*

2019年問題から「新型コロナ」で拍車がかかり、世帯数激減!

新型コロナウイルスも終息の気配もなく、水面下で広がり続けている昨今、世帯数の減少や太陽光発電の買取期間満了など、2020年に入り環境が大きく変わろうとしています。

人口の2019年問題

 

日本の世帯数が2019年をピークに減少していくようで、2020年に入り新型コロナウイルスの感染により、ますます拍車がかかりそうです。

 

国立社会保障・人口問題研究所の発表によると、世帯数の将来推計は2019年の5307万世帯であったのが、2035年の約15年後には4956万世帯になり、約350世帯は減ってしまうと言われています。

現在住居として使われている家が、高齢化社会が進み住む人がいなくなり、空き家が増加することが考えられます。

 

新型コロナウイルスの感染者が増えれば、ますます空き家が増えることになります。

 

 

そのようになれば、不動産の価格が下がる可能性もあります。

 

 

中心街には人の姿が消え、ドーナツ化現象で郊外に住むようになっていくと、繁華街が廃れていき借り手がいなくなり、テナント募集の広告が多く見られるようになってきます。

 

 

 

 


太陽光発電の2019年問題

2019年11月以降、太陽光発電の固定価格買取期間が満了する世帯が出てきて、余剰電力の買取が終了します。

 

10年前の2009年11月から、太陽光発電で作られた電気のうち、余剰電力分を買取る制度が始まり、期間が10年間と定められていました。

 

 

実際はまだ買い取られているみたいですが、ソーラーパネルを高い費用かけて設置して、元が取れたのかは疑問です。

 

 

 

 


家賃が下がっている?

 

空き家が徐々に増えていき、中古住宅の流通も増えていくので、家賃が下がりお望みの物件がすぐ見つかるようになるかもしれません。

 

 

 


まとめ

 

人口も減少し郊外にショッピングモールができ、居住地を変更する人達が増えれば、街の中心街であった場所が廃れていき、倒産する店も増えていきます。

 

 

土地の価格も下落し、新型コロナで拍車をかけ最悪の事態に追い込まれています。

 

 

空き家問題や過疎化も進行して、街に活気がなくなってしまいそうです。

 

 

人が集まるイベントも自粛している今、どのように対応していけば良いのか考えていかなければなりませんね。

 

 

大きな壁に直面している時なので、壁を乗り越えて切り開いていけたら良いですね。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く愛用されている、ダイエットも兼

記事を読む

ZOZOが12月10日、中国でZOZOTOWN「ZOZO」の提供を開始!約7年ぶりの再参入で巻き返しを狙う?

ZOZOTOWNが次なるターゲットとしているのが中国市場で、ADAM ET ROPE'やCIAOPA

記事を読む

二宮金次郎が背負っているのは「蒔(まき)」ではなく、昔話に出てくる「桃太郎」のお爺さんが山へ刈りに行った「柴(しば)」だった。 金次郎が唱えた報徳訓とは?

二宮金次郎(二宮尊徳)が読書しながら、背負っているのは雑木(小枝)などの柴で、それを売って小遣い稼ぎ

記事を読む

喉の状態悪化!夏と冬の湿度の違いによる乾燥原因と、潤いケアの方法とは?

呼吸したり飲食をする時に、その通り道となる喉の調子が悪くなると、咳が出やすくなり、乾燥による原因から

記事を読む

振動数の高い人は、何でも上手くいくし、人生楽しい!

振動数が高い・低いと聞いたことがあると思いますが、山や海などの自然・鉱物・植物・動物・人間・建物など

記事を読む

破産宣告した米国のボーデン社、その原因とは?「レディーボーデン」アイスクリームは日本のロッテが継続

アメリカの老舗牛乳メーカーであるボーデン社が、2020年に入り米連邦破産法11章の適用を申請し、破産

記事を読む

ドーパミンはやる気と若さのバロメーター! いつまでも若くいられて、積極的に行動できる秘訣とは?

「やる気」がドーパミンの放出と密接に関係し、またいつまででも若くいられるコツにもドーパミンが一役買わ

記事を読む

ブルーインパルスが東京都心の上空を2周し、医療従事者への敬意表明を!

29日の東京の空はとても快晴で、航空自衛隊の曲芸飛行チームの「ブルーインパルス」の登場を、今か今かと

記事を読む

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行くので、鰻屋さんがフル回転して

記事を読む

1日3食の食生活は、江戸中期から・・・ 2食から3食に増えた理由①②③と病人が増えた理由

江戸中期までは、遅めの朝食(昼食)と早めの夕食の、1日2食の生活を日本人はしていました。 &n

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑