*

日本経済大丈夫? パナソニックと中国とコロナと5G・・・反日感情が消えた?

パナソニックが、次世代通信規格「5G」の電子部品材料を中国で増産することを決定し、新型コロナ対策でマスクの支援をした日本に対し、中国国民の反日感情は一瞬消えたが、日本国民の中国に対する嫌悪感が膨れあがり、大手電機メーカー「パナソニック」を含む日本経済を心配する声があがっています。

 

5Gについても身体に危害を加える恐れがある通信機器とされていて、健康被害についても懸念されています。

 

 

5Gの健康被害については、こちらをご覧ください。

 

5Gの人体に及ぼす被害・・・電磁波浴びて癌や白内障に?

5Gに注意!DNA損傷を引き起こすと警告?

日本での批判コメント(対パナソニック)

 

自動車メーカーのホンダは、バイク部門は中国生産を諦めて、国内生産に切り替えています。

 

国内生産に力を入れていたのはソニーです。パナソニックには過去の栄光があるけれど、今はどうなってしまったのだろう・・・

 

問題は市場でありお客様の確保だから、コロナまん延のこの時期に中国生産を考えているなんて、本当に経済音痴で困るし日本の未来は危ないです。

 

亡き松下幸之助さんが、中国支援を打ち出した時から、松下電気(現パナソニック)が低迷を迎えるのは運命だったのでしょう。

 

中国で生産するのは、日本国内と変わらないって根拠がわからないです。

 

 

以上のように、日本の将来を不安に思っている国民がいるのに、世界情勢に目を向けようとしない日本企業の幹部は、中国市場に益々のめり込もうとしているのです。

 

 

 

 


5Gを中国で・・・

パナソニックは、次世代通信規格「5G」向けの電子部品材料を中国で増産することを決めて、それに費やす金額は約80億円とされています。

 

5Gの需要の急拡大が見込める中国で、供給能力を高めて一気に増産、そして供給を考えています。

 

現在アメリカは、中国の5G生産を封じ込めることに躍起になっているところに、日本の企業が生産依頼しアメリカ経済に依存している日本政府にとっては、とても危険な状態にいることがわかります。

 

5Gは、現在使用されている4Gの延長と考えるよりも、次元の違う社会のインフラになると言われています。

 

街全体をインターネットで制御して、生活が便利になるための効率化を実現する、スマートシティ構想も進んでいて、5Gの存在は水道や電気などと並ぶライフライン化していく形になります。

 

 

生活が便利になる一方、いつも電磁波を浴びる生活をおくることになり、危険な場所に身をおくことになるのです。

 

 

 


まとめ

なんとも複雑に世界情勢が絡み合い、トライアングルの中心に日本がいるような状態です。

 

 

中国は新型コロナを発症し、感染拡大してしまった国だと言われていて、昨年11月にネット上で「中国・武漢で奇妙な病気が流行っているようだ。」などの書き込みが相次いでいたのを、中国政府が削除し、その後情報公開の遅れで武漢市長が逮捕されました。

 

 

中国政府の対策チームが介入してきたのが、今年の1月26日ということで、情報を知っていながら武漢市長にその責任を擦り付け、隠ぺい工作していた中国政府・習近平氏は本当に恐ろしい人だと思いました。

 

 

反日感情が緩和されたのは、いち早く日本の民間企業が中国へ向けて100万枚のマスクを送ったことからであり、空港から陸路を通って武漢へ搬送されたことにより、国民からは感激のコメントが続々とあげられたようです。

 

 

確かに隣国の危機を救うのは必要なことですが、何を考えているのかわからない中国に対し、日本国民は遺憾に思っているはずです。

 

 

中国での5Gの部品生産も複雑な気持ちです。

 

 

今後どのようになっていくのか、今から不安な状況です。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

鬼嫁炸裂~「鬼は~ウチ!?」我が家の鬼嫁エピソード 愛情と恐怖は紙一重! スッキリVOICE 鬼嫁特集~~

2月4日放送の朝の情報番組「スッキリ!」でのスッキリVOICEの話題は、家にいる鬼「鬼嫁」についてで

記事を読む

心理学やビジネスに登場するカタルシス効果 再出発に適してる?

精神分析の用語や、ビジネスのマーケティングにも応用されている「カタルシス効果」は、「心の浄化」を意味

記事を読む

「クリスマスプレゼント」今年はどんなのが良いのかな? 子ども達が寝静まった後に枕元に置くプレゼントのいろいろ・・・

クリスマスの準備として、子ども達にサンタクロースが何をプレゼントしてくれるのかを考えるのは親の役目で

記事を読む

クリスマスって特別? 子どもの頃感じていた特別感と、男女で感じるクリスマスに対する考え方の違いとは?

子供の頃の記憶では、クリスマスってとても特別な日であり、お正月と同じくクリスマスが近づいてくると、ワ

記事を読む

お金持ちと貧しい人の思考の違い・・・起業と投資が成功への近道?

節約と投資は裕福になるための鍵であり、起業して新事業を始めることがビジネス成功への近道でもあり、将来

記事を読む

すいかとメロンの生産量の多い県は? 夏バテ防止に水分豊富な野菜や果物を!

2019年の夏も猛暑日が続き、国内外で熱中症対策が広く呼びかけられていて、室内の温度もエアコンなどで

記事を読む

「バカっぽく見えてしまう人」の特徴と、馬鹿の由来とは?

「この差って何ですか?」TBSテレビ放送で紹介された「バカっぽく見えてしまう人」について大変興味深か

記事を読む

宿題代行取締強化! 夏休みの宿題を販売している出品者に向けて・・・

メルカリ、ラクマ、ヤフオクの3社が、夏休みの宿題代行販売の取締りを強化し、文科省からの依頼で出品を見

記事を読む

アジア人特有の黒髪・・・ なぜ人種によって髪の色が違い、バリエーションが豊富なのでしょう?

前回は、漢民線や一重まぶたの謎や蒙古斑について書いてみましたが、人種によって色の違いがあるのって不思

記事を読む

日本の食文化と、参勤交代と、好奇心!

前回のお話しでは、和食以外の海外の料理がアレンジされて、日本食として各家庭の食卓に上がっているという

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







土用の丑の日とうなぎの不思議・・・シラスウナギの減少の背景には地球温暖化が?

2020年の土用の丑の日は、1月23日、4月16日、4月28日、7月2

やはり引退宣言を・・・タピオカ騒動でママタレントとしての好感度を失ったユッキーナが、芸能人から一般人に

ユッキーナこと木下優樹菜さんと、フジモンこと藤本敏史さんが2019年の

給付金で景気回復?定額給付金受け取り後のデパートは、活気に満ち溢れていて、1律10万円の効果は絶大!

定額給付金の申請により、給付金の配布が少しずつ進行し、振り込みが確認さ

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている

若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑