*

自動車大国、中国!

公開日: : 最終更新日:2018/03/26 最新情報

エッ? あんなところに道路標識を書いてる?

テレビの映像を見ていて、目を疑ってしまいました。

車が次から次へと走っている車道で、白いペンキの缶と、刷毛を持った男性が、必死で直進のマークを書いているのです。
車はちゃんと止まってくれていますが、前方に気を付けていない車のドライバーは、冷や冷やすると思います。

元の標識は、左折と直進になっているのですが、もう薄くなってしまっているので、その上からハッキリと直進のマークを白いペンキで書いて、車を左折させないようにしています。

警察に捕まって、取り調べの時に、
この道路はいつも混雑しているから、直進しかできないように回避したかったということで、別に悪いことをしたという様子もなく、それでも17,000円の罰金は払ったそうです。

他にも、路肩に駐車スペースの白線を勝手に引いて、そこに停めた車の人から、駐車料金を受け取り、月に2万元(34万円)粗稼ぎしている人がいるそうで、捕まって1万元(17万円)の罰金を払うことになっても、儲けが出るので、犯罪はなくならないそうです。

いったい何が原因なのか・・?

まず中国国内の車の台数が多い事が原因の一つのようです。

車の台数が3億1000万台で、駐車スペースが2億6000万台、

ということで、5000万台があぶれてしまっている状態です。

どうして駐車スペースがなくても車を購入できるのか?と、考えてしまいますよね?

中国は、車庫証明がいらない国なんですね~ 日本では考えられないです。

一家に1台とはいかない家もあると思うし、もしかしたら世帯数と同じ台数で、車を所有しているかもしれないのに、駐車場や車庫がなくても購入できてしまうなんて・・・

だから車を停めておく場所がなくなり、車の台数が増えて、駐車場が間に合わないんですね?

人口密度の高い国は、ぎゅうぎゅうとひしめき合って生きているから、車も大変なことになっているんですね?

電柱に自分の名前の看板?

不法に看板を作って設置している人の取り調べも強化しているみたいで、不法な標識や看板を見つけると、早急に撤去され、その撤去数も多いようです。

中には学生が、自分の名前が書かれた看板を電柱に不法に取り付けて、何年もわからずに放置され、大学の論文でそれについて書いたことから、足がついて看板は外され、本人は捕まったということがあったみたいです。

しかし何の為に電柱に名前を書いた看板を付けたのか?

考えただけでは理由がよくわからない、本人にしかわからない何かがあったんでしょうね?

スポンサードリンク







関連記事

松田翔太と秋元梢の結婚式と披露宴は、都内のホテルで9月上旬に!

すでに今年4月25日に結婚している松田翔太(32才)と秋元梢(30才)が、都内のホテルで9月上旬に挙

記事を読む

サモトラケのニケを手元に置ける日が・・・ ルーヴル美術館を身近に感じる、そんな日がやってきました。

頭部と腕の部分がない、ルーヴル美術館所有の「サモトラケのニケ」ですが、フィギュア化されたようで、話題

記事を読む

吉田栄作が退社! デビュー作「ガラスの中の少女」から30年・・・個人事務所設立へ

俳優の吉田栄作(50才)が、大手芸能事務所の「ワタナベエンターテイメント」を退社して、今後は個人事務

記事を読む

飛沫感染と接触感染のインフルエンザの流行早まる! タミフルより効くインフルエンザ新薬とは?

平成最後の夏が終わり季節は秋になってきていますが、既にインフルエンザが流行り始め学級閉鎖をしている県

記事を読む

「東京オリンピックには出られないかもしれないけど、4年後頑張ってください!」と山根明会長。 吉森副会長は「会長職を辞め、理事の立場も辞任すると思います」と山根会長について語っている。

日本ボクシング連盟、アマチュアボクシング界に43年間に渡り君臨してきた山根明会長(78才)が、28才

記事を読む

りゅうちぇるの両肩のタトゥーは本物?? インスタで告白、シールじゃないよ。

1児のパパになった、りゅうちぇるが両肩に妻と子供の名前のタトゥーを入れたことを自身のインスタグラムで

記事を読む

NYのフォーダム大学へ留学し、弁護士資格の取得目指す小室氏! 納采の儀はどうなる?

8日成田空港に姿を現した、眞子さまのお相手の小室圭さん(26才)が、米ニューヨークのフォーダム大学へ

記事を読む

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

国内外72組がカバー、中島美嘉の「雪の華」は国も世代も超え世界のファンを魅了する歌に・・・映画は2月1日から公開!

「今年最初の雪の華を~~♪」と歌う、歌手の中島美嘉さん(35)が平成15年に発表した大ヒット曲「雪の

記事を読む

白髪って、抜くと増えるの??

ある年齢になると、白髪や抜け毛に悩まされる人って、多いと思います。 私もその中の一人なのですが

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせな

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑