*

整形は就職活動に有利? 整形大国・韓国では容姿により面接試験で落選! 深刻な社会問題に・・・

整形手術を受ける韓国の芸能人2人に1人と言われていて、プチ整形が流行っている日本では整形する人は100人に1人とまだ少なく、容姿で職が決まってしまう韓国では、顔の醜さが深刻な社会問題にまでなっています。

 

2015年に美容整形手術の施術が行なわれた韓国は、世界で3位ということで、アメリカが最も多かったというデータに驚きました。

 

 

アメリカは食生活で肥満になる人達が増え続け、健康のためにスポーツジムへ通ったり、美容整形外科で余分な贅肉を落とす手術を受ける人の割合が多かったので、顔の整形だけを考えると韓国が多いということになると思います。

 

 

韓国では女子中高生も整形を受ける?

 

 

韓国でオーディション番組が行なわれた時に、オーディションへの出場を目的にしていた女子中学生が美容整形を受け、その後美容整形をする年齢層も年々若くなってきています。

 

 

最近は美容整形をしたことを公表する芸能人も出てきていて、以前は整形したことを隠している芸能人がほとんどだったので、整形に対する見方が時代によって変化していることを感じます。

 

 

美貌を保つ秘訣は「エステと整形」ということはわかっているけれど、その美しさを維持していくためには費用がかかるので、貧困世帯にはなかなか厳しいものになります。

 

 

 

 

 


外見だけで差別される

 

冒頭でも述べましたが、就職活動をする時の条件として「顔」は必須となっていて、韓国では学校でも職場でも差別やいじめがあるようです。

 

 

帰国子女の整形していない韓国人女性が、街を歩いていると「ブスブス」と知らない人から言われたり、友達に相談してみたら「そんな顔してるからだよ」とバカにされたりしたそうです。

 

 

成績優秀のため家庭教師のアルバイトを始めてみたけれど、バイト先の子どもの親に「顔が気持ち悪いから、頼むのはやめます」と断られたそうです。

 

 

以前住んでいた国ではそんなこと言われたことが一度もなかったのに、韓国では「顔」重視のようで深刻な社会問題になっています。

 

 

 

 


就職のために整形

 

 

韓国は失業率が高く就職活動が厳しいので、履歴書の写真から苦労してしまいます。

 

 

写真映りが悪いだけで、履歴書をいろいろな会社に何枚送っても書類審査で落とされてしまうのです。

 

 

 

結婚するために、お見合い写真を撮っても、写真映りが悪かっただけで実際会う前に断られることがあり、そのため整形せざるを得ないのが現状です。

 

 

学生の時から就職活動するために、長期休暇中に整形する学生がいて、新学期には顔が変わっているということは珍しくないようです。

 

 

 

 

 


ネットの検索窓に韓国を入れただけで・・・

試しにネットで以下のことを検索してみました。

 

 

「整形 就職率」で検索

 

 

柔道整復師就職率100%、接骨院、スポーツトレーナー、整形外科、病院の就職が・・・

 

作業療法士・理学療法士の専門学校 ・・・

 

 

 

以上のように、日本では整形というと整形外科関連のサイトが出てきて、整体師や理学療法士の就職について説明されています。

 

 

 

「整形 就職率 韓国」で検索

 

 

就活のために整形! 顔採用がまかり通る!整形大国・韓国の実情

 

韓国には「就職整形」という言葉もあり、若者の失業率が高く就職競争が激しい中で・・・

 

 

 

以上のように、韓国で整形と就職率を検索すると、就職するために整形しなさい!と進めているような内容のサイトが出てきました。

 

 

 

 

 


まとめ

 

どうして韓国人は整形する人が多いのだろう?と思っていましたが、就職に不利ということがわかり、失業率も高いので生活していくためには整形するしかないということがわかりました。

 

 

整形して美しくなることは自分に自信が持て良いことだとは思いますが、貧困世帯で整形する費用がない家の人は、差別やいじめが行なわれていて、自分の置かれている環境を呪てしまいますよね。

 

 

自殺する人の数も少なくないようなので、大変な国だと思います。

 

 

 

生まれてくる体は選べないので、その人の個性として捉えてあげられれば、みんな幸せに暮らせるのにと思いました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

グローバル時代の象徴「ロボティクス」そして「革新的ロボットものづくり」の本拠地は北九州市にあった?

北九州市では「革新的ロボットテクノロジーを活用した、ものづくり企業の生産性革命実現プロジェクト」を5

記事を読む

ソーシャルワーカーは社会復興に貢献している?不安がいっぱいの生活で、ソーシャルディスタンスの現代社会を生き抜く方法 

新型コロナウイルスの感染拡大により、ソーシャルワーカーやソーシャルディスタンスという言葉を、よく耳に

記事を読む

異常気象と温室効果ガス 二酸化炭素の排出でますます地球温暖化に!

異常気象はここ数年でますます深刻化し、自然災害に悩まされる日々を送りながら、相変わらず二酸化炭素の排

記事を読む

世界の料理が、日本食に大変身! そのルーツは江戸の参勤交代にあった・・

今サッカーW杯の真っ最中で、サッカーだけでなく関連グッズや各国の料理も、日本国内で楽しむことができま

記事を読む

お金持ちと貧しい人の思考の違い・・・起業と投資が成功への近道?

節約と投資は裕福になるための鍵であり、起業して新事業を始めることがビジネス成功への近道でもあり、将来

記事を読む

田中圭や吉田鋼太郎らが益々話題の人へ・・・「おっさんずラブ」コンフィデンスアワード作品賞受賞!!

今年2018年の春テレビ放送された29番組中、質の高いドラマに与える第12回コンフィデンスアワード・

記事を読む

しっかり寝てるのに眠いのは、なぜ? 「黄金の90分間」量より質で、頭も体もスッキリ!

どんより曇っている日は、なぜか眠気を誘ってあくびばかり出てしまい、睡眠時間もしっかりとっているのに頭

記事を読む

ご当地菓子「チーズあられ」人気継続中~ そんな中、静岡県は製造終了!

大手お菓子メーカー「カルビー」に次いだ、売り上げを記録したこともある中村製菓の「チーズあられ」には、

記事を読む

レジ袋有料化でエコバッグの必要性大! レジかご型やリュック型も大人気で気になる、気になる・・・

2020年7月から全国一斉に、レジ袋の有料化が始まり、エコバッグなどのマイバッグを持参する人が以前よ

記事を読む

更年期障害と関節痛の関わり エストロゲンの低下による体の症状、女性ホルモンとは?

更年期障害の症状としては、めまい・頭痛・のぼせ・火照り(ホットフラッシュ)・倦怠感などがあげられます

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







住みたい都道府県ランキングとGO TO トラベル除外地域との関連性・・・住んでみたい都道府県は観光名所なの?

コロナ禍の影響でコロナウイルスの感染が拡大し、過去最悪の状態になってい

11月25日〜フランフラン(Francfranc)がウーバーイーツ(Uber Eats)のデリバリーサービスを利用 インテリア雑貨も出前で到着!

インテリア雑貨のフランフラン(Francfranc)は、フードデリバリ

ダイエットに今が旬の柿をどうぞ! アンチエイジング効果もあり美しく痩せられる?

コロナ禍の中、スポーツジムへ通ったり集団でのスポーツなどなかなかできな

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も

食前・食後のウォーキングの効果と継続のコツ・・・ダイエットには食前に! 健康を考えるなら食後に!

最近ウォーキングしている人が増えてきていますが、食前・食後でどのような

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑