保護猫の命を救う「里親募集ガイド」で、各種団体や動物病院と連携をとっている千葉 松戸市

保護猫について千葉県松戸市では、子猫や成猫の里親募集をしていて、飼い主が見つからなくやむなく殺処分される子猫や成猫を減らすために、ショップで購入する前に一度里親になることを検討してほしいと呼びかけています。

そして様々な理由で猫の里親を捜してる方は、「里親募集ガイド」をご覧下さいとアナウンスしています。

とても残酷なことですが、保健所に連れて行かれると数日間保護された後、引き取り手のない猫たちは、窒息死による殺処分をされてしまいます。

年間約10万頭にもなる猫たちが、殺処分されているという実態を知って、いたたまれない気持ちになりました。

そうならないように里親さんを探して、安全安心な譲渡ができることを望んでいます。

応援して助けよう!

猫たちの殺処分を減らすため、全国のボランティアや各種団体が保護活動をしていますが、「里親になる」というペットの入手方法は、まだあまり普及されいないのが現状です。

「里親になる」というペットの入手方法を普及さることで、ボランティアスタッフの負担を減らし、より多くの猫たちを幸せできればと、松戸市は愛猫家の皆様に協力をお願いしています。


保護猫ちゃんの里親になる

現在、年間約10万頭にも及ぶ犬猫たちが殺処分されています。

ペットの飼育を考えられている方は是非ショップで購入する前に、地域で定期的に行われている譲渡会に足を運んでみてください。

そこでは、猫を保護しているスタッフさんに猫の性格やしつけ方などを聞いたり、生涯の家族になる猫ちゃんとの出会いを楽しむことができます。

また子猫のうちから里親になることを検討している家庭では、予防接種や避妊や去勢など、必ず動物病院を受診して責任もって面倒みるようにと呼びかけています。

最近は里親を装う詐欺なども存在しています。

譲渡後にペットショップに転売したり、ネットなどで売るような無責任な行動をとる人がいるため、保護活動をしている人達も、厳しく里親希望者を選ぶようになってきています。

そのような無責任な人がまれに存在しているために、万が一の時の被害を考え、里親募集の選定は狭き門になってきているようです。


里親さんの条件

里親さんを待つ子猫たち

千葉県では譲渡を受けるための条件をすべて備えた方が、譲渡会に参加が出来るようになります。

原則として、6歳以下のお子さんがいる家庭への譲渡は行っていませんが、以前子猫のうちから飼ったことがあり、猫の扱いに慣れている家庭で、お子さんの行動を監視し指導できる家の場合には例外もあります。

18歳以上で経済能力のある人に、飼っていただくのが条件です。

定期検診のための、動物病院への受診は必須になっています。

終生愛情と責任を持って飼育し、許可なしに他人への再譲渡はしないようにしてください。

伴侶動物としてのみ飼育し、再譲渡・販売・貸出し・展示・動物実験などには絶対に利用しないようにしてください。

飼育について家族の同意が得られていて、飼育できる環境に居住していることが条件です。

完全室内飼いができ、脱走する危険性のない状態であるようにしてください。


手を伸ばせば救える命がある

まだ小さな命だけれど・・・

他の救出方法として、NPO法人が行なっている「犬と猫のためのライフボート」があり、面会や譲渡会などが定期的に行なわれています。

受入れ数も年々増えていて、譲渡した数も右肩上がりで、死亡率も減っています。

保健所などで殺処分されるはずだった犬や猫を施設に保護し、里親さんを探す活動を行っている団体ですが、スタッフさんを募集していて、いつでも万全な体制をとっています。

施設内には附属動物病院が完備されていて、施設の犬猫のための医療や保護された犬猫専門の外来診療が提供されています。

そして理由があり譲渡するのが困難な犬猫たちは、施設内で飼育されることで殺処分されずに命が救われています。

現に2021年1月には、犬猫の累計救命数が20,000頭を超えました。


まとめ

犬猫の里親さんを探すために、行政が「里親募集ガイド」などで呼びかけ、全国のボランティアさんやNPO法人、そして動物病院などが連携をとって、殺処分の運命にあるペットたちの命を救っていることを知り、愛情の深さを感じました。

生きようとしている動物たちの命を絶つことが、どれだけ残酷なことなのかを知り、そのことに真剣に向き合っている団体やボランティアさんがいることに、救われた気持ちになりました。

保護猫ちゃんを救うため、保護猫ちゃんがいる「猫カフェ」も増えてきているので、大切にされている姿を見れば里親を希望する人達も増えていくことだと思います。

これからも、多くのペットたちが救われると良いですね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


保護猫関連記事

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)