状況で感染拡大したと思われます。

 

そして中国政府は、情報開示を行なわず隠蔽して、新型コロナウイルスの発生源は中国とは限らないとしてきました。

 

 

 

 


世界から注目されている実験室

 

「中国科学院武漢国家生物安全実験室」は、世界で最も危険な病原体を研究していると注目されている、ウイルス実験室として広く知られています。

 

最高防護レベルを表していて、高度に危険な研究や、ワクチンや治療方法がまだ知られていない病原体を、専門的に扱う研究施設なのです。

 

 

 


中国が誇る能力

 

中国は全世界から、生物兵器を開発・保有する能力と意図を持っていると考えられています。

 

ワシントンにあるシンクタンク軍備管理協会によると、「中国政府は、自国で生物(細菌)兵器を製造したり、備蓄したりすることはない」と述べています。

 

しかしアメリカ政府は、「広い範囲で中国の生物兵器活動は、病原体を開発し生産、及び兵器化することが可能である」と言っています。

 

 

 


感染の根拠は不明

武漢病毒研究所からウイルスが漏洩して、感染拡大していったのか、中で働く人間が感染して、気がつかないまま武漢市内を出歩いた際、ウイルスをまき散らし感染を拡大させたという可能性もあり得ます。

 

 

 


まとめ

生物(細菌)兵器の実験?中国とアメリカの細菌戦争?考えただけでも恐ろしいです。

 

確かに米中の関係はこのところ、米中貿易摩擦で状況は良くはなかったのですが、経済麻痺を習近平氏が考えての行動であれば、本当に恐ろしいことだと思います。

 

感染に対して我が国は大丈夫だと過信していたアメリカが、一番被害を被ることになり、トランプ氏は「まんまと中国にしてやられた〜〜!」と悔やんでいることでしょう。

 

 

人の命が一番重要ですが、経済麻痺や医療崩壊なども恐れていることだと思います。

 

 

今後どのように経済が動いていくのかも気になりますが、まずはウイルスが早く消滅してくれることを願いたいです。

 

 

以前のような生活に、早く戻ってくれると良いですね。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

さすが中国、クローンペットビジネスで、中国のペット業界は急成長!

世界初のクローンペットが誕生したのはイギリスで、1996年7月に羊のドリーがクローン羊として誕生し、

記事を読む

ノルウェーの王女が交際相手のシャーマンと一緒に、スピリチュアル講演活動でお金儲け?

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女は、天使や死者とのコミュニケーション能力を持ち、交際相手のアメリ

記事を読む

ピース綾部はニューヨークの街で、ヒロミ(タレント)とツーショット写真をインスタに・・・

お笑いコンビの「ピース」綾部祐二さん(41)が、ニューヨークに来たヒロミさん(54)に久々に会い、ツ

記事を読む

医師100人が選ぶ、身体に良い夏野菜ランキング! 栄えある1位の野菜とは?

夏が来ると暑さで体力が消耗したり、熱がこもり脱水症状から熱中症になったりと注意が必要な季節に、手軽に

記事を読む

オリンピックのベストショット!!

オリンピックの公式写真を撮っている、メインプレスセンター(MPC)の「ゲッティ」特設オフィスでは、5

記事を読む

吉田栄作が退社! デビュー作「ガラスの中の少女」から30年・・・個人事務所設立へ

俳優の吉田栄作(50才)が、大手芸能事務所の「ワタナベエンターテイメント」を退社して、今後は個人事務

記事を読む

ビル・ゲイツとマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン、Wikiプロフィール、癌の合併症で死去!

米マイクロソフトの創業者であるポール・アレンが、10月15日に癌の合併症で65歳で亡くなったことを家

記事を読む

鬼嫁炸裂~「鬼は~ウチ!?」我が家の鬼嫁エピソード 愛情と恐怖は紙一重! スッキリVOICE 鬼嫁特集~~

2月4日放送の朝の情報番組「スッキリ!」でのスッキリVOICEの話題は、家にいる鬼「鬼嫁」についてで

記事を読む

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.

記事を読む

新型コロナウイルス検査用キットが、続々販売に・・・そしてマスクが高値で転売?

新型コロナウイルスの検査用キットが、各メーカーで開発され、販売され始めました。 マスクについて

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







アベノマスクの配布完了はいつ? 製造元は中国とミャンマー・・品質は大丈夫?

安倍総理は新型コロナウイルスの対策として、布マスクを配ることを4月1日

新型コロナ関係、転売禁止! 次はアルコール消毒液が・・・

マスクに引き続き、インターネットのオークションサイトやフリマアプリなど

コロナで雇用調整助成金窓口は大忙し・・ハローワークや労働局には問い合わせの嵐!

新型コロナウイルスで休業した飲食店や企業がいる中、雇用関係でハローワー

ひんやり、夏用マスクの製造が急ピッチに・・・吸水性と速乾性

新型コロナウイルスの感染拡大で、外出時には必ずマスクを装着することは、

賭け麻雀の事実を認める! 黒川検事長の人間性が明るみに・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が出されていた5月初

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑