100%天然由来の白髪染めでコスパに優しく、メラニン色素を増やしていつまでも若々しく健康的に!

最近はヘアカラーも充実してきて、白髪染めも自宅でお手軽にできる泡タイプのものが出ていて、その中には100%天然由来の着色成分などもあるので体にも優しく、コスパに優しいものもあり、空いた時間に染めることができるので大変お手軽にできます。

 

また歳とともに減少していくメラニン色素により、白髪の本数が増え、白髪染めの回数や間隔が短くなっていくので、メラニンの減少を抑える食べ物についても調べてみたいと思います。

 

なぜ加齢により、メラニン色素は減少していくのでしょう?

 

若い頃はツヤがあり、日本人形のような綺麗な黒髪をキープできていたのに、いつの間にか髪にもコシが無くなり白髪交じりになって、歳をとるとパサパサと乾燥していく髪質になります。

 

 

毛母細胞の周りにはメラノサイトと呼ばれる細胞があり、メラニン色素はこのメラノサイトで作られています。

 

加齢が原因で減少しているのはチロシナーゼ酵素で、食物に含まれるチロシン物質チロシナーゼ酵素に働きかけメラニンが作られているのですが、そのチロシナーゼ酵素が減ってきているので、白髪は増えていくのです。

 

 

白髪は遺伝やストレス、食生活の乱れからも増えていると考えられます。

 

 

 

髪の色は 国によってもメラニン色素の量が違い、髪の色に変化が見られます。

 

 

こちらの記事も、是非参考にしてみてくださいね。

 

髪の色は赤道に近い遠いに関係あり?「メラニン色素」の多い少ないで、髪の色が金髪・栗色・黒色まで変化・・・そして人種差別も・・・

 

 

 

 


泡で染める白髪染め

 

 

 

市販で売られている白髪染めには、A剤とB剤と混ぜ合わせて櫛で髪に付けていくタイプと、泡で全体に馴染ませていくタイプがあります。

 

 

 

どちらもカラーを選べて仕上がりは綺麗ですが、最近100%天然由来成分の白髪染が出て、体にも良さそうなので、そちらも是非試してみたいですね。

 

 

髪の毛が短い人や、生え際だけ気になる人の為に、コスパ的に優しく、取り置きできる白髪染めもあるので、どれが自分に合うのかを決めてから使ってみると良いと思います。

 

 

 

 

 


メラニン色素を増やす方法

 

食べ物の中にメラニン色素を増やすことができる物があり、毎日バランスよく摂り入れることで、健康的になっていきます。

 

 

人参やほうれんそう、トマトや赤ピーマンなどのビタミンAや、カボチャやモロヘイヤ、ナッツやクルミ、オリーブオイル、魚介類などのビタミンEや、ビタミンBやDなども積極的に摂っていくと、メラニン色素を増やすことができて、白髪にも良いです。

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

髪や肌にツヤがあると、いつまででも若々しくいられて、人生楽しいと思います。

 

 

特に女性は着る服やアクセサリーでお洒落もできて、生き生きと毎日をおくることができます。

 

 

食べ物に気を付けながら、白髪染めにも天然成分のものを使って体の負担を軽減できれば、いつまでも若々しく健康的な毎日がおくれます。

 

 

 

お互い健康には注意しながら過ごしたいですね。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)