2021年花粉飛散状況「ブタクサ」はいつ頃? キク科「ブタクサ」で花粉症になる人とは?

2021年の花粉飛散状況「ブタクサ」は昨年よりも多いとされていて、同じキク科のよもぎや、またスギやヒノキ、イネ科のカモガヤなど花粉の飛散は多く、花粉症をもっている人には辛い1年になると言えます。

その中でもブタクサ花粉の飛散時期は8月~10月で、夏から秋にかけて飛び散っているキク科の多年草で、花粉の症状も昨年以上に出ます。

早朝の風の強い時などはかなり多く飛散するので、ウォーキングやジョギングをする人は注意した方が良さそうです。

「ブタクサ」を持ち込んだのは?

ダグラス・マッカーサー陸軍元帥

日本で最初に確認されたのは、1961年にアメリカ進駐軍が日本に持ち込んだ「ブタクサ」であって、このブタクサはアメリカの帰化植物で、戦後にアメリカ進駐軍が持ち込んだので、「マッカーサーの置き土産」と呼ばれるようになりました。

帰化植物とは、人為的な手段で持ち込まれた植物で、野外で勝手に生育するようになった植物のことです。


ブタクサとは?

原産地は北アメリカと言われていて、畑や牧草地、また道ばたや河川敷、そして荒れ地などに自生する外来雑草であり、今は日本全国に分布しています。

キク科でブタクサ属の植物(一年草)で、花粉症の原因を作った植物になります。

一年草は枯れる前に、子孫を繁栄するため花粉を飛び散らします。

ブタクサの丈は約100センチ前後で、自生する野草の中ではかなり背が高い植物で、形状はよもぎに似ています。

韓国では小児喘息の原因植物ともされているので、輸入を禁止しています。


近隣にブタクサが・・その対処法

ある家の隣の土地は、地主さんが放置して荒れ地状態になっていて、ブタクサが3分の1をしめている状態です。

飛散時期に、外に干した洗濯物や布団などに、黄色い花粉がついたりしないか今から心配しています。

隣りの地主さんに言った方が良いのか悩んでいます。

荒れ地状態になっている空き地にブタクサが生えていて、花粉の飛散について悩みを持たれネット上で相談していました。

その回答としては、ブタクサなどの草の花粉はそんなに飛散距離は無いけれど、隣の空き地からなら余裕で飛んでくると想定できます。

ブタクサの飛散時期は8月~10月くらいと言われています。

ただ遅咲きの花などあるので、12月上旬くらいまで飛散すると思っていた方が良いです。

家庭内にブタクサ花粉症の人がいるのであれば、窓は開けずに洗濯物は部屋干しした方が良いです。

どうしても窓を開けて換気したい場合は、朝露で花が湿っている早朝に、換気や洗濯物を外に干したりしてください。

その場合、洗濯物は午前中取り込むことを忘れずに!

帰宅時は、服についている花粉を落としてから中に入るようにしましょう。

ハウスダストにも有効な空気清浄機の設置も効果的です。 

掃除機をかける時にはマスクを忘れずに!

そしてもし家庭内にブタクサ花粉症の人がいるのであれば、地主さんに言ってみることも必要だと思います。


花粉症のケア

ブタクサの花粉症に悩まされて、鼻の中の痒みと喉のイガイガなどをすこしでも緩和したい人は必見です。

鼻の中の痒みは乾燥していて、鼻の粘膜に刺激を与えています。

花粉症ケアについては、こちらを参考にしてみてください。

鼻とノドのおうちケア

引用:おうちケア研究所

こちらのケアは花粉症だけではなく、風邪などのウイルス予防にもなります。

その他、運動や食生活による体質改善にも心がけることが必要です。


まとめ

2021年の花粉飛散状況「ブタクサ」は昨年よりも多いとされていて、花粉症をもつ人には厳しい季節になります。

夏から秋にかけブタクサの花粉は飛散するので、その期間はなるべく家の中まで花粉を持ち込まないようにしていきたいですね。

キク科のよもぎや、またスギやヒノキ、イネ科のカモガヤなど花粉の飛散もやはり多く、花粉症対策を万全にやっていきたいですね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

花粉症関連記事

作成者: nonnon

日頃はハンドメイド作品を扱っている、カフェを経営しています。 カフェご利用のお客様との何気ない会話から、世の中が情報で溢れていることを知り、またその情報を常に必要としていることがわかりました。 そして私自身、気になっていることを調べてアウトプットできたら、自分の知識も増え、またお客様や友人・知人たちにも喜ばれるのではないかと、お役立ち情報や、今話題のニュースを記事にすることにしました。 おかげでカフェでの会話も弾み、楽しい時間を過ごしています(^-^)