*

転職して後悔、ショック! なぜ転職に失敗したのかが気になる・・・転職を成功させる思考とは?

公開日: : 生活, 仕事

前職に見切りをつけて転職しても、以前より納得できない状況で仕事を続ける意欲がなくなり、食欲不振や睡眠不足などにより体調を崩したり、精神的ダメージが大きくうつ状態になってしまっては意味がありません。

 

今の仕事は自分に向かないとわかった時点で即行動に起こすことは良いのですが、転職先をしっかりリサーチして後悔のないように決めていった方が良いですね。

 

会社のどんなところに焦点をおいて確認していけば良いのか、一緒に見ていきましょう。

 

転職希望先の確認

 

仕事の内容は、自分のやりたいことか

 

 

社風は自分の考え方と合っているか

 

 

給与や賞与、福利厚生や有休など、納得のいく内容か

 

 

残業など週どのくらいあるのか(サービス残業についても確認)

 

 

会社の年齢層も確認(平均年齢が低いと先輩が全員年下の場合がある)

 

 

通勤距離や勤務時間など無理な状態ではないか確認

 

 

 

その他、社員のスキルなども確認できたら聞いてみて、入社後すぐに即戦力になれるのかも重要ポイントになります。

 

 

営業ノルマがキツイところは長続きしないので、ブラックであるのかをしっかり知る必要があります。

 

 

 

 


失敗した転職例

 

ネットの相談窓口で公開されていた転職失敗例ですが、質問者の人間性を疑ってしまい、回答者にも質問者の考え方や行動など指摘されていました。

 

せっかく転職したのに本領発揮できずに、人間関係でぎくしゃくして仕事に打ち込めなくなるのなら、以前勤めていた会社で定年退職まで働いた方が幸せなのかもしれません。

 

 

質問者は出戻り転職をやって失敗しています。

 

 

ある総合商社の営業部に入社し、成績優秀で35歳の時に最年少で営業課長に昇格し、プライベートでは妻子がいて順風満帆の生活をおくっていました。

 

 

ある時、もっと視野を広げて自分を試したいと、同業者である他の会社に転職することを決意し、現在の会社からは何とか留まってくれないかと頼まれましたが、40歳の時に転職を決意しました。

 

 

しかし転職先の上司や同僚が自分より年下だったので、声をかけられることもなく、歓迎会もやってもらえず、机に座っているだけの時間が3ヶ月続きました。

 

 

上司には相談しましたが、社内の受け入れ態勢は変わらなかったために1年で退職し、41歳で以前の会社に出戻ったのです。

 

 

一からのスタートとなり、元部下が上司となっていて、部署での飲み会で席を立った時に、人間性を否定するような内容の話しを皆がしているのを立ち聞きしてしまいます。

 

 

その後、社内の会話が気になり出し、仕事で外出する時は机にボイスレコーダーをセットし、会話をきくようになりました。

 

 

 

表面上は以前と同じように接してくれているのですが、裏では人間性を否定するような言葉が交わされていたのです。

 

 

取引先とは、以前と同様に付き合い順調に売り上げを伸ばし、部署で1番の成績にはなったのですが、社内評価はとても悪く、給料も以前と比べとても安いのです。

 

 

新人としての入社なので、営業成果は全て上司(元部下)に反映され、仕事をするのが嫌になりました。

 

 

 

そしてうつ病の診断も受け、42歳になった現在どうすればいいのか悩んでいる状態です。

 

 

 

今は、35歳の最年少課長だった時のことを思い返す毎日です。

 

 

 

もう転職する気力は残っていないので、どなたかアドバイスしていただけないでしょうか。

 

 

 

 


転職失敗例に対する回答

 

なぜ40歳で転職しようと思ったのか疑問ですが、チャレンジ精神でというのなら他の方法もあったと思います。

 

 

転職先が同業界ってことは、ライバル会社になります。

 

 

以前の会社からしてみれば裏切り者になるし、退職する時なんとか留まってくれないかと言われていたにも関わらず転職して、そして向こうで上手くいかずに出戻ってきたなんて、どういう神経をしているのかわかりません。

 

 

出戻り入社の時は、どのように以前の会社は受け入れてくれたのでしょう。

 

 

 

営業成績は優秀で仕事はできると思いますが、人間関係の構築が下手なようなので、人情に頼った出戻りはしないほうがよかったと思います。

 

 

 

営業が得意であれば、外資系などの成果主義で歩合色の強い会社の方が、人間関係もドライで合っていると思います。

 

 

 

 


まとめ

 

転職するにもしっかりとリサーチすることと、将来の予測を立てることが必要だと思います。

 

 

今の仕事では物足りなく、もっと上を目指して冒険してみたいという気持ちが、今回のような出戻り転職のような失敗を招いたのだと思います。

 

 

まだまだ若いのだからやり直しは充分きくと思いますが、家族を養う立場にあるのにうつ症状があるなんて心配ですね。

 

 

失敗から学ぶことってあると思うので、この失敗を成功の道へ導く思考が必要になります。

 

 

まずは人間関係の構築から進めていき、信頼できる自分と信頼できる仲間を作ることが大切です。

 

 

仕事は一人ではできませんから・・・特に会社に属していれば。

 

 

今後の課題はたくさんありそうですが、思考の変化で乗り越えていかれると思うので、大丈夫ですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

乳がんで右乳房の全摘手術したことを公表・・・元おニャン子クラブの生稲晃子、闘病生活から学んだこと!(後編)

2011年3月に乳がんの告知をされてから、2年の間に2度の再発を経験し、主治医に右乳房の全摘出をすす

記事を読む

乳酸菌とオリゴ糖で便秘と肌荒れ解消! 適度な水分と運動でダイエット効果あり

ダイエットに欠かせない腸内環境を整えるビフィズス菌が豊富なヨーグルトや、食物繊維が摂れる生野菜、低カ

記事を読む

りゅうちぇるの両肩のタトゥーは本物?? インスタで告白、シールじゃないよ。

1児のパパになった、りゅうちぇるが両肩に妻と子供の名前のタトゥーを入れたことを自身のインスタグラムで

記事を読む

新型コロナウイルス感染拡大に待ったをかける状態で、政府が緊急事態宣言の発令可決

新型コロナウイルスを含む「新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案」が、13日参議院本会議で可決成立

記事を読む

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取組み 3月2日からの臨時休校に待ったをかけた県とは?

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための、小中高校や特別支援学校などの臨時休校に対し、準備不足や感染

記事を読む

温暖化注意報!今年の夏も地球は高温に?フランスで45度9分を記録し、ヨーロッパで記録的暑さ

温暖化が加速し、地球のどこもかも熱を持ち、ヨーロッパでは既に記録的な猛暑が続き、死者も続出している状

記事を読む

引退原因はまさかの声帯? 安室ちゃんが7年前から絶不調だったことを告白!

2018年9月16日に引退した、歌手・安室奈美恵さんのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 平成史

記事を読む

憂鬱でたまらない・・・これは「うつ病」なの? 体の痛みもあるから専門医に相談し、カウンセリング も受けてみた

心から元気の「気」がなくなると、憂鬱で心が沈んだり、引きこもって人と会話できなくなったり、体調不良が

記事を読む

「人工甘味料」は腸内細菌の環境を破壊し、老化を早める? アンチエイジング効果で若さと健康を!

ダイエットのため、砂糖の代わりに「人工甘味料」を使った食品を摂取する人たちが増え、低カロリーの食品で

記事を読む

「オッケーGoogle お化け屋敷に連れていって!」 AIアシスタントで生活に幅が・・・

2018年8月25日から9月2日まで、東京都渋谷区の表参道「SO-CAL LINK GALLERY」

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







住みたい都道府県ランキングとGO TO トラベル除外地域との関連性・・・住んでみたい都道府県は観光名所なの?

コロナ禍の影響でコロナウイルスの感染が拡大し、過去最悪の状態になってい

11月25日〜フランフラン(Francfranc)がウーバーイーツ(Uber Eats)のデリバリーサービスを利用 インテリア雑貨も出前で到着!

インテリア雑貨のフランフラン(Francfranc)は、フードデリバリ

ダイエットに今が旬の柿をどうぞ! アンチエイジング効果もあり美しく痩せられる?

コロナ禍の中、スポーツジムへ通ったり集団でのスポーツなどなかなかできな

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も

食前・食後のウォーキングの効果と継続のコツ・・・ダイエットには食前に! 健康を考えるなら食後に!

最近ウォーキングしている人が増えてきていますが、食前・食後でどのような

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑