*

飛沫感染と接触感染のインフルエンザの流行早まる! タミフルより効くインフルエンザ新薬とは?

平成最後の夏が終わり季節は秋になってきていますが、既にインフルエンザが流行り始め学級閉鎖をしている県もピンポイントであるようで、予防接種やインフルエンザにかかった後の治療薬のタミフルや、新薬など気になる季節がやってきました。

 

 

 


インフルエンザは低温・低湿度を好むとされていますが、まだ湿度が高い今、連年より2ヶ月早く流行り始めているのはなぜでしょう?

空気が乾燥してくると、喉にもあまりよくなく、風邪をひきやすくなったり、またインフルエンザにもかかりやすくなってきて、飛沫感染で拡散されてくるので心配です。

逆に湿度が高い場合は、空気中の余分な湿度が飛沫を重く大きくするために、空気中でのウイルス拡散を妨げてくれて、ウイルスが遠くへ広がることがなくなります。

 

今年は早くから流行り始めている理由としては、接触感染が考えられるとされています。

衣類に付いているインフルエンザウイルスは、30分で効力が無くなるのですが、金属に付いたウイルスは24時間丸一日、その効力は持続するのです。

 

通勤電車やバスのつり革や手すりなどについているインフルエンザウイルスを、他のかかっていない人が触り、そのまま手を洗わずに食事したりすると、口から体に入っていく可能性があるのです。

 

最近ガソリンの値段も上がってきていて、通勤に公共交通機関を利用している人達が増えているのであれば、感染が拡大する確率は大きくなります。

 

 

 

 


新薬ゾフルーザの効力とは?

インフルエンザに効く薬は「タミフル」と記憶されるようになり、2001年にタミフルが発売されてから、インフルエンザにかかってしまった人は病院で出されるタミフル(粉薬か錠剤)を飲み、人に移さないように1週間は外出することもなく治していましたが、今年に入って新薬の「ゾフルーザ」が出てきました。

 

タミフルは1日2回を5日間飲み続けるのですが、ゾフルーザは1回飲めばOKです。

 

そして飲み薬のタミフルを含めた、口から吸入するリレンザやイナビル、点滴のラピアクタなどの従来の薬は、細胞内で増殖した細菌の拡散を抑える効果だけでしたが、今年発売されるゾフルーザは、遺伝子レベル(根本)で効き細胞内の細菌の増植を抑える働きがあります。

 

 

 


副作用はありますか?

タミフルなどは、飲んだ子どもが幻覚を見て、ベランダから飛び降りるような恐ろしい副作用での出来事が報告されていましたが、ゾフルーザはほとんど副作用がなく、安心して処方することができるそうです。

 

しかし新薬なので処方数も少なく、まだまだデータも限られていて実績がないので、試す場合は注意が必要になります。

 

 

 

 


まとめ

インフルエンザにもA型B型など様々な型があり、予防接種も型が違えば効果がなかったりするので、やはりかからないように予防することが一番の得策だと思います。

 

飛沫感染を防ぐようにマスクをし、家へ帰ったらうがいと、接触感染も防ぐために手洗いをしっかりすることがインフルエンザにかかりにくくする秘訣ですね?

今年はもう始まっています。

 

日頃から手洗いうがいと、乾燥を避ける為にこまめに水分をとって、栄養のある食事と良質な睡眠に心がけたいと思います。

 

インフルエンザのピークを乗り切って、健康的な生活を送っていきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとございました。

他にも関連記事がありますので、良かったら読んでみてください。

 

 

「インフルエンザや風邪予防! 紅茶の効能が意外なところに・・・」

 

 

スポンサードリンク







関連記事

514店舗あるスシローに、回転寿司ならではのサイドメニューが登場! まぐろを使ったラーメンが人気№1になった秘密・・・

回転寿司はファミリー層に人気で、レーンのお寿司だけではなく、タッチパネルで注文するサイドメニューが充

記事を読む

歯磨きって、こんな簡単だった? マウスピース型電動歯ブラシを口にセットして、10秒で歯磨き完了!

今海外で人気沸騰中の歯磨きって、マウスピース型で赤ちゃんのおしゃぶりのように、口にセットするだけで電

記事を読む

ゲンキング(GENKING)がカミングアウト! タイで手術し女性ホルモンで、体重6キロ超・・要注意

タレントのゲンキング(GENKING)が性同一性障害の診断を受け、タイで性別適合手術をして、名前も男

記事を読む

脱出劇!タイ北部のタムルアン洞窟で、少年4人が脱出成功

タイ北部の洞窟へ6月23日に入り、戻って来れなくてなっていたタイのサッカー少年とコーチを含む13人の

記事を読む

花粉症と新生活スタートからのストレスは、新たな病気を引き起こす要因・・・注意!

新生活がスタートする春は、花粉の飛ぶ季節でもあり、お花見で楽しい時期でもあるのに、どこか不安で神経が

記事を読む

一重まぶたは進化の証し・・・アジア人特有の蒙古斑って?

あるラジオ番組で、まぶたが一重の人も元々は二重で、人間が進化していく過程での証しだったという興味深い

記事を読む

ノルウェーの王女が交際相手のシャーマンと一緒に、スピリチュアル講演活動でお金儲け?

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女は、天使や死者とのコミュニケーション能力を持ち、交際相手のアメリ

記事を読む

小惑星「Ryugu」到達へ・・ 探査機「はやぶさ2」の成功で盛り上がる、JAXAメンバー達

6月27日に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、小惑星探査機はやぶさ2の、小惑星「

記事を読む

オリンピックのベストショット!!

オリンピックの公式写真を撮っている、メインプレスセンター(MPC)の「ゲッティ」特設オフィスでは、5

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







さすが中国、クローンペットビジネスで、中国のペット業界は急成長!

世界初のクローンペットが誕生したのはイギリスで、1996年7月に羊のド

ノルウェーの王女が交際相手のシャーマンと一緒に、スピリチュアル講演活動でお金儲け?

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女は、天使や死者とのコミュニケーショ

情報発信ビジネスのメリット・デメリット と、陥りやすい罠、腹落ちさせる技とは?

ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネ

地球温暖化で、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの取り組み中、炭酸ガス(CO2)が不足し、ビールや清涼飲料水の製造工場に問題が直撃!

2018年に引き続き今年の夏も気温が上昇し、ビールや炭酸飲料が炭酸ガス

投資家・滝本哲史氏が死去!「君に友だちはいらない」など数々の著書を残し、旅立った・・・グローバル資本主義とは?  

投資家で、京都大客員准教授の滝本哲史氏(47)が、8月10日に病気によ

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑