*

日本経済大丈夫? パナソニックと中国とコロナと5G・・・反日感情が消えた?

パナソニックが、次世代通信規格「5G」の電子部品材料を中国で増産することを決定し、新型コロナ対策でマスクの支援をした日本に対し、中国国民の反日感情は一瞬消えたが、日本国民の中国に対する嫌悪感が膨れあがり、大手電機メーカー「パナソニック」を含む日本経済を心配する声があがっています。

 

5Gについても身体に危害を加える恐れがある通信機器とされていて、健康被害についても懸念されています。

 

 

5Gの健康被害については、こちらをご覧ください。

 

5Gの人体に及ぼす被害・・・電磁波浴びて癌や白内障に?

5Gに注意!DNA損傷を引き起こすと警告?

日本での批判コメント(対パナソニック)

 

自動車メーカーのホンダは、バイク部門は中国生産を諦めて、国内生産に切り替えています。

 

国内生産に力を入れていたのはソニーです。パナソニックには過去の栄光があるけれど、今はどうなってしまったのだろう・・・

 

問題は市場でありお客様の確保だから、コロナまん延のこの時期に中国生産を考えているなんて、本当に経済音痴で困るし日本の未来は危ないです。

 

亡き松下幸之助さんが、中国支援を打ち出した時から、松下電気(現パナソニック)が低迷を迎えるのは運命だったのでしょう。

 

中国で生産するのは、日本国内と変わらないって根拠がわからないです。

 

 

以上のように、日本の将来を不安に思っている国民がいるのに、世界情勢に目を向けようとしない日本企業の幹部は、中国市場に益々のめり込もうとしているのです。

 

 

 

 


5Gを中国で・・・

パナソニックは、次世代通信規格「5G」向けの電子部品材料を中国で増産することを決めて、それに費やす金額は約80億円とされています。

 

5Gの需要の急拡大が見込める中国で、供給能力を高めて一気に増産、そして供給を考えています。

 

現在アメリカは、中国の5G生産を封じ込めることに躍起になっているところに、日本の企業が生産依頼しアメリカ経済に依存している日本政府にとっては、とても危険な状態にいることがわかります。

 

5Gは、現在使用されている4Gの延長と考えるよりも、次元の違う社会のインフラになると言われています。

 

街全体をインターネットで制御して、生活が便利になるための効率化を実現する、スマートシティ構想も進んでいて、5Gの存在は水道や電気などと並ぶライフライン化していく形になります。

 

 

生活が便利になる一方、いつも電磁波を浴びる生活をおくることになり、危険な場所に身をおくことになるのです。

 

 

 


まとめ

なんとも複雑に世界情勢が絡み合い、トライアングルの中心に日本がいるような状態です。

 

 

中国は新型コロナを発症し、感染拡大してしまった国だと言われていて、昨年11月にネット上で「中国・武漢で奇妙な病気が流行っているようだ。」などの書き込みが相次いでいたのを、中国政府が削除し、その後情報公開の遅れで武漢市長が逮捕されました。

 

 

中国政府の対策チームが介入してきたのが、今年の1月26日ということで、情報を知っていながら武漢市長にその責任を擦り付け、隠ぺい工作していた中国政府・習近平氏は本当に恐ろしい人だと思いました。

 

 

反日感情が緩和されたのは、いち早く日本の民間企業が中国へ向けて100万枚のマスクを送ったことからであり、空港から陸路を通って武漢へ搬送されたことにより、国民からは感激のコメントが続々とあげられたようです。

 

 

確かに隣国の危機を救うのは必要なことですが、何を考えているのかわからない中国に対し、日本国民は遺憾に思っているはずです。

 

 

中国での5Gの部品生産も複雑な気持ちです。

 

 

今後どのようになっていくのか、今から不安な状況です。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

1日3食の食生活は、江戸中期から・・・ 2食から3食に増えた理由①②③と病人が増えた理由

江戸中期までは、遅めの朝食(昼食)と早めの夕食の、1日2食の生活を日本人はしていました。 &n

記事を読む

信用の付け方は自分に自信をつけること! 目標に向かって行動し、良いオファーがきたら迷わず受けてみるべし

ホリエモンこと堀江貴文さんがYouTube動画で発信していた内容の前回の続きになりますが、なるほどぉ

記事を読む

乳がんで右乳房の全摘手術したことを公表・・・元おニャン子クラブの生稲晃子、闘病生活から学んだこと!(後編)

2011年3月に乳がんの告知をされてから、2年の間に2度の再発を経験し、主治医に右乳房の全摘出をすす

記事を読む

動画共有アプリ「TikTok」について、トランプ大統領 はツイッターやフェイスブック・LINEで、中国企業へ売却を命ず!

8月15日にアメリカのトランプ大統領は、個人情報が流出していると騒がれている、動画共有アプリの「Ti

記事を読む

シミ抜きにも流派が・・・ いらず流(不入流)のクリーニングが家でもできるの?

諦めていたシミを落とす不入流(いらずりゅう)で、祖主の高橋さん(69才)が家庭のシミを落としまくる企

記事を読む

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取組み 3月2日からの臨時休校に待ったをかけた県とは?

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための、小中高校や特別支援学校などの臨時休校に対し、準備不足や感染

記事を読む

クリスマスって特別? 子どもの頃感じていた特別感と、男女で感じるクリスマスに対する考え方の違いとは?

子供の頃の記憶では、クリスマスってとても特別な日であり、お正月と同じくクリスマスが近づいてくると、ワ

記事を読む

チョコレートはバレンタインデーだけではない! 「たまには自分にご褒美しないと・・・」おすすめチョコレートランキング、トップ10!

バレンタインデーが近づくと、スーパーやコンビニでは1ヶ月以上前からチョコレートが陳列棚に並び始め、品

記事を読む

夏バテ解消、夏のお弁当にはコレがいい! 子ども達の為のお弁当レシピ

夏は食中毒などがある時期なので怖いですが、この点さえ気をつければ安心安全なランチタイムが迎えられて、

記事を読む

リモートワークが広がり、都心から離脱する人々が増えている・・・リモートワーク向きの仕事とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークを推奨している会社が増え、GoogleやFaceb

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ノイローゼ(神経症)は「不安」や「恐怖」からきて、うつ病は心理的ストレスから? 精神科や心療内科の利用者急増~

極度な不安や恐怖、環境からくるストレスによりノイローゼ(神経症)やうつ

婚活マッチングアプリでカップルへ・・・新婚生活で60万円の補助金取得「結婚新生活支援事業」とは?

結婚したい人のための「婚活マッチングアプリ」の登録者数が増加していて、

(簡単)自宅でコロナ検査ができる! PCR検査キットが郵送され、唾液による簡単検査でお悩み解消~

自宅にいながら、コロナに感染しているのかどうかの検査が簡単にできる「P

「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も充実

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

骨粗しょう症の検査で「大腿骨骨折」のリスクを避け、健康寿命を延ばそう! 寝たきり生活を避けるため骨折注意

日本人の平均寿命は男性が83歳、女性は86歳と言われていて、年々医療費

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑