*

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている「新型豚インフルエンザ」で、中国の衛生管理の問題と、将来的なパンデミックの危機で、またも感染源である中国の在り方が注目されています。

 

中国と言えば2005年に鳥インフルエンザが大流行し、人にも感染して死亡者が多数確認されています。

 

今回の豚インフルエンザと鳥インフルエンザには、何ら関連性があるのか?また中国の衛生管理はどうなっているのか?大変気になったので調べてみました。

 

新型ウイルス「G4」とは?

新型インフルエンザウイルス「G4」の遺伝子は、2009年にパンデミック(世界的大流行)を起こした、豚インフルエンザ「H1N1」と同じ系統であることが研究から明らかになり、パンデミックに陥る要因が全て揃っていることがわかりました。

 

「G4」は年々増え続けて2016年以降は益々増え、豚から人間に感染して、気道の細胞内で急速に増殖する能力を持ち、流行りのインフルエンザワクチンを接種しても免疫はできないことが、研究の結果わかっています。

 

またも中国から広がりを見せ、新型コロナウイルスの様に世界中に感染していくのか、不安は尽きません。

 

研究チームはパンデミックのリスクを極力抑えるために、豚同士の感染の広がりを抑え、接触者の監視を強化するなどの対策を提案しています。

 

 

 


衛生面に杜撰な中国

 

中国では家禽の飼育数が150億羽近くと、世界の5分の1を占めています。

 

そして切り身の生肉の状態で売られているだけではなく、ケージに入った鶏や鳩、ウズラやアヒルが、食用として生きたままの状態で売られています。

 

 

鳥から同じ家畜として飼われている豚に感染し、豚の体内で毒性の強いウイルスに変異し、人間に感染していく・・・

 

 

つまり H7N9型の新型ウイルスは、鳥だけに感染する3種類のウイルスが集まってできあがっていて、ほ乳類の気道の細胞に結びつきやすい性質に変化し、鳥から豚を経由して人間に感染したという見方が強いのです。

 

 

 


大量な豚の死骸

 

中国上海市を流れる黄浦江で、大量の豚の死骸が漂っているのが見つかりました。

 

その数はなんと1万匹を超えていて、川が飲料水の水源となっているので、付近の住民を不安に陥れているのです。

 

 

死骸からは「豚サーコウイルス」が検出されたのですが、中国の衛生当局は人体に感染するウイルスではなく、水質への影響もないと説明していました。

 

 

1万匹を超える豚の死骸が、不衛生な状態で何日も川を漂い、上海から南西へ約100キロ離れた浙江省嘉興市から流されたと疑いの目が寄せられています。

 

 

長距離を漂流してきた豚の死骸が、病原菌を運んできたのではないかと・・・

 

 

本当に不衛生で、自ら病原菌をばらまいてしまっている国だということがわかります。

 

 

 

 


まとめ

2005年には中国青海省で、渡り鳥約6000羽が鳥インフルエンザで死に、家禽への鳥インフルエンザの感染も確認されたという実例があったにもかかわらず、相変わらず不衛生な放置をしているところが、今回の新型豚インフルエンザを発祥してしまった要因に思われます。

 

 

新型コロナウイルスも研究の過程からの流出と疑われているし、本当に反省することを知らない、学習能力がない中国国家の在り方に疑問を感じます。

 

 

大事になる前に早く対処してほしいと思います。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

まるでピカソみたい~「幸福洗脳」Tシャツからパーフェクトヒューマン、そして次は「禅徳寺珈琲」とオリラジ中田は、パクリ名人だった?

アメバTVでキングコング西野との、お中元・お歳暮スィーツ販売戦略のコンサル番組で、自らのブランドTシ

記事を読む

サムスン(韓国)は日本の輸出規制のため、半導体材料が不足し製造が危ぶまれている?

韓国のIT企業のサムスンが、日本による半導体材料の輸出規制強化を受けて、チップ不足を懸念した米大手I

記事を読む

令和2年元旦の営業で、コンビニ業界その後に変化あり?ファミマは頑張る!

令和2年の元日営業をするのは、コンビニの中ではファミリーマートで、本部社員を各店舗に派遣しての営業と

記事を読む

コロナで失業者続出!日雇い労働者・非正規雇用者・正規雇用者が生活に困窮・・・

新型コロナウイルスの影響で、職を失っている人達が後を断ちません。 このままいくと、ゴールデンウ

記事を読む

「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も充実

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員のために自宅にいても注文できる

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせない家電製品や携帯電話などが益々

記事を読む

夏休みのイベント場所と言えば、海水浴やキャンプ、登山や行楽地、そしてテーマパークを含む遊園地ですね。注意するのは海岸での離岸流・・・どんな現象?

今年の夏休みは新型コロナの関係で、ソーシャルディスタンスの3密(密閉・密集・密接)を守りつつ楽しまな

記事を読む

宿題代行取締強化! 夏休みの宿題を販売している出品者に向けて・・・

メルカリ、ラクマ、ヤフオクの3社が、夏休みの宿題代行販売の取締りを強化し、文科省からの依頼で出品を見

記事を読む

さくらももこさん(53才)が死去! 清水入江小での思い出一杯の「ちびまる子ちゃん」、お姉ちゃんや秀樹やシーモンキーも永遠に!

ちびまる子の作者である、さくらももこさんが乳癌で死去していたという速報が流れ、地元静岡でも突然の訃報

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







新型コロナ対策にAIが活躍 携帯料金の引き下げも実現なるか?

AI(人工知能)の今後の可能性について菅総理は、新型コロナウイルス感染

100%天然由来の白髪染めでコスパに優しく、メラニン色素を増やしていつまでも若々しく健康的に!

最近はヘアカラーも充実してきて、白髪染めも自宅でお手軽にできる泡タイプ

「フレーミング効果の法則」は心理作戦か? 心を誘導する言葉に左右される日常

フレーミング効果は、対象をフレームに当てはめ効果的に誘導する考え方を言

美味しさと手軽さがウリ、グリコ「ポッキー」の商品開発へのこだわりとギネス認定!

こおり水の入ったお洒落なグラスに、グリコ「ポッキー」を入れてテーブルの

「人工甘味料」は腸内細菌の環境を破壊し、老化を早める? アンチエイジング効果で若さと健康を!

ダイエットのため、砂糖の代わりに「人工甘味料」を使った食品を摂取する人

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑