*

連続4回転は、必須だったのでしょうか?

公開日: : 最終更新日:2018/03/26 最新情報

平昌(ピョンチャン)オリンピックが開幕して、各国の選手が今までの血も滲むような練習の成果を、本番で出し頑張っています。

私が楽しみにしているのは・・皆さんが楽しみにしている、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手(23才)の演技です。

そしてやっぱり注目は、あの華麗なジャンプですね?

スピード感もあり、やっぱり凄いですよね? 回転やスピーンも美しくて、いつも感心してしまいます。

結果は、堂々の1位でした。流石です。日本人の誇りですね(*^-^*)

右足首の故障からの復帰戦で、1位、金メダルを取れるなんて・・・やっぱり凄いですね?

 

そして2位になった宇野昌磨選手(20才)も、素晴らしい演技力で見ていて感動して、今後がとても楽しみな選手です。

他には、ハーフパイプの平野歩夢選手(19才)のパフォーマンスから目を離せませんでした。

羽生選手と同じく、怪我からの復帰で、それも靭帯損傷と肝臓損傷という大怪我からの生還で、一度大きな怪我を負うと、それがトラウマになり一生引きずる場合も多いというのに、それを技術と努力で克服して、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

滑走の順番にもよるのかもしれませんが、平野選手が2回目に95.25を出し、その後にショーン・ホワイト選手の順番がきた時に、連続4回転をやらなければ、平野選手の記録を越せないと思い、練習でもほとんどやっていなかった連続4回転にチャレンジして、97.75の記録を打ち出し、見事金メダルに輝きました。

ショーン・ホワイト選手は、平野選手がいなかったら、出せなかった記録とインタビューでは言っていましたが、やはり目の前に立ちはだかる記録があってからこそ、何か突き動かされるものがあったのではないででしょうか?

平野選手はインタビューで、着地の完成度と高さが足りなかった・・と言って、悔しさが残ると残念な様子でしたが、大怪我を克服しての銀メダルです。とても重みがあり誇らしいことだと思います。

2006年のトリノオリンピック(イタリア)で、ショーン・ホワイト選手が始めて金メダルをとった時の試合を見て、まだ7才だった平野選手が、自分もここに出ると言っていたそうです。

小さい時から夏はスケートボード、冬はスノーボードをやり、平野選手の父親が借金までして作った、スケートパークで練習していたそうです。

やっぱり子どもの頃からの積み重ねが、メダルへと導いてくれたのでしょうか?

 

他に興味深い話が・・・

それは、ショーン・ホワイト選手についてですが、スポンサー契約が収入になるそうで、優勝すると5,600万円が入ってくるそうです。これが本当だったら、オリンピックで優勝することって、凄いことだと思います。

あと滑走中は、だいたい選手は音楽を聴いているそうです。これは、風を切って走る音をかき消す為と、モチベーションを上げていく為だそうですが、やっぱり選手の皆さんも恐怖心はあるのですね?風を切る音の恐怖から、少しでも気を紛らわして集中できれば、記録もアップできます。

 

それぞれ選手の皆さんは、記録を出す為に自分なりに工夫していて、今回のショーン・ホワイト選手のように、前に滑走した平野選手の記録を目標に、それを超す為の得策を考え実行して、成功という結果に終わりました。

ショーン・ホワイト選手は平野選手がいたから金メダルをとることができたとインタビューで言っていますが、本当に目の前に目標があったからこそ、記録が出せたのではないかと思います。連続4回転は、やっぱり必要だったのだと思いました。

スポンサードリンク







関連記事

グローバル時代の象徴「ロボティクス」そして「革新的ロボットものづくり」の本拠地は北九州市にあった?

北九州市では「革新的ロボットテクノロジーを活用した、ものづくり企業の生産性革命実現プロジェクト」を5

記事を読む

夏休みの宿題って「いる?」「いらない?」 スッキリ!のツイッターアンケートでは?

メルカリやラクマ、ヤフオクで夏休みの宿題の読書感想文や自由研究が売買されていたということもあり、朝の

記事を読む

小惑星「Ryugu」到達へ・・ 探査機「はやぶさ2」の成功で盛り上がる、JAXAメンバー達

6月27日に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、小惑星探査機はやぶさ2の、小惑星「

記事を読む

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》というタイトルの記事が報じられ、

記事を読む

前澤友作社長は、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人 現代芸術振興財団の会長でもあった?

今話題のZOZOTOWN(スタートトゥデイより社名変更)の前澤友作社長(43才)は、現代芸術振興財団

記事を読む

花粉症と新生活スタートからのストレスは、新たな病気を引き起こす要因・・・注意!

新生活がスタートする春は、花粉の飛ぶ季節でもあり、お花見で楽しい時期でもあるのに、どこか不安で神経が

記事を読む

(注目)ミッキーの顔が変化! 黒目が少し下を向き、寄り目になった新ミッキーが4月から登場!

ミッキーマウスとミニーマウスが、東京ディズニーシーで4月4日から開催される春のスペシャルイベント「デ

記事を読む

水道管、破裂??

2018年01月26日の出来事です。 今日は朝目が覚めて、顔を洗おうと蛇口をひねったけれど、水

記事を読む

猫のすずめちゃんと、うさぎのモキュ様  アイドルペットは人気急増中!

目力が№1のすずめちゃん、今やペット達はアイドルなのです。 だって、芸能事務所からスカウトがき

記事を読む

とほほ・・の芸人が主人公の「大家さんと僕」が第3位! 脚光を浴びた僕とは?

7月10日にトーハンの週刊ベストセラー本が発表され、創価学会の池田大作さんの「新・人間革命」や、乃木

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







ダイエットの一つにズンバWikiを取り入れて、健康的な継続ダイエットを!

ズンバはスポーツジムのフィットネスプログラムに組み込まれ、日本でも広く

(危険)恐るべし逆走!認知症高齢者ドライバーの罪なき運転

高速道路逆走や無理強い運転などで、対向車や歩行者を巻き込んでの交通事故

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせな

低インシュリンダイエットは、低GI食品摂取で実現される?食後の血糖値上昇が注意ポイント!

GI食品には低中高と分けられ、食後の血糖値の上昇がもっとも低いGI食品

「コーヒーが冷めないうちに」リラックスしながらカフェでゆったりと、一杯のコーヒーを味わってみてはいかがですか?

「コーヒーが冷めないうちに」コーヒーや紅茶、そして緑茶には風邪やインフ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑