*

偉大なる芥川賞、直木賞 その裏側にあるドラマも作品の一部?

公開日: : 最終更新日:2018/11/16 芸能, 生活

前回の記事では、芥川賞候補作品での一部表現の類似問題について取り上げてみましたが、その続きとして以前に芥川賞を受賞した作家さんのキャラクターについて触れてみたいと思います。

 

 

 

私はベストセラーとなった本の中でも、タイトルに魅力がある本は読んでみたくなります。

 

例えば、村上春樹さんの「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」など、本の表紙からして魅力的で、内容が気になりつい手に取って読んでみたくなります。

 

 

1Q84は2009年から2010年にかけて、3巻を新潮社から発行し、ベストセラー本になりました。

 

 

 

 

 


「共喰い」

 

 

その後話題の人となったのが、2012年に芥川賞を受賞された「共喰い」の田中慎弥さん(集英社発行)で、独特のキャラクターを持つ人物の田中さんは、どんな著書を書いているのかを知るために、「共喰い」や前作を読んでみました。

 

 

 

 

 

前東京都庁の石原慎太郎さんが、田中さんの作品は芥川賞には値しない内容だと批判していましたが、読み終わってみて「なるほど~」と私も思いました。

 

 

田中さんは前都知事のコメントに対して、真っ向から勝負するような態度で、受賞したのは私だから、芥川賞ももらっといてあげる的な、上から目線のコメントを残したことでも話題を呼びました。

 

 

 

テレビ取材で、受賞のお祝いに執筆用のパソコンをプレゼントしますの回答にも、パソコンは使ったことがないので、もらっても嬉しくないです・・鉛筆をたくさんもらった方が嬉しいということを告げて、本当にたくさんの鉛筆をプレゼントされて喜んでいました。

 

 

 

 

神経質そうで、眼球は始終キョロキョロと動いているような、何かに怯えた感じに見えたのは私だけでしょうか?

 

 

 

田中さんは引きこもりで、また母子家庭で、母親が仕事をかけもちしながら生計を立てている状態で、自分が執筆活動をして恩返しをしようとしていた矢先の受賞だったので、喜びもひとしおだったのではと思います。

 

 

 

文頭にも出てきた村上春樹さんの作品のような、ベストセラーになった本は一切読まないという徹底ぶりで、独自路線で書き進めていますが、引きこもりで独身を貫いている田中さんには人生の経験も少なく、勤め人でもないので世間に揉まれることもなく、強いて言えば家庭内が複雑ということだけですが、今ではそれも普通の光景に見えて、そういう方が書く作品はこうなるんだ・・と、空想の物語を読んでいる気分になりました。

 

 

読んだ人の中には、全く面白くなく、文章というより思想であり、自分の子どもには薦めたくない作品です・・のようなコメントもありました。

 

 

 

 

 

 

 


受賞の裏側にもドラマが・・・

 

 

 

 

菅田将暉さん主演の映画化にもなり、原作とは違い話しの続きが加えられ完結しているので、誰が観ても納得できるようなストーリーになっています。

 

田中さん自身も映画の内容には満足しているので、二度も脚光を浴びる作品になって良かったと思います。

 

 

やはり受賞の裏側にもドラマがあり、その世界で生きる私たちは、「人生は小説よりも奇なり」なのですね?

 

 

平凡に思える人生でも、波風がたったりすることもあり、感動することもあり、だから苦しみながら楽しみながら生きることができるのだと思います。

 

 

 

 

 

あなたの人生は、「小説よりも奇なりですか?」

その答えを知りたい方は、こちらをどうぞ!!

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

すごい!「東京タラレバ娘」終了後から「おっさんずラブ」の大ヒットで、今急上昇中の田中圭を知った帰国後の大島優子のコメントとは?

元AKB48のメンバーで女優の大島優子さんが、1年間のアメリカ生活を送り、今までの生活を見直しながら

記事を読む

コーキが中国で人気雑誌の表紙に初登場!「アジア最強新人」と紹介された

元SMAPの木村拓哉(45才)と、歌手の工藤静香(48才)の次女でモデルデビューを飾ったコーキ(15

記事を読む

「孤独のグルメ」のおっさんと「おっさんずラブ」のおっさん。おっさんが可愛い!おっさんが癒される?おっさんがトレンディー?おっさん旋風巻き起こる・・・

田中圭や吉田鋼太郎の「おっさんずラブ」や、松重豊がひたすら食べ続ける「孤独のグルメ」がまだまだ人気絶

記事を読む

ビル・ゲイツとマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレン、Wikiプロフィール、癌の合併症で死去!

米マイクロソフトの創業者であるポール・アレンが、10月15日に癌の合併症で65歳で亡くなったことを家

記事を読む

鉄腕アトムの「空飛ぶクルマ」が現実のものに! 2000万円台で、2023年の一般発売を目指し開発~

トヨタ自動車やパナソニックなどが支援する開発者グループの「カーティベーター」は、2023年に「空飛ぶ

記事を読む

確定申告の時期は税務署が大賑わい! 一体いつの時期に行けばスムーズに作業が進むのでしょう?

1月~3月のこの時期は確定申告のために、税務署職員や臨時職員が大忙しで、休憩なしで業務をこなしている

記事を読む

クレカ利用率の最多年齢は41歳~50歳! まだまだキャッシュレスに慣れていない日本

カードを持つことによってポイントが貯まったり、現金をお財布から出し入れする手間もなく、お財布の軽量化

記事を読む

引退原因はまさかの声帯? 安室ちゃんが7年前から絶不調だったことを告白!

2018年9月16日に引退した、歌手・安室奈美恵さんのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 平成史

記事を読む

冬の乾燥が深刻化! 体の乾燥注意報で、頭皮の乾燥にも気を配ることがベスト!

今年の冬は暖冬と言われ比較的過ごしやすい毎日を過ごしていますが、インフルエンザが拡大して集団生活を余

記事を読む

松屋のステーキは「いきなりステーキ」を超すコスパ強!「ステーキ屋松」恐るべし・・・三鷹店

松屋というと牛丼のイメージしかなかったのが、最近ステーキを扱う「ステーキ屋松」を始めて、元祖「いきな

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







肘掛(ひじかけ)がアメリカから上陸? 新幹線や飛行機の機内でのトラブル解消で、マナーを守り快適な時間を!

新幹線や飛行機の機内で、座席と座席の間にある肘掛(ひじかけ)の争奪戦を

土用の丑の日、令和元年7月27日(土)にウナギを・・・その「土用」とはいったい何?

よく土用の丑の日にウナギを食べると、夏バテしないと言って挙って食べに行

インスタで美少年「翔」が話題に! 嵐の翔くんから付けた名前の、ロスに住んでる日独ハーフの美少年「翔」のイケメンぶりとは?

Alex(アレックス)翔くん(13歳)は、今インスタグラムで話題の美少

キングコング梶原が、芸人引退とどまる ・・・YouTube登録者数がなんと、100万人突破!

キングコングの梶原雄太(38)こと「カジサック」が、ユーチューバーとし

「行列」編集してオンエアー! 黒い服は雨上がり「宮迫」?

反社会的勢力に対して「闇営業」を行い、謹慎処分となった雨上がり決死隊の

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑