*

偉大なる芥川賞、直木賞 その裏側にあるドラマも作品の一部?

公開日: : 最終更新日:2018/11/16 芸能, 生活

前回の記事では、芥川賞候補作品での一部表現の類似問題について取り上げてみましたが、その続きとして以前に芥川賞を受賞した作家さんのキャラクターについて触れてみたいと思います。

 

 

 

私はベストセラーとなった本の中でも、タイトルに魅力がある本は読んでみたくなります。

 

例えば、村上春樹さんの「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」など、本の表紙からして魅力的で、内容が気になりつい手に取って読んでみたくなります。

 

 

1Q84は2009年から2010年にかけて、3巻を新潮社から発行し、ベストセラー本になりました。

 

 

 

 

 


「共喰い」

 

 

その後話題の人となったのが、2012年に芥川賞を受賞された「共喰い」の田中慎弥さん(集英社発行)で、独特のキャラクターを持つ人物の田中さんは、どんな著書を書いているのかを知るために、「共喰い」や前作を読んでみました。

 

 

 

 

 

前東京都庁の石原慎太郎さんが、田中さんの作品は芥川賞には値しない内容だと批判していましたが、読み終わってみて「なるほど~」と私も思いました。

 

 

田中さんは前都知事のコメントに対して、真っ向から勝負するような態度で、受賞したのは私だから、芥川賞ももらっといてあげる的な、上から目線のコメントを残したことでも話題を呼びました。

 

 

 

テレビ取材で、受賞のお祝いに執筆用のパソコンをプレゼントしますの回答にも、パソコンは使ったことがないので、もらっても嬉しくないです・・鉛筆をたくさんもらった方が嬉しいということを告げて、本当にたくさんの鉛筆をプレゼントされて喜んでいました。

 

 

 

 

神経質そうで、眼球は始終キョロキョロと動いているような、何かに怯えた感じに見えたのは私だけでしょうか?

 

 

 

田中さんは引きこもりで、また母子家庭で、母親が仕事をかけもちしながら生計を立てている状態で、自分が執筆活動をして恩返しをしようとしていた矢先の受賞だったので、喜びもひとしおだったのではと思います。

 

 

 

文頭にも出てきた村上春樹さんの作品のような、ベストセラーになった本は一切読まないという徹底ぶりで、独自路線で書き進めていますが、引きこもりで独身を貫いている田中さんには人生の経験も少なく、勤め人でもないので世間に揉まれることもなく、強いて言えば家庭内が複雑ということだけですが、今ではそれも普通の光景に見えて、そういう方が書く作品はこうなるんだ・・と、空想の物語を読んでいる気分になりました。

 

 

読んだ人の中には、全く面白くなく、文章というより思想であり、自分の子どもには薦めたくない作品です・・のようなコメントもありました。

 

 

 

 

 

 

 


受賞の裏側にもドラマが・・・

 

 

 

 

菅田将暉さん主演の映画化にもなり、原作とは違い話しの続きが加えられ完結しているので、誰が観ても納得できるようなストーリーになっています。

 

田中さん自身も映画の内容には満足しているので、二度も脚光を浴びる作品になって良かったと思います。

 

 

やはり受賞の裏側にもドラマがあり、その世界で生きる私たちは、「人生は小説よりも奇なり」なのですね?

 

 

平凡に思える人生でも、波風がたったりすることもあり、感動することもあり、だから苦しみながら楽しみながら生きることができるのだと思います。

 

 

 

 

 

あなたの人生は、「小説よりも奇なりですか?」

その答えを知りたい方は、こちらをどうぞ!!

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

車の安全性チェックで、交通事故回避を! 高齢者ドライバーの急ブレーキ訓練の重要性と、家族の協力の必要性

高齢者の車の事故が多発している今、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が、自動車とチャイルド

記事を読む

吉田栄作が退社! デビュー作「ガラスの中の少女」から30年・・・個人事務所設立へ

俳優の吉田栄作(50才)が、大手芸能事務所の「ワタナベエンターテイメント」を退社して、今後は個人事務

記事を読む

(必見)行政書士の資格は、将来独立しても役に立つ? 資格試験の受験は60代でも大丈夫?

司法書士や行政書士の書士業では、難易度が高い試験は、司法書士試験ですが、行政書士も事務処理のスキルや

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

花粉症対策グッズ 今年も花粉の飛び交う季節が・・・手元に置きたい花粉症対策グッズとは?

花粉の季節は本当に辛いという方が年々増えてきていて、新陳代謝が活発な若年層に増えてきていますが、花粉

記事を読む

いじめは教育現場で生徒のみならず、先生の間でも浸透している? 教諭いじめで被害届を提出!

新聞やメディアでも連日取り上げられ、学校教育の現場にてあるまじき行為が実際にあり、子どもを持つ親や教

記事を読む

「どうしてお腹が空くのだろう?」就寝前の食事は極力避けたいけれど、眠れない場合の対処法ってあるの?

童謡で「おなかがへるうた」がありますが、お腹が空き過ぎて夜眠れないってことってあると思います。

記事を読む

「行列」編集してオンエアー! 黒い服は雨上がり「宮迫」?

反社会的勢力に対して「闇営業」を行い、謹慎処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が週替わりMC

記事を読む

タピオカミルクティーは台湾で人気! そして2019年の日本で爆発的人気に・・・原料キャッサバには毒性があった?

タピオカやキャッサバという言葉を最近よく耳にするようになり、パンナコッタやナタデココのような一大ブー

記事を読む

さくらももこさん(53才)が死去! 清水入江小での思い出一杯の「ちびまる子ちゃん」、お姉ちゃんや秀樹やシーモンキーも永遠に!

ちびまる子の作者である、さくらももこさんが乳癌で死去していたという速報が流れ、地元静岡でも突然の訃報

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







no image
劣等感は恐れの連鎖・・・親子とも何かに怯えていてうまくいかない家庭の原因とは?

児童虐待の根本にあるものは、恐れからくるものかもしれません。 い

健康長寿、サラサラ血液でもっともっと若返ろう! 冷えや肩こりはドロドロ血液から・・・

健康で長生きするためには、やはり健康管理が重要な役割を果たしています。

信用の付け方は自分に自信をつけること! 目標に向かって行動し、良いオファーがきたら迷わず受けてみるべし

ホリエモンこと堀江貴文さんがYouTube動画で発信していた内容の前回

お金は信用(クレジット)で借金できる? 借金できることは信用されていること! 信用の度合いはバランスシート

ホリエモンこと堀江貴文さんが、YouTube動画で「今明かすお金の正体

ハリポタテーマパークが、東京としまえんに! 時代の変化で地域活性へ・・・

ハリーポッターのテーマパーク、アトラクションと言えば「ユニバーサル・ス

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑