ハロウィンが終わると街は一斉にクリスマスカラーへと早変わりして、赤と緑ベースのクリスマスの飾り付けが目を引き、来店されるお客様を飽きさせない工夫がされています。

クリスマスカラーには、赤・緑・白・金・銀・黒と様々あり、全てイエス・キリストにまつわる色で、赤はキリストの流した血の色を、緑はクリスマスに使われるシンボルツリーの常緑樹の色で永遠の命を表し、白はキリストの清められた魂を、金と銀はキリストのもつ権威と力を表し、黒は闇の世界の中の苦しみを表しています。

 

イエス・キリストが十字架にかけられた後、その闇からの復活を遂げた日をクリスマスとして、クリスチャンではない人々まで重要なイベントの日として、クリスマスに合わせて飾り付けしたり、プレゼントを用意してお祝いしたりしています。

経済効果は絶大

 

クリスチャンの国ではない日本でも、クリスマス市場の経済効果は絶大で、約7,000億円とされています。

 

 

最近徐々に生活に根付いてきたハロウィンでも、約1,400億円の経済効果を出していて、10月から12月にかけてかなりの集客が見込めるので、店内の装飾は大切なことがわかります。

 

 

各家庭でもガーデニングのできる庭を利用して、イルミネーションを駆使して輝く夜を演出したり、室内にツリーを飾って、プレゼントをツリーの周りに置いたりとひと工夫を楽しんでいます。

 

 

 

 


店内の飾り付けのポイント

 

お店屋さんでは、やはり商品が売れるようなPOPを書いてみたり、そのPOPにもクリスマスをイメージしデコってみると、今だけの限定商品ということをアピールすることができます。

 

 

店頭ポスターにもクリスマスの特別感を出してみたり、イチオシ商品の近くにはクリスマスツリーがあったり、サンタさんのマスコットなど置くと、自然とその近くに人は集まってきます。

 

 

年末セールも始まる時期でもあるので、ひと工夫で集客に繋げていきたいですね。

 

 

 

 


まとめ

 

クリスマスはどの家庭にもやってきます。

 

 

ひとりでもクリスマスは楽しめます。

 

 

 

クリスマスがくる前に、少しだけクリスマスの過ごし方を考える時間があっても良いですね。

 

 

最高のクリスマスを過ごす方法~ 年の最後の一大イベントであるクリスマスを、どう過ごしたいですか?

 

 

生活にしっかり定着して、今ではイベントをやるのが普通になってきてしまいました。

 

 

お店屋さんは、クリスマスの楽しみ方を探すお手伝いができる場所だと思うので、しっかり目印は残してあげると親切なお店だという印象を与えて、またご利用していただけるようになります。

 

 

少しの工夫は、いつも必要ですね。

 

 

今年も楽しいクリスマスが、来ますように!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

投稿者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)