*

トランプ大統領が服用している抗マラリア薬で、全米がハラハラドキドキ!

トランプ米大統領(73)が18日に明らかにした、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の服用で、副作用のリスクもあり、全米がハラハラドキドキと心配する声があがっています。

新型コロナウイルスの感染を避けるために服用し始め、すでに1週間は経っているが大丈夫だと、トランプ大統領本人が実験台になった抗マラリア薬は、本当にコロナ対策に効果的であるのかは疑問です。

副作用のリスクは?

深刻な副作用の問題もあり、トランプ大統領側の保守系、FOXニュースのニール・カブト氏は、テレビ番組でこの薬の有効性を否定していました。

 

 

視聴者には、この薬の安易な服用は死に至るとして、薬の乱用を警告するコメントを述べています。

 

 

そして米食品医薬品局(FDA)も、この薬を治療や予防目的で服用すれば、深刻な副作用の危険があると警告しています。

 

 

なぜそこまでして、危険のリスクを負いながらトランプ大統領は、専門家の反対の元、服用し続けているのかは疑問ですが、広がりつづける新型コロナウイルスへの挑戦だとしても、身を削る行為は避けた方が良いと思います。

 

 

 

 


独自の考えで爆走

 

野党民主党のペロシ下院議長が、テレビのインタビューで、

 

「彼は私たちの大統領です。

未承認の薬を服用すべきでないし、年齢や病的な肥満体を考えればなおさらです。」

 

 

と述べて、大統領に対する自重を求めました。

 

 

しかし、その意見も受け入れられるのかは本人次第であり、トランプ大統領は今のところは大丈夫そうだと、国民を安心させるコメントを残しています。

 

 

 

 


抗マラリア薬・・マラリアとは?

 

新型コロナウイルスとは全く違った発症をしているマラリアについて、調べてみました。

 

マラリア原虫に感染することで引き起こされる病気が、マラリアです。

 

その種類は多く、熱帯熱マラリア原虫、四日熱マラリア原虫、三日熱マラリア原虫、卵形マラリア原虫があり、ヒトに感染してマラリアを引き起こします。

 

 

また以前は、サルにしか感染しないと思われていたマラリアが、人にも感染することがわかり、感染例も報告されています。

 

 

ハマダラカという蚊によって媒介され、蚊の腸の中に潜んでいるマラリア原虫が、メスの蚊が吸血する時に、蚊の唾液から人に感染するようです。

 

 

そしてマラリアに感染している人の血を吸った蚊が、別の人の血を吸うと、感染が拡大していくのです。

 

 

 

 


マラリアの症状

初期症状は、38度から40度の高熱が出て、悪寒や頭痛、筋肉痛や関節痛、下痢や嘔吐などの症状が現れます。

 

 

重症化すると、意識障害や低血糖、腎障害や多臓器不全などの症状が出てきます。

 

 

新型コロナと同じく、免疫力の弱い人や、妊婦や幼児には特に注意が必要です。

 

 

 


まとめ

トランプ大統領の今回の行為は、かなり切羽詰まった気持ちからきているように思います。

 

もともと人の意見を聞くことなく、我が道をいくタイプであるので、コロナ対策からとった服用が、副作用なく良い方向にいってくれることを願うばかりです。

 

自ら実験台になり、抗マラリア薬の効果を試しているなんて、度胸が座っているけれど、しかし全米の大統領だということを忘れてはいけないと思います。

 

 

コロナウイルスが拡大しているこんな時に、何かあったら本当に国民が露頭に迷ってしまうと思うので、思いつきの行動は避けるべきだと思います。

 

 

今後の動向が気になるところです。

 

スポンサードリンク







関連記事

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドイツも国境封鎖!ヨーロッパも警戒態勢

ドイツメディアは15日に、ドイツが16日の朝から新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、フランスや

記事を読む

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

10月3日朝の情報番組スッキリ!で、乳がん健診を受けているか否かのアンケート調査と、乳がん検査の種類

記事を読む

35周年のディズニーランドで何かが起こる予感! 平成最後のクリスマスは、最高のクリスマスを・・・第3弾

東京ディズニーランドが今年で35周年を迎え、ますますアトラクションも充実して、11月8日からクリスマ

記事を読む

日本一の高層ビルが虎ノ門・麻布台に? 商業施設とインターナショナルスクールが隣接し、2023年に日本のメインタワーが誕生する

東京虎ノ門・麻布台の東京ドーム2個分の敷地に、地上330メートル(64階建て)の東京タワーと並ぶ高さ

記事を読む

猫のすずめちゃんと、うさぎのモキュ様  アイドルペットは人気急増中!

目力が№1のすずめちゃん、今やペット達はアイドルなのです。 だって、芸能事務所からスカウトがき

記事を読む

コロナで雇用調整助成金窓口は大忙し・・ハローワークや労働局には問い合わせの嵐!

新型コロナウイルスで休業した飲食店や企業がいる中、雇用関係でハローワークや労働基準監督署の窓口は大忙

記事を読む

江崎びす子の「夢かわいい」「病みかわいい」が人気に!体温計までアクセサリーに?

東京都世田谷区出身の男性漫画家、江崎びす子さんは、「病み可愛」の「メルヘラチャン」のキャラクターで売

記事を読む

おにぎりの値下げで勝負に出たミニストップ! おにぎり16品が驚きの100円。

ミニストップはハロハロやプリンパフェが人気で、店内で作るデザートを楽しみに注文する人がいます。

記事を読む

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.

記事を読む

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







アベノマスクの配布完了はいつ? 製造元は中国とミャンマー・・品質は大丈夫?

安倍総理は新型コロナウイルスの対策として、布マスクを配ることを4月1日

新型コロナ関係、転売禁止! 次はアルコール消毒液が・・・

マスクに引き続き、インターネットのオークションサイトやフリマアプリなど

コロナで雇用調整助成金窓口は大忙し・・ハローワークや労働局には問い合わせの嵐!

新型コロナウイルスで休業した飲食店や企業がいる中、雇用関係でハローワー

ひんやり、夏用マスクの製造が急ピッチに・・・吸水性と速乾性

新型コロナウイルスの感染拡大で、外出時には必ずマスクを装着することは、

賭け麻雀の事実を認める! 黒川検事長の人間性が明るみに・・・

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が出されていた5月初

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑