*

日本の食文化と、参勤交代と、好奇心!

公開日: : 最終更新日:2018/07/01 生活

前回のお話しでは、和食以外の海外の料理がアレンジされて、日本食として各家庭の食卓に上がっているというお話しをしてきましたが、実はそれには、江戸の屋台と参勤交代が大きく関わっていたのです。

 

1657年に江戸で起きた明暦の大火により、復興の為に各地から職人たちが集まり、それにより食文化にも変化が現れ、屋台が登場しました。

 

屋台が集まる屋台街では、早く料理が提供できるように工夫され、今の代表的な和食が出来上がっていきました。

 

 

お寿司も関西の押し寿司のように、調理時間がかかる料理は屋台には合わない為、予めご飯に赤酢を混ぜて、その場で握って食べる「握り寿し」が誕生しました。

 

せっかちな江戸っ子には、握り寿しは革命的なお寿司だったのですね?

 

他にも鹿児島のさつま揚げが、江戸の屋台で「天ぷら」として登場しました。

 

さつま揚げは、魚のすり身から作られているのですが、新鮮な魚が獲れる江戸では、そのままの食材を使って、ごま油で揚げました。

 

そして屋台では串に刺して、1本4文(約63円)で売られていました。

 

 

そしてそして、一番進化を遂げたのがお蕎麦だったのです。

元々はかたまり状で食べる「蕎麦がき」が主流だったのですが、信州から安くそば粉が手に入り始めて、2割の小麦粉をつなぎとして加え作られた「二八蕎麦」が、屋台の定番料理になりました。

麺が細いので、茹で上がり時間も短縮でき、屋台では熱々のお蕎麦がすぐ食べられました。

そして屋台街では、色々な食材が混在していたので、天ぷらとのコラボで、天ぷら蕎麦としても楽しまれました。

 

 

 

江戸では一年置きに、1000人以上規模の大移動がありました。

 

参勤交代です。

 

 

これは徳川幕府が、長い間権力を握っていたことを象徴する出来事で、江戸への移動にかかる出費から各藩が大きくならないように考えられた戦略の一つだったのです。

 

加賀の前田家に保管されている参勤交代の絵図の巻物は全長30mもあり、その中に描かれているのは、茶弁当持ちや、茶の湯の手配給仕をする茶坊主、医者や料理人、そして食器や調理道具入れを持つ膳所長持、またお米やお風呂など全て日常的に必要なものを持って江戸まで移動しました。

 

参勤交代は軍役奉仕として行われ、約1000人規模から加賀藩の約4000人までが、江戸への大移動を行いました。

 

加賀藩の場合は、片道平均12泊13日で2億円もかかったそうです。

 

全国270もの大名達が、絶えず江戸と往き来していた参勤交代によって、江戸の人口が推定100万人になり、中国北京を超しました。

江戸 100万人
北京 90万人
ロンドン 86万人
パリ 54万人

 

参勤交代は経済効果ばかりではなく、食文化にも多大な影響がありました。

 

其々の場所の郷土料理が集まり、江戸へ行くと屋台街で何でも食べられる、今の日本の食文化がこの時完成されていたのです。

 

そしてそこに日本人が持つ好奇心が拍車をかけ、他国の文化をどんどん取り入れていくようになったのです。

 

 

ペリー提督も述べているように、

「我が国アメリカの独創的な発明品の数々を見せると、彼ら(日本人)は隅々までのぞき込み、あちこちの寸法を測ったり、目に触れるものはなんでも独特の流儀で写生したりした」

 

・・と、このように日本人の好奇心と探究心は、海外の人を驚かせるものがありました。

 

歴史の教科書にも出てきましたが、種子島の火縄銃なども研究を重ねて、改良されていきました。

日本人の好奇心の強さは、一体どこからくるのかを考えると、日本は島国で国内で生き残っていく為には、いち早く外からの情報をキャッチしていかなければならなかったと考えられます。

 

そして研究して新しいものを開発していくことができる者が、勝者として君臨することができると考えられていたのではないかと思われます。

 

 

 

今回のまとめとして、外国の文化に臆さない好奇心が、カレーやラーメンをも日本の味に変えていったと考えられます。

 

江戸の参勤交代と、江戸で起きた大火災からの復興と、日本人の持つ好奇心から、食文化も変化していったなんて、本当に日本人は恐るべしですね?

 

日本人として、ちょっと誇らしく思いました。

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

日本人の健康オタク度がわかる記事も合わせてご覧ください。

 

健康オタクの国、日本! それには歴史的な背景が・・・

 

引用:カフェちっくな日常

 

 

 

ご感想などもお気軽に、コメントしてみてくださいね!

 

また次回、カフェちっくな場所でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 


時代劇などの映画やドラマも見放題! 大名行列は通過するのに3日かかるってホント?

スポンサードリンク







関連記事

寒暖差アレルギーによる咳、ちょっとした対処法! 効き目ある食べ物・飲み物とは?

10月24日のスッキリ!で紹介された「寒暖差咳」について、即実践でき家庭でできる対処法で、ある食材を

記事を読む

514店舗あるスシローに、回転寿司ならではのサイドメニューが登場! まぐろを使ったラーメンが人気№1になった秘密・・・

回転寿司はファミリー層に人気で、レーンのお寿司だけではなく、タッチパネルで注文するサイドメニューが充

記事を読む

35周年のディズニーランドで何かが起こる予感! 平成最後のクリスマスは、最高のクリスマスを・・・第3弾

東京ディズニーランドが今年で35周年を迎え、ますますアトラクションも充実して、11月8日からクリスマ

記事を読む

SNSの種類と、使いやすさと煩わしさ 「いいね!」される率の高さなどの実経験のまとめ ~ミクシーをピックアップ!~

フェイスブックやインスタグラム、ミクシーやアメーバブログ、LINEやツイッター、ユーチューブ、そして

記事を読む

タピオカミルクティーは台湾で人気! そして2019年の日本で爆発的人気に・・・原料キャッサバには毒性があった?

タピオカやキャッサバという言葉を最近よく耳にするようになり、パンナコッタやナタデココのような一大ブー

記事を読む

ついに日本にもカジノが・・・ 与党賛成多数で統合型リゾートの実現へ・・・

19日の衆院本会議で与党などの賛成多数で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が可決され、日本

記事を読む

まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」が今注目されている・・・恵方巻が大量処分に!

最近廃棄のニュースが多く、豚コレラにより岐阜県を中心に大量な豚たちが殺処分されたという報告があり、人

記事を読む

ピース綾部、渡米直後に世界デビュー! 世界190ヶ国放送の番組出演が明らかに・・・

11月20日から世界190ヶ国で独占配信されるNetflixオリジナルシリーズ「ファイナル・テーブル

記事を読む

日本一の高層ビルが虎ノ門・麻布台に? 商業施設とインターナショナルスクールが隣接し、2023年に日本のメインタワーが誕生する

東京虎ノ門・麻布台の東京ドーム2個分の敷地に、地上330メートル(64階建て)の東京タワーと並ぶ高さ

記事を読む

草津国際スキー場の噴石

地元でも、まさかの想定外の出来事が起きてしまいました。   2018年1月23

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







日本一の高層ビルが虎ノ門・麻布台に? 商業施設とインターナショナルスクールが隣接し、2023年に日本のメインタワーが誕生する

東京虎ノ門・麻布台の東京ドーム2個分の敷地に、地上330メートル(64

さすが中国、クローンペットビジネスで、中国のペット業界は急成長!

世界初のクローンペットが誕生したのはイギリスで、1996年7月に羊のド

ノルウェーの王女が交際相手のシャーマンと一緒に、スピリチュアル講演活動でお金儲け?

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女は、天使や死者とのコミュニケーショ

情報発信ビジネスのメリット・デメリット と、陥りやすい罠、腹落ちさせる技とは?

ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネ

地球温暖化で、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの取り組み中、炭酸ガス(CO2)が不足し、ビールや清涼飲料水の製造工場に問題が直撃!

2018年に引き続き今年の夏も気温が上昇し、ビールや炭酸飲料が炭酸ガス

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑