*

飛沫感染と接触感染とウイルス細菌の生存時間・・・アメリカで爆発的な感染の新型コロナの原因は?

コロナ感染源である中国より、未だ爆発的な感染で猛威を振るっている国は、大統領選を控えているアメリカで、飛沫感染と接触感染のダブルの要因で、ウイルスが拡大・拡散している状態です。

 

マスクをしない国、マスクを作っていない国、演説中はクラスター発生状態でも誰もマスクをしたり、バンダナで顔を覆うことをしない国に、新型コロナウイルスははびこり易く、終息する見込みがないことがわかります。

 

感染ルートの種類

一般的な感染ルートには「飛沫感染」と「接触感染」があり、日頃からマスクをして、外出後や作業の合間にうがい手洗いをするように習慣づければ、防ぐことができます。

 

密閉空間ではなおさら注意が必要で、咳やくしゃみだけでなく、会話による飛沫でも感染を拡大する恐れがあるので要注意です。

 

 

 


飛沫感染とは?

感染者のくしゃみや、咳、つばなどの飛沫と一緒に、ウイルスが飛び散り、他の人がそのウイルスを口や鼻などから吸い込み感染することを言います。

 

 

接触感染とは?

感染者がくしゃみや咳をする時に手で押さえて、そのウイルスが付着した手で、周囲の物に触ってウイルスがつけます。

 

それを他の人が触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ることによって粘膜から感染することを言います。

 

 

 


付着したウイルスの生存時間

 

新型コロナウイルスはプラスチックの表面では、最大72時間生存し、ボール紙では最大24時間生存するとWHOのデーターで明らかになりました。

 

 

 

感染者が多い国ランキング

1.アメリカ 約251.2万人

2.ブラジル 約131.4万人

3.ロシア 約62.7万人

4.インド 約52.9万人

5.イギリス 約31.2万人

 

死者の多い国ランキング

1.アメリカ 約12.6万人

2.ブラジル 約5.7万人

3.イギリス 約4.4万人

4.イタリア 約3.5万人

5.フランス 約3万人

 

日本国内の感染者・退院者・死亡者

累計感染者 約1.9万人

退院者 約1.6万人

死亡者 約980人

 

 

 


まとめ

日本国内の新型コロナによる死亡者数を見てみると、1000人に到達する勢いですが、世界の感染状況からみると、抑えられているようにも思えます。

 

 

アメリカ死亡者数は約12.6万人で、まだまだ油断できない状況です。

 

 

マスクの尊さを知り、マスクで自分の命を守ることができたことは大きかったと思います。

 

 

アメリカは大統領選が、またまた感染拡大の引金になっているようなので、人の命を第一に考えた方が良いと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

テレワークは働き方改革だけではなく、新型コロナ感染拡大対応にも便利に活用!

働き方改革の切り札として、テレワークの普及が期待されていますが、今は新型コロナ感染拡大防止策として、

記事を読む

菅田将暉、映画「糸」で主人公に投入~ 中島みゆきの名曲をどう演じきるのか?

中島みゆきさんの名曲「糸」から、映画「糸」が製作され2020年に、公開される予定だということが発表さ

記事を読む

(必見)行政書士の資格は、将来独立しても役に立つ? 資格試験の受験は60代でも大丈夫?

司法書士や行政書士の書士業では、難易度が高い試験は、司法書士試験ですが、行政書士も事務処理のスキルや

記事を読む

異常気象と温室効果ガス 二酸化炭素の排出でますます地球温暖化に!

異常気象はここ数年でますます深刻化し、自然災害に悩まされる日々を送りながら、相変わらず二酸化炭素の排

記事を読む

クリスマスケーキが売れなくなったワケとは? 贅沢なものと考えられ健康志向のため、ケーキを買わなくなったとしたら洋菓子店は大ピンチ!

クリスマスケーキが売れなくなり、洋菓子店の倒産が増え続けています。   今年も

記事を読む

サステナビリティと未来の魅力あるビジョン 思考の違いで将来が決まる?

最近よく耳にする「フェアトレード」と「サステナビリティ」は、とても関連性のある内容で、どちらも近い将

記事を読む

秋からコロナショックによる倒産・自己破産手続きが増加・・・アメリカ大統領選もトランプ氏に返り咲く?

コロナショックにより、資金力のない中小企業や零細企業などの倒産が秋から増え始め、自己破産の手続きをと

記事を読む

和式トイレと洋式トイレ 外出先ではどちらを利用しますか? 和式トイレの年間出荷量は全体の0.7% ゼロにならない理由とは?

外出先での公共トイレの中に、和式トイレが1つだけあることがありますが、未だゼロにならないのには理由が

記事を読む

地球温暖化で、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの取り組み中、炭酸ガス(CO2)が不足し、ビールや清涼飲料水の製造工場に問題が直撃!

2018年に引き続き今年の夏も気温が上昇し、ビールや炭酸飲料が炭酸ガス(CO2)不足で製造に支障をき

記事を読む

「走行税」導入は、電気自動車普及による、ガソリン税減少の対応策なのか? すでに導入している国とは?

「走行税」とは、走行距離に応じて課税・徴収する税金のことで、電気自動車の普及に伴い、ガソリン税が減少

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







(簡単)自宅でコロナ検査ができる! PCR検査キットが郵送され、唾液による簡単検査でお悩み解消~

自宅にいながら、コロナに感染しているのかどうかの検査が簡単にできる「P

「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も充実

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

骨粗しょう症の検査で「大腿骨骨折」のリスクを避け、健康寿命を延ばそう! 寝たきり生活を避けるため骨折注意

日本人の平均寿命は男性が83歳、女性は86歳と言われていて、年々医療費

リモートワークが広がり、都心から離脱する人々が増えている・・・リモートワーク向きの仕事とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークを推奨している会社が

情報革命家と冒険投資家の二つの顔を持つ孫正義氏のビジョンとは、先を見据えた壮大なロマン?

ソフトバンクグループの孫正義氏は、日本を代表する実業家であり、情報革命

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑