*

転職して後悔、ショック! なぜ転職に失敗したのかが気になる・・・転職を成功させる思考とは?

公開日: : 生活, 仕事

前職に見切りをつけて転職しても、以前より納得できない状況で仕事を続ける意欲がなくなり、食欲不振や睡眠不足などにより体調を崩したり、精神的ダメージが大きくうつ状態になってしまっては意味がありません。

 

今の仕事は自分に向かないとわかった時点で即行動に起こすことは良いのですが、転職先をしっかりリサーチして後悔のないように決めていった方が良いですね。

 

会社のどんなところに焦点をおいて確認していけば良いのか、一緒に見ていきましょう。

 

転職希望先の確認

 

仕事の内容は、自分のやりたいことか

 

 

社風は自分の考え方と合っているか

 

 

給与や賞与、福利厚生や有休など、納得のいく内容か

 

 

残業など週どのくらいあるのか(サービス残業についても確認)

 

 

会社の年齢層も確認(平均年齢が低いと先輩が全員年下の場合がある)

 

 

通勤距離や勤務時間など無理な状態ではないか確認

 

 

 

その他、社員のスキルなども確認できたら聞いてみて、入社後すぐに即戦力になれるのかも重要ポイントになります。

 

 

営業ノルマがキツイところは長続きしないので、ブラックであるのかをしっかり知る必要があります。

 

 

 

 


失敗した転職例

 

ネットの相談窓口で公開されていた転職失敗例ですが、質問者の人間性を疑ってしまい、回答者にも質問者の考え方や行動など指摘されていました。

 

せっかく転職したのに本領発揮できずに、人間関係でぎくしゃくして仕事に打ち込めなくなるのなら、以前勤めていた会社で定年退職まで働いた方が幸せなのかもしれません。

 

 

質問者は出戻り転職をやって失敗しています。

 

 

ある総合商社の営業部に入社し、成績優秀で35歳の時に最年少で営業課長に昇格し、プライベートでは妻子がいて順風満帆の生活をおくっていました。

 

 

ある時、もっと視野を広げて自分を試したいと、同業者である他の会社に転職することを決意し、現在の会社からは何とか留まってくれないかと頼まれましたが、40歳の時に転職を決意しました。

 

 

しかし転職先の上司や同僚が自分より年下だったので、声をかけられることもなく、歓迎会もやってもらえず、机に座っているだけの時間が3ヶ月続きました。

 

 

上司には相談しましたが、社内の受け入れ態勢は変わらなかったために1年で退職し、41歳で以前の会社に出戻ったのです。

 

 

一からのスタートとなり、元部下が上司となっていて、部署での飲み会で席を立った時に、人間性を否定するような内容の話しを皆がしているのを立ち聞きしてしまいます。

 

 

その後、社内の会話が気になり出し、仕事で外出する時は机にボイスレコーダーをセットし、会話をきくようになりました。

 

 

 

表面上は以前と同じように接してくれているのですが、裏では人間性を否定するような言葉が交わされていたのです。

 

 

取引先とは、以前と同様に付き合い順調に売り上げを伸ばし、部署で1番の成績にはなったのですが、社内評価はとても悪く、給料も以前と比べとても安いのです。

 

 

新人としての入社なので、営業成果は全て上司(元部下)に反映され、仕事をするのが嫌になりました。

 

 

 

そしてうつ病の診断も受け、42歳になった現在どうすればいいのか悩んでいる状態です。

 

 

 

今は、35歳の最年少課長だった時のことを思い返す毎日です。

 

 

 

もう転職する気力は残っていないので、どなたかアドバイスしていただけないでしょうか。

 

 

 

 


転職失敗例に対する回答

 

なぜ40歳で転職しようと思ったのか疑問ですが、チャレンジ精神でというのなら他の方法もあったと思います。

 

 

転職先が同業界ってことは、ライバル会社になります。

 

 

以前の会社からしてみれば裏切り者になるし、退職する時なんとか留まってくれないかと言われていたにも関わらず転職して、そして向こうで上手くいかずに出戻ってきたなんて、どういう神経をしているのかわかりません。

 

 

出戻り入社の時は、どのように以前の会社は受け入れてくれたのでしょう。

 

 

 

営業成績は優秀で仕事はできると思いますが、人間関係の構築が下手なようなので、人情に頼った出戻りはしないほうがよかったと思います。

 

 

 

営業が得意であれば、外資系などの成果主義で歩合色の強い会社の方が、人間関係もドライで合っていると思います。

 

 

 

 


まとめ

 

転職するにもしっかりとリサーチすることと、将来の予測を立てることが必要だと思います。

 

 

今の仕事では物足りなく、もっと上を目指して冒険してみたいという気持ちが、今回のような出戻り転職のような失敗を招いたのだと思います。

 

 

まだまだ若いのだからやり直しは充分きくと思いますが、家族を養う立場にあるのにうつ症状があるなんて心配ですね。

 

 

失敗から学ぶことってあると思うので、この失敗を成功の道へ導く思考が必要になります。

 

 

まずは人間関係の構築から進めていき、信頼できる自分と信頼できる仲間を作ることが大切です。

 

 

仕事は一人ではできませんから・・・特に会社に属していれば。

 

 

今後の課題はたくさんありそうですが、思考の変化で乗り越えていかれると思うので、大丈夫ですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

ピース綾部、渡米直後に世界デビュー! 世界190ヶ国放送の番組出演が明らかに・・・

11月20日から世界190ヶ国で独占配信されるNetflixオリジナルシリーズ「ファイナル・テーブル

記事を読む

コインランドリー市場、需要拡大! コインランドリー投資の成功の理由とは?

コインランドリー市場が日本全国に約600店舗と拡大し、WASHハウスと呼ばれるランドリーハウスが清潔

記事を読む

7月13日のスッキリタッチで紹介! 乃が美の食パンとワンカルビ焼肉の人気の秘密に迫る

乃が美の「生」食パンは、真ん中から割いて食べるのが一番美味しい食べ方で、生地に生クリームとハチミツが

記事を読む

ZOZOが12月10日、中国でZOZOTOWN「ZOZO」の提供を開始!約7年ぶりの再参入で巻き返しを狙う?

ZOZOTOWNが次なるターゲットとしているのが中国市場で、ADAM ET ROPE'やCIAOPA

記事を読む

草津国際スキー場の噴石

地元でも、まさかの想定外の出来事が起きてしまいました。   2018年1月23

記事を読む

二宮金次郎が背負っているのは「蒔(まき)」ではなく、昔話に出てくる「桃太郎」のお爺さんが山へ刈りに行った「柴(しば)」だった。 金次郎が唱えた報徳訓とは?

二宮金次郎(二宮尊徳)が読書しながら、背負っているのは雑木(小枝)などの柴で、それを売って小遣い稼ぎ

記事を読む

アビガンの原料、中国依存で国内生産に時間がかかる・・治療薬開発急ピッチ!

アビガンは、富士フイルムホールディングスの抗インフルエンザ薬で、今注目かされていますが、その原料を中

記事を読む

花粉症対策グッズ 今年も花粉の飛び交う季節が・・・手元に置きたい花粉症対策グッズとは?

花粉の季節は本当に辛いという方が年々増えてきていて、新陳代謝が活発な若年層に増えてきていますが、花粉

記事を読む

確定申告の時期は税務署が大賑わい! 一体いつの時期に行けばスムーズに作業が進むのでしょう?

1月~3月のこの時期は確定申告のために、税務署職員や臨時職員が大忙しで、休憩なしで業務をこなしている

記事を読む

夏用マスクの素材に適してるもの 冷感素材で気分もリフレッシュ!

夏用のひんやりと冷たさが持続して、つけていて負担に感じないマスクの需要が高まっている中、各メーカーや

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







気になる職業適性診断と心理学的にみた検知・・・将来あなたはどんな仕事につくのが理想的?

就職する時は、仕事内容が本当に自分に向いているのか? 本当に長く続けら

適職に転職するために四柱推命で占い、確実に自分に向いている職業を見つけてみよう! 楽しく仕事をするための必須診断

四柱推命とは、中国に伝わる陰陽五行説を元にして命運を占う方法で、その中

(危険)ウォーターサーバーの水に雑菌が繁殖・・・浄水型ウォーターサーバーは安全なの?

ウォーターサーバーの水は大変便利で、ワンタッチで冷水や熱湯がカップに注

貧困は格差社会に反映され、子どもの教育や就職の選択範囲も狭まる・・・夢や希望を奪う避けたい状況?

国内の6人に1人の子どもは貧困状態にあると、厚生労働省の調査で確認され

感受性が強く、社会への適応能力が低く内向的(HSP)で、相手の気持ちに左右されやすい性格の人のメリット・デメリットとは?

最近「HSP」という言葉をよく目にするようになりましたが、感受性が強く

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑