*

インフルエンザや風邪予防! 紅茶の効能が意外なところに・・・

公開日: : 最終更新日:2018/09/26 生活

11月1日の「紅茶の日」に紅茶の日記念ティーセミナーがあり出席された方からの情報で、インフルエンザや風邪などには紅茶に含まれている成分がよく効き、インフルエンザにかかってしまった後でも、紅茶は効力を発揮するということがわかりました。

 

よくお茶に含まれるカテキンが、抗酸化作用で老化防止効果や殺菌作用などあることは知られていますが、紅茶の効能と言うとリラクゼーション効果があることしか知られていないのでは?と思います。

 

実は私も紅茶については、それほど知識がないまま、当たり前のように朝食時や、ゆったり寛ぎたい時に飲んでいました。

 

そこで今日は紅茶について、少し勉強してみようと思います。

 

紅茶はもともと緑茶と同じお茶の葉からできているのですが、紅茶は発酵させる行程により、熟した果実の香りやコクのある味わいが強まり濃い褐色になっていきます。

 

その時緑茶に含まれているカテキンが発酵過程でテアフラビンに変化し、この成分がインフルエンザの感染力を奪うということが、研究によってわかってきました。

 

 

実験の一つとして、犬の腎臓細胞をシャーレに培養して、インフルエンザウイルスで感染させ、48時間後に白い斑点(プラーク)ができているかを確認し、それによって細胞が破壊されたことが判明しました。

 

次に紅茶を使用することによって、プラークができないことがわかれば、殺ウイルス作業が判断できるのです。

 

 

今回の実験では、ソ連風邪や香港風邪などのA、B型と昔のインフルエンザウイルスと、最近流行っている新型インフルエンザについてもおこなってみました。

そこで素晴らしい結果がわかりました。

 

紅茶によりインフルエンザウイルスは死滅するのですが、10秒で99,999%失わせることができる紅茶の濃度は、なんと! 通常飲む紅茶の5分の1の薄さで大丈夫だということがわかりました。

 

そして、毎年抗原構造を変化してウイルスが登場しても、紅茶の効果は生きた細胞に対する吸着能力を失わせるので、全てのウイルスへの効果が変わらないということがわかりました。

 

もしインフルエンザに感染してしまっても、患者さん自身が紅茶を飲むことによって、口腔内のウイルスの感染性を失わせることができれば、健康な人へ感染が広がることがなくなるので、流行が長引くこともなくなります。

 

そして学校においては、生徒全員が1時間毎に紅茶を飲むことが可能であれば、学級閉鎖を未然に防ぐことができるようになります。

 

インフルエンザの治療薬であるタミフルを服用しても、熱が下がった後6日間はウイルスの排出が続いているので、周りの人に感染させてしまうことがあるので、インフルエンザの流行期には、クラス全員がマスクを着用し、手洗いと紅茶を飲む習慣をつければ、予防に繋がっていきます。

 

紅茶には咽頭粘膜の抗炎症作用もあるので、のどの痛みもかなり和らいでいきます。

 

ただしミルクを入れて飲むと、テアフラビンがミルク成分に取り込まれて働かなくなり、効果はなくなってしまうので、砂糖やレモンは大丈夫ですが、ミルクは除いた方が良いみたいです。

 

このように今までリラクゼーション効果だけで飲んでいた紅茶が、実は薬を上回る効果があることがわかり、本当にビックリです。

 

他には、ダイエット効果や抗がん作用、ノロウイルスや口臭予防にも良いのです。

 

一日3杯の紅茶は、万能の健康効果があるので、是非実践していただきたいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

仕事でカフェをやっていて、紅茶を淹れる機会が多いので、一杯の紅茶を真心込めて、美味しく淹れられるように頑張りたいと思います♪

 

スポンサードリンク







関連記事

新型コロナウイルスへの影響で、全国的なスポーツや文化イベントなどの開催は、中止か延期の措置への要請

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、全国的なスポーツや文化イベントなどの開催は、中止か延期

記事を読む

ダイソーのお役立ち商品3選 こんな便利なグッズがあったなんて・・・

100円ショップは一昔前と比べて進化し、300円商品や500円商品も金額表示をして販売されていて、新

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

2019年問題から「新型コロナ」で拍車がかかり、世帯数激減!

新型コロナウイルスも終息の気配もなく、水面下で広がり続けている昨今、世帯数の減少や太陽光発電の買取期

記事を読む

100円本の人気の秘密・・・出版不況でも好調、100円本の魅力とは?

100円ショップダイソーの新たなる戦略の一つに、新たに100円本を出版することが、朝の情報番組スッキ

記事を読む

異常気象と温室効果ガス 二酸化炭素の排出でますます地球温暖化に!

異常気象はここ数年でますます深刻化し、自然災害に悩まされる日々を送りながら、相変わらず二酸化炭素の排

記事を読む

しっかり寝てるのに眠いのは、なぜ? 「黄金の90分間」量より質で、頭も体もスッキリ!

どんより曇っている日は、なぜか眠気を誘ってあくびばかり出てしまい、睡眠時間もしっかりとっているのに頭

記事を読む

中国のエジソンとは?中国話題の発明家「無駄なエジソン」は無駄ではなかった・・・

SNSでのフォロワー数は300万人以上の、中国で注目されている発明家ガン・シュアイさん(31)は「無

記事を読む

新型コロナでイベント中止、旅行も自粛!感染リスクが少ない場所が今注目されている・・それはどんなとこ?

全世界が新型コロナウイルスの渦の中にいる現在、各地で外出はもちろんのこと、イベントも中止、旅行も自粛

記事を読む

夏用マスクの素材に適してるもの 冷感素材で気分もリフレッシュ!

夏用のひんやりと冷たさが持続して、つけていて負担に感じないマスクの需要が高まっている中、各メーカーや

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







「病は気から」ストレスを自然に発散できる方法を知り、健康的な生活を送るには?

昔から「病は気から」とよく言われ、病気は気の持ちようによっては、良くも

8月6日のスッキリで紹介! スマホアプリ「らくがきAR」で、自分が描いたらくがきが動き出す? 評価は星4つ

スマホアプリ「らくがきAR」で、自分の描いたらくがきがスケッチブックか

ソーシャルワーカーは社会復興に貢献している?不安がいっぱいの生活で、ソーシャルディスタンスの現代社会を生き抜く方法 

新型コロナウイルスの感染拡大により、ソーシャルワーカーやソーシャルディ

リモートワークとテレワークの違い  利用する外国人のメリット・デメリットとは?

今や国民の仕事に定着しつつあるリモートワークですが、会社でも急きょリモ

感動や感謝される職業とは?希望と夢を与える「松下幸之助」さんの参考になるお言葉

人に感動を与え感謝される仕事は、やりがいを感じて長続きすることができ、

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑