*

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている「新型豚インフルエンザ」で、中国の衛生管理の問題と、将来的なパンデミックの危機で、またも感染源である中国の在り方が注目されています。

 

中国と言えば2005年に鳥インフルエンザが大流行し、人にも感染して死亡者が多数確認されています。

 

今回の豚インフルエンザと鳥インフルエンザには、何ら関連性があるのか?また中国の衛生管理はどうなっているのか?大変気になったので調べてみました。

 

新型ウイルス「G4」とは?

新型インフルエンザウイルス「G4」の遺伝子は、2009年にパンデミック(世界的大流行)を起こした、豚インフルエンザ「H1N1」と同じ系統であることが研究から明らかになり、パンデミックに陥る要因が全て揃っていることがわかりました。

 

「G4」は年々増え続けて2016年以降は益々増え、豚から人間に感染して、気道の細胞内で急速に増殖する能力を持ち、流行りのインフルエンザワクチンを接種しても免疫はできないことが、研究の結果わかっています。

 

またも中国から広がりを見せ、新型コロナウイルスの様に世界中に感染していくのか、不安は尽きません。

 

研究チームはパンデミックのリスクを極力抑えるために、豚同士の感染の広がりを抑え、接触者の監視を強化するなどの対策を提案しています。

 

 

 


衛生面に杜撰な中国

 

中国では家禽の飼育数が150億羽近くと、世界の5分の1を占めています。

 

そして切り身の生肉の状態で売られているだけではなく、ケージに入った鶏や鳩、ウズラやアヒルが、食用として生きたままの状態で売られています。

 

 

鳥から同じ家畜として飼われている豚に感染し、豚の体内で毒性の強いウイルスに変異し、人間に感染していく・・・

 

 

つまり H7N9型の新型ウイルスは、鳥だけに感染する3種類のウイルスが集まってできあがっていて、ほ乳類の気道の細胞に結びつきやすい性質に変化し、鳥から豚を経由して人間に感染したという見方が強いのです。

 

 

 


大量な豚の死骸

 

中国上海市を流れる黄浦江で、大量の豚の死骸が漂っているのが見つかりました。

 

その数はなんと1万匹を超えていて、川が飲料水の水源となっているので、付近の住民を不安に陥れているのです。

 

 

死骸からは「豚サーコウイルス」が検出されたのですが、中国の衛生当局は人体に感染するウイルスではなく、水質への影響もないと説明していました。

 

 

1万匹を超える豚の死骸が、不衛生な状態で何日も川を漂い、上海から南西へ約100キロ離れた浙江省嘉興市から流されたと疑いの目が寄せられています。

 

 

長距離を漂流してきた豚の死骸が、病原菌を運んできたのではないかと・・・

 

 

本当に不衛生で、自ら病原菌をばらまいてしまっている国だということがわかります。

 

 

 

 


まとめ

2005年には中国青海省で、渡り鳥約6000羽が鳥インフルエンザで死に、家禽への鳥インフルエンザの感染も確認されたという実例があったにもかかわらず、相変わらず不衛生な放置をしているところが、今回の新型豚インフルエンザを発祥してしまった要因に思われます。

 

 

新型コロナウイルスも研究の過程からの流出と疑われているし、本当に反省することを知らない、学習能力がない中国国家の在り方に疑問を感じます。

 

 

大事になる前に早く対処してほしいと思います。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

キティのいるサンリオの専務が社長昇格!ハローキティが代表的キャラクター

サンリオは7月1日に辻朋邦専務(31)が社長に昇格し、創業者の辻信太郎社長(92)が会長になると発表

記事を読む

新型コロナは、日本の芸能人にまで刃を向け、改めてウイルスの脅威を知る

志村けんさん(70)の新型コロナウイルス感染の報道が23日にあり、そして29日夜亡くなりました。

記事を読む

働き方改革の実態とは? 理想と現実

今、国会で審議中の働き方改革に、全ての労働者の皆さんが期待し注目してきています。  

記事を読む

トランプ大統領が服用している抗マラリア薬で、全米がハラハラドキドキ!

トランプ米大統領(73)が18日に明らかにした、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の服用で、副作用

記事を読む

電話ボックスになぜ金魚? 現代美術作家が著作権問題で訴訟を・・・

水槽のようになった電話ボックスに、数十匹の金魚が泳ぐオブジェ「金魚電話ボックス」が今話題になっていて

記事を読む

アビガンは効果が期待される治療薬の一つ・・・新型コロナの感染拡大をストップ!

世界50か国以上から、提供要請を受けている日本の治療薬「アビガン」は、富士フィルム富山化学が開発した

記事を読む

全学校休校?3月2日から春休みに入るまで、全学校(小中高・特支)の臨時休校を呼びかけた安倍総理の決意と国民の混乱

安倍総理は2月27日に、首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部で、私立校を含めた全国全て

記事を読む

ウォークライでラグビーのチームメンバーの気迫が伝わる・・・日本も四股踏みでチャレンジか?

ラグビーワールドカップ2019が開幕して、ラグビーファンは昼夜問わず声援し、試合前のウォークライでは

記事を読む

吉田栄作が退社! デビュー作「ガラスの中の少女」から30年・・・個人事務所設立へ

俳優の吉田栄作(50才)が、大手芸能事務所の「ワタナベエンターテイメント」を退社して、今後は個人事務

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑