*

幸田もも子先生の「センセイ君主」は最高! 日本の恋を明るくします~~

8月1日から全国ロードショーになった青春映画「センセイ君主」には、主演の竹内涼真と、浜辺美波が先生と生徒役で出演し、漫画家の幸田もも子先生の映画化2作目で1作目の「ヒロイン失格」を超えられるのか?今注目の映画です。

 

 


第1作目の作品を超えられるのか?

1作目の「ヒロイン失格」2015年9月に公開されましたが、出演者がその時話題の俳優さんで、主演は桐谷美玲山崎賢人坂口健太郎と人気絶好調でした。

 

今回の「センセイ君主」には、渡辺美波が見せる変顔もあり、急接近するセンセイに対するヒロインあゆの気持ちの変化がよく伝わってくる映画ではないかと思います。

 

 

 


漫画家の幸田もも子先生は34歳のA型

本名は松本もも子さんです。

デビュー作品は2002年の別冊マーガレットに掲載された「たまごやき」で、幸田もも子の読み切りを集めた「恋愛女子短編集」にも収められています。

 

いままでの作品は題名が独特なものがあり、「よってけ!音子村」「姐さんカウントダウン!」「誰がスッピン見せるかよ」「そんでむらさきどーなった?」など、ちょっと奇抜なタイトルが付けられています。

 

もも子先生のハツラツとした性格が、そのまま出てきたような作品なのでしょうか?

 

 

 


映画の方へ戻っていきましょう。

「センセイ君主」は、頭脳明晰だけど冷徹な高校教師である竹内と、パワフルな女子高校生の渡辺との禁断の恋を描いたラブコメディーで、ちょっとドキッとするようなシーンなどがあり、最後まで気が抜けないくらい見所満載の作品です。

 

特にイケメン教師弘光(竹内)が生徒あゆ(渡辺)にする頭ポンポンや、ジャケット相合傘など胸キュンシーンがいっぱいあります。

 

その中でも渡辺美波が選ぶキュンキュンシーンは、頬っぺたをムギューとして顔を横に外らせるシーンみたいです。

 

 

 

 

 


まとめ

漫画家のもも子先生の青春ストーリーも含まれているような作品なので、まずは漫画から読んでみたいと思います。

しかし映画化になった作品が2本もあるなんて、他のストーリーもどんな感じなのか?とても気になるところです。

胸キュンシーンはやっぱり大きなスクリーンで観るのが、大迫力があっていいのかな?

 

映画館に行かれた方は、是非ご感想など寄せていただけたら嬉しいです。

 

お気軽にコメントしてみてくださいね(´▽`*)

 

見逃してしまった映画をもう一度!「ヒロイン失格」

スポンサードリンク







関連記事

淡路島への移転の裏側には? パソナの南部代表の女性問題と竹中会長の助成金問題

人材派遣会社でもあるパソナグループは、東京の本社から兵庫県淡路島へ移転を計画し、リゾート開発も進んで

記事を読む

パイロットのボールペンが劇的な金額、1本23万円に・・・その理由とは?

ボールペンで有名な文具メーカーのパイロットが、インターネット通販のアマゾンで、ボールペン「ハイテクC

記事を読む

ダイソーのお役立ち商品3選 こんな便利なグッズがあったなんて・・・

100円ショップは一昔前と比べて進化し、300円商品や500円商品も金額表示をして販売されていて、新

記事を読む

後継者問題で中小企業など廃業へ・・・過去最多記録を!

事業の後継者の問題はかなり深刻化していて、2020年(1月〜9月)で倒産に追い込まれた件数は、過去最

記事を読む

「ゲーム障害」は新たな病気?香川県から発信される「スマホ使用時間制限条例」は大阪まで・・・

18歳未満を対象にして、平日は60分まで、休日は90分までと定めた「スマートフォンなどの使用制限」が

記事を読む

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている「新型豚インフルエンザ」で、中

記事を読む

丸岡いずみさん、おめでとうございます!!

妊娠10週目にして、流産するなんて・・・ 誰しも妊娠して出産って、当たり前のような流れに感じて

記事を読む

クリスマス前の感謝祭 アメリカ人の楽しみ方~「七面鳥の日、収穫感謝日」

アメリカの感謝祭であるサンクスギビングデーは、作物などの収穫に感謝する日として祝い、ハロウィンとクリ

記事を読む

新型コロナ、東京で新たに感染者13人が3月30日に確認!

タレントの志村けんさんが29日夜にお亡くなりになり、東京で新たに29日の感染者が過去最多の68人に上

記事を読む

「孤独のグルメ」のおっさんと「おっさんずラブ」のおっさん。おっさんが可愛い!おっさんが癒される?おっさんがトレンディー?おっさん旋風巻き起こる・・・

田中圭や吉田鋼太郎の「おっさんずラブ」や、松重豊がひたすら食べ続ける「孤独のグルメ」がまだまだ人気絶

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







大統領もただの人 韓国の元大統領が懲役20年の求刑~ かつては神童と呼ばれた人も・・・

韓国の元大統領であった朴槿恵(パク・クネ)氏は、以前からの知人と共謀し

スマホの電池が消耗しない方法〜 電池の経年劣化は避けられないので、せめて消耗速度を遅らせよう!

スマホのない生活は考えられなくなり、全ての仕事や日常生活にネット環境が

「商売っ気がない人」でも、自分なりの経営戦略を持っている? 得意分野を活かし希少価値を追求・・・

お店をやっていて、よく「商売っ気ないねぇ~」と言われることがありますが

コロナ禍中、人気職業ランキング! 意外な事実が発覚、医療従事者が・・・

コロナ禍で失業者が増える中、人気の職業に意外な事実があることがわかり、

自ら運気を上げていく方法〜 風水を上手に取り入れながら、お部屋をリフレッシュ!

気持ちが落ち込んでいる時や、物事がうまく行っていない時に、気分転換に部

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑