*

8月6日のスッキリで紹介! スマホアプリ「らくがきAR」で、自分が描いたらくがきが動き出す? 評価は星4つ

スマホアプリ「らくがきAR」で、自分の描いたらくがきがスケッチブックからニュ~っと飛び出して、スマホの画面いっぱいに動き出す楽しさに、朝の情報番組スッキリで紹介していた司会の加藤さんも、童心に返って暫し動くらくがきに夢中になっていました。

 

スマホアプリは新作が増えて、アート関連では大人の塗り絵「Happy Color 数字で塗り絵」や、描いた絵が9種類のアニメーションと一緒に現れ消滅する「星でお絵かきAR」、ブロックを組み合わせて作る「ARメーカー」、空間上に自由に絵を描き撮影した動画をシェアできる「Wafty」や、3Dの絵を描く「絵を描く世界」、そして今回紹介された「らくがきAR」などがあります。

 

そもそも「AR」とはどんな意味なのか調べてみたので、一緒に見ていきましょう!

「AR」とは?

Augmented Realityの略で、AR(エーアール)は拡張現実感を表現しています。

 

 

これは実際の景色や地形、感覚などにコンピューターを使用して情報を加えていく技術を示します。

 

 

ARに似ている言葉で「VR」がありますが、VR(バーチャルリアリティー)仮想現実を示し、特殊なゴーグルを使って覗き込むと、箱庭のような別空間が体験できる仕組みになっています。

 

 

アプリを使って気軽に遊べるARで、自分独自のアートの世界観を味わってみるのも良いですね。

 

 

 

 


らくがきARについて

 

Apps総合ランキング1位にランクインした「らくがきAR」は、デジタルえほんアワード2019のグランプリを受賞したアプリです。

 

みんなが思い描いた「自分の描いたものに、命が吹き込まれたら」という想いを具現化させたアプリで、ノートやホワイトボード、その他の場所に描いたらくがきでも、このアプリでスキャンするだけで命が吹き込まれて、スマホを通してバーチャルな空間を自由に歩き出します。

 

 

命を吹き込んだら、実際にテーブルに置いてあるご飯をあげたり、指でらくがきをつついてみたりと楽しむことができます。

 

 

無料期間中(2019年)にダウンロードした場合は、継続して無料で使用でき、例えアンインストールしてしまい再度インストールしたとしても、1度無料でダウンロードされている場合には課金されることはありません。

 

 

しかしこれから入手する場合には120円かかってきます。

 

 

 

 


大人でも楽しめるアート

 

手足を動かして移動したり、飛び跳ねたりするので目で楽しむことができます。

 

 

スッキリでも司会の加藤浩次さんが、童心に返ったように楽しまれていました。

 

 

加藤さん、春菜さん、水トさんのキャラクターアートが浮かび上がり、初めはテーブルの上で踊っていましたが、そのうちテーブルから床に落ち、それでも加藤さんのイラストだけは床の上を移動していました。

 

 

よく授業中ノートにらくがきして遊んだり、仕事中にメモ代わりにイラストを描いて残したりと、今まではそこまでの作業で終わっていましたが、3Dの世界で命を吹き込まれ存在しているなんて凄い世の中になってきました。

 

 

それもプロのイラストレーターではなく、一般の人が簡単に3Dの世界を飛び出した自分のオリジナルキャラクターで、体験できるので驚きです。

 

 

 

 


まとめ

実際にらくがきARで遊んだ人の評価を見ましたが、星4つでiPadでも使えるので嬉しいというコメントがありました。

 

飛び出したキャラクターを指でつついて吹っ飛ばすことはできますが、欲を言えば撫でることができたらもっと良かったと書いてありました。

 

背景が真っ白な紙にハッキリ描くと、飛び出しやすいみたいです。

 

 

真っ白な紙にぬいぐるみを置いてスキャンは反応しないようです。

 

 

制限の範囲内で遊ぶには、とても面白いアプリだと思いました。

 

 

 

10年以上も前に流行った「たまごっち」から、あっという間にここまできてしまったなんて、時代の変化の加速に驚かされるばかりです。

 

 

終戦から75年経ち、いろいろな面で復旧復興をしてきて、ここまで便利に進化させてきたなんて日本人の凄さを改めて実感しました。

 

 

今後AI(人工知能)も進化し続け、ペッパー君のように人間の感情を持つロボットが開発されていくのだと思うと、ちょっと複雑な気持ちです。

 

 

安全に便利に使用して、生活に少しでもゆとりができると良いですね。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

りゅうちぇるの実姉・シンガーソングライターの比花知春(ひがちはる)は、アメブロにて芸能活動にピリオドを打ち、その思いを語る

りゅうちぇるは運転中に物損事故を起こし、ツイッターで謝罪の言葉を述べ、りゅうちぇるの実姉 のシンガー

記事を読む

ソチオリンピック銅メダリストのデニス・テンが刺殺される! フィギュア界に旋風吹き荒れる

7月20日お昼の情報ライブミヤネ屋で、ソチオリンピックのフィギュアスケート銅メダリストのカザフスタン

記事を読む

岡本社長、22日14時から会見! 吉本興業のホームページ上では順を追って報告されているが、何故か腑に落ちない点ばかりが浮上してくる・・・闇営業を仕掛けた人物とはいるのか?

朝の情報番組スッキリ!で、視聴者も疑問に感じていた部分にメスが入り、吉本興業の株主10社(在京5社・

記事を読む

自虐ネタは、自慢話しに捉えられると、自滅ネタになる? 孫さんとホリエモンの違い

ソフトバンクの孫正義さんがホリエモンこと堀江貴文さんほどパッシングを受けないのは、自虐ネタが上手いか

記事を読む

新型コロナウイルスへの影響で、全国的なスポーツや文化イベントなどの開催は、中止か延期の措置への要請

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、全国的なスポーツや文化イベントなどの開催は、中止か延期

記事を読む

ビル・ゲイツとマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン、Wikiプロフィール、癌の合併症で死去!

米マイクロソフトの創業者であるポール・アレンが、10月15日に癌の合併症で65歳で亡くなったことを家

記事を読む

国内外72組がカバー、中島美嘉の「雪の華」は国も世代も超え世界のファンを魅了する歌に・・・映画は2月1日から公開!

「今年最初の雪の華を~~♪」と歌う、歌手の中島美嘉さん(35)が平成15年に発表した大ヒット曲「雪の

記事を読む

「東京オリンピックには出られないかもしれないけど、4年後頑張ってください!」と山根明会長。 吉森副会長は「会長職を辞め、理事の立場も辞任すると思います」と山根会長について語っている。

日本ボクシング連盟、アマチュアボクシング界に43年間に渡り君臨してきた山根明会長(78才)が、28才

記事を読む

「走行税」導入は、電気自動車普及による、ガソリン税減少の対応策なのか? すでに導入している国とは?

「走行税」とは、走行距離に応じて課税・徴収する税金のことで、電気自動車の普及に伴い、ガソリン税が減少

記事を読む

リモートワークが広がり、都心から離脱する人々が増えている・・・リモートワーク向きの仕事とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークを推奨している会社が増え、GoogleやFaceb

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







婚活マッチングアプリでカップルへ・・・新婚生活で60万円の補助金取得「結婚新生活支援事業」とは?

結婚したい人のための「婚活マッチングアプリ」の登録者数が増加していて、

(簡単)自宅でコロナ検査ができる! PCR検査キットが郵送され、唾液による簡単検査でお悩み解消~

自宅にいながら、コロナに感染しているのかどうかの検査が簡単にできる「P

「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も充実

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

骨粗しょう症の検査で「大腿骨骨折」のリスクを避け、健康寿命を延ばそう! 寝たきり生活を避けるため骨折注意

日本人の平均寿命は男性が83歳、女性は86歳と言われていて、年々医療費

リモートワークが広がり、都心から離脱する人々が増えている・・・リモートワーク向きの仕事とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークを推奨している会社が

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑