*

ソチオリンピック銅メダリストのデニス・テンが刺殺される! フィギュア界に旋風吹き荒れる

7月20日お昼の情報ライブミヤネ屋で、ソチオリンピックのフィギュアスケート銅メダリストのカザフスタン選手「デニス・テン」さんが刺殺されたと報じられ衝撃が走りました。

 

 

デニス・テンさんは初のオリンピックメダリスト

カザフスタンでは初のオリンピックメダルをとったデニス・テン選手は、身長168㎝で25歳、そして銅メダルをとったソチオリンピックの時には20歳でした。

2015年におこなわれた四大陸選手権では、金メダルを獲得しました。

 

大学で経済学を学んでいて、将来は映画の脚本や台本を書いてみたいと思っていたそうです。

 

デニス・テン選手は、韓国の独立運動家の直系の子孫であるそうで、スポーツ万能、頭脳明晰で、本当に尊い命が奪われてしまいました。

 

 

車のミラーを盗まれて、口論に・・・

アルマイト市内のカフェで食事をしていて、ふと車の方に目をやるとミラーが無いことに気づいて、急いで車の停まっている方へ走っていくと、サイドミラーを盗もうとしていた男2人組と口論になり、取っ組み合いの喧嘩になった結果、相手が持っていた刃物で太ももを刺されて、男2人はその場を立ち去りました。

 

デニスさんはその場に倒れて、3リットルくらいの出血をして、病院へ救急搬送された時には既に重体で、2時間以上も心肺蘇生術を行ないましたが、助かりませんでした。

 

動脈を切られた状態で大量の出血があり、病院の院長も既に運ばれてきた時には死んでいるような状態だったと言っていました。

 

 

街の治安は?

カザフスタンは隣国ソ連と同じように、治安はあまりよくはなく、危険度レベルは1で注意が必要な国です。

 

デニスさんを刺した男2人は、盗んだミラーを売るつもりでいたらしく、口論になった時にはデニスさんに対して殺意があったそうです。

 

 

フィギュアスケート界のヒーロー

デニスさんはカザフスタンでは、初のオリンピックメダリストで、誰もが知るヒーローで、日本の長嶋茂雄さんと同レベルくらいの存在でした。

 

日本のフィギュアスケート界でも、動揺が隠せなくて、浅田真央さんも「なぜ、信じられない」とコメントを残し、荒川静香さん、デニスさんの友人である高橋大輔さん村上佳菜子さん羽生結弦さんも、信じられない・・とコメントを残しています。

 

皆さんデニスさんとは、いろいろな思い出があったようで、いつでも一生懸命な彼の姿を見てきていて、応援したいと思える仲間が大勢いたように思います。

 

 

犯行はまだ明るい内の午後3時くらいで、白昼堂々と犯行に及んだ2人組みは、どちらも24歳と若く、カザフスタンの英雄である同世代のデニスさんに対する妬みもあったのではないかと思われます。

 

デニスさんは普段ボディーガードを付けていたのですが、この日はオフだったのか?プライベートで食事していたのか?

本当に運悪く狙われてしまったということになるのでしょうか?

 

容疑者の一人は拘束されましたが、カメラに向けて睨みつけるような犯行的な態度は反省の色もなく、やはり殺害まで考えていたのでしょうか?

 

もう一人の容疑者も顔写真を公表しての公開捜査に入ったので、捕まるのは時間の問題だと思います。

 

 

まとめ

治安があまりよくない国では、国民から顔が知られているような有名人であれば、プライベートでも警戒した方がベストだということがわかりました。

デニスさんのように、才能のある若者を失ってしまったカザフスタンの人たちにとって、大変な痛手になってしまったのではないかと思われます。

 

心からご冥福をお祈り致します。

スポンサードリンク







関連記事

ソーシャルワーカーは社会復興に貢献している?不安がいっぱいの生活で、ソーシャルディスタンスの現代社会を生き抜く方法 

新型コロナウイルスの感染拡大により、ソーシャルワーカーやソーシャルディスタンスという言葉を、よく耳に

記事を読む

情報発信ビジネスのメリット・デメリット と、陥りやすい罠、腹落ちさせる技とは?

ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネスとしている人は、持っている知

記事を読む

ウォーキングする人が増え、コロナ禍で健康志向に? ウォーキングやランニングが最近のトレンドに!

最近、朝早くや夕方遅くに、ウォーキングする人たちを見かけるようになり、コロナウイルス感染拡大も第3波

記事を読む

2020年の運勢は、吉と出るか凶と出るか・・・おみくじで重視するものは?

年明けの初詣で、今年一年の抱負と無病息災、家内安全を祈願するために神社へお参りし、運試しでおみくじを

記事を読む

「クリスマスプレゼント」今年はどんなのが良いのかな? 子ども達が寝静まった後に枕元に置くプレゼントのいろいろ・・・

クリスマスの準備として、子ども達にサンタクロースが何をプレゼントしてくれるのかを考えるのは親の役目で

記事を読む

新型コロナウイルスにより製造関係も大打撃!リーマンショック直後より低いPMIの数値に中国は困惑

中国国家統計局が2月29日に発表した、2020年2月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)が、前月よ

記事を読む

ハリポタテーマパークが、東京としまえんに! 時代の変化で地域活性へ・・・

ハリーポッターのテーマパーク、アトラクションと言えば「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」USJが有名

記事を読む

憂鬱でたまらない・・・これは「うつ病」なの? 体の痛みもあるから専門医に相談し、カウンセリング も受けてみた

心から元気の「気」がなくなると、憂鬱で心が沈んだり、引きこもって人と会話できなくなったり、体調不良が

記事を読む

新型コロナウイルス感染拡大に待ったをかける状態で、政府が緊急事態宣言の発令可決

新型コロナウイルスを含む「新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案」が、13日参議院本会議で可決成立

記事を読む

日本一の高層ビルが虎ノ門・麻布台に? 商業施設とインターナショナルスクールが隣接し、2023年に日本のメインタワーが誕生する

東京虎ノ門・麻布台の東京ドーム2個分の敷地に、地上330メートル(64階建て)の東京タワーと並ぶ高さ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







住みたい都道府県ランキングとGO TO トラベル除外地域との関連性・・・住んでみたい都道府県は観光名所なの?

コロナ禍の影響でコロナウイルスの感染が拡大し、過去最悪の状態になってい

11月25日〜フランフラン(Francfranc)がウーバーイーツ(Uber Eats)のデリバリーサービスを利用 インテリア雑貨も出前で到着!

インテリア雑貨のフランフラン(Francfranc)は、フードデリバリ

ダイエットに今が旬の柿をどうぞ! アンチエイジング効果もあり美しく痩せられる?

コロナ禍の中、スポーツジムへ通ったり集団でのスポーツなどなかなかできな

2度目のロックダウンでは街に人の姿が・・・フランスのコロナ禍での生活は「クリック&コレクト」を活用!

フランスを含むヨーロッパでは2度目のロックダウンで、デパートも飲食店も

食前・食後のウォーキングの効果と継続のコツ・・・ダイエットには食前に! 健康を考えるなら食後に!

最近ウォーキングしている人が増えてきていますが、食前・食後でどのような

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑