*

乳がんによる生活の変化とは? (10月はピンクリボン月間で、ナショナル・マンモグラフィデー) 乳がん経験者は語る!

10月3日~5日放送のスッキリ!で、乳がんについての詳しい解説と、今月がピンクリボン月間である為に、乳がん検診や自分でもできる触診で、発見された方々の例をあげながら、前回に引き続き放送内容を振り返ってみたいと思います。

 

 


ピンクリボン月間と、その活動とは?

 

元々は、アメリカの乳がんで亡くなられた患者さんのご家族が「このような悲劇が繰り返されないように」との願いを込めて作ったピンクのリボンをあしらった商品を頒布して、売上の一部を財団や研究団体に寄附する目的で1980年代にスタートした乳がんの啓発運動です。

 

そして行政や市民団体、企業などが、乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを展開して、市民や政府の意識を変えていき、1993年にアメリカで「ナショナル・マンモグラフィーデー(10月第3週の金曜日)」が制定されました。

 

 

 

 


乳がん経験者の治療と、その後の心の変化とは?

 

医者から「あなたは乳がんです!」と宣告を受けた時に、とっさに脳裏に浮かんだのは「私、死ぬんだ」ということで、暫くは何も考えられなかったと経験者は語っていますが、今後の治療よりも、死の宣告を受けてしまったような恐怖と不安で、頭の中が真っ白になるのはわかる気がします。

 

11人に1人は乳がんになるというデーターも出ているので、他人事では済まないと思っています。

 

 

 

 

 


乳がんの発見過程と治療法

3年前にステージ2と診断を受けた方は、シングルマザーで子育てに忙しくて、自分の事は後回しになってしまい、乳がん検診を受ける機会もなくそのままにしていたけれど、ビー玉みたいな大きさの物が胸にポコっとできていることに気づき、目に見えてわかるほどだったので、病院に行きステージ2だということがわかったそうです。

 

乳房は全摘出して、その後肺への転移がわかり現在治療中です。

ステージ1の方は、毎年マンモグラフィを受けていたけれど高濃度乳房だった為に、検診では発見できず、やはり自分で触診しているうちに左脇下に飴玉(小梅ちゃん)くらいの大きさのしこりを発見し、病院に行き左胸を全摘出したみたいです。

そしてその後、左胸乳房の再建手術を受けたそうです。

 

乳頭の再建は保険がきくのですが、乳輪はタテゥーで描くと10万円かかるので、皮膚などの組織を移植し乳輪を再建して、保険適用だったので5万円でできたそうです。

 

そして乳頭は軟骨を芯にして作ったそうです。

ステージ3の方は、触ったら右胸に小さなシコリのようなものがあり、友達に相談したら「脂肪のかたまりなら私もあるよ。」と言われ、それを鵜呑みにして病院に行かなかったけれど、そのシコリが大きくなっていったので慌てて病院に行ったら、ステージ3だったそうです。

 

抗がん剤の影響で髪の毛が抜けて、ご主人にバリカンで剃ってもらったそうです。

 

6年前に癌の治療を始めて、胸の方は温存していますが、現在は年に1回の検診のみになり家族に支えられてながら、元気に生活しています。

 

 

 

 

 


まとめ

乳がん経験者は皆さん明るくて、口を揃えて言っていたことは「検診へは必ず行ってください!」ということでした。

 

乳がんだとわかっても、治療法はいろいろあるし、全摘出してしまっても再建方法がいろいろあるので大丈夫だということがわかりました。

 

自分で触診することの重要性も今回よくわかり、自分で触って異常がないかを調べてみることも安心できる要因の一つだということがよくわかりました。

 

 

 

前回までの内容については、こちらをご覧ください。

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

 

 

 

次回は、再建方法やその後の生活の変化と、若年性乳がんについて書いてみたいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

新型コロナウイルスへの影響で、全国的なスポーツや文化イベントなどの開催は、中止か延期の措置への要請

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、全国的なスポーツや文化イベントなどの開催は、中止か延期

記事を読む

職人の街「蔵前 」7月25日スッキリタッチで紹介!オシャレなお店がズラリ〜

7月25日のスッキリタッチで紹介された、ハッシュタグ蔵前は、今はオシャレな店が立ち並ぶトレンディーな

記事を読む

衝撃ニュース!元ZOZOの前澤社長と剛力彩芽が破局し、2度目の修復は不可能か?

カップルで月旅行を目標にしていた、元ZOZO「現スタートトゥデイ」の前澤社長(43)と、女優の剛力彩

記事を読む

6月に女性を襲う不快臭撃退法! 梅雨時にでる、嫌な臭い

汗臭と疲労臭と加齢臭と後一つがやっかいな臭いで、加齢臭の倍の臭いがするミドル脂臭は、女性から放つ臭い

記事を読む

水道管、破裂??

2018年01月26日の出来事です。 今日は朝目が覚めて、顔を洗おうと蛇口をひねったけれど、水

記事を読む

タピオカミルクティーは台湾で人気! そして2019年の日本で爆発的人気に・・・原料キャッサバには毒性があった?

タピオカやキャッサバという言葉を最近よく耳にするようになり、パンナコッタやナタデココのような一大ブー

記事を読む

「大人になったなぁ~」と思った時はどんな時? 成人式を迎えた人、これから迎える子ども達、2度目3度目の成人式を過ぎた人達にインタビュー

大人の仲間入りをした新成人をお祝いしつつ、朝の情報番組スッキリでは「大人になったなぁ~」と思った時は

記事を読む

パソコン、1人1台時代到来!いよいよ全小中学校でパソコン配置へ・・・

パソコンが小中学校で1人1台の時代がやってきたことで、いよいよ日本国内でもIT産業に力を入れ始めてい

記事を読む

ゲーム依存症の確率は4人に1人・・・やめたくてもやめられないゲーム「ゲーム障害」は病気と認定され、対策が求められている?

ゲーム依存症は健康被害にも繋がり、ゲーム依存症に関する全国調査が行われ、WHO(世界保健機関)が20

記事を読む

苺ダイエットってあり? 甘くて美味しい旬の苺を食べて、夏バテ防止に備えよう!

旬の苺にはビタミンCや葉酸が豊富に含まれていて、脂肪の燃焼を助けるだけではなく、美白効果あり、老化防

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







健康志向反面、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、コロナ太りし生活習慣病が心配に!

57%の人がホームワークと運動不足のために、体重増加し生活習慣病の恐れ

ダイソーのお役立ち商品3選 こんな便利なグッズがあったなんて・・・

100円ショップは一昔前と比べて進化し、300円商品や500円商品も金

ブルーインパルスが東京都心の上空を2周し、医療従事者への敬意表明を!

29日の東京の空はとても快晴で、航空自衛隊の曲芸飛行チームの「ブルーイ

アベノマスクの配布完了はいつ? 製造元は中国とミャンマー・・品質は大丈夫?

安倍総理は新型コロナウイルスの対策として、布マスクを配ることを4月1日

新型コロナ関係、転売禁止! 次はアルコール消毒液が・・・

マスクに引き続き、インターネットのオークションサイトやフリマアプリなど

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑