*

乳がんによる生活の変化とは? (10月はピンクリボン月間で、ナショナル・マンモグラフィデー) 乳がん経験者は語る!

10月3日~5日放送のスッキリ!で、乳がんについての詳しい解説と、今月がピンクリボン月間である為に、乳がん検診や自分でもできる触診で、発見された方々の例をあげながら、前回に引き続き放送内容を振り返ってみたいと思います。

 

 


ピンクリボン月間と、その活動とは?

 

元々は、アメリカの乳がんで亡くなられた患者さんのご家族が「このような悲劇が繰り返されないように」との願いを込めて作ったピンクのリボンをあしらった商品を頒布して、売上の一部を財団や研究団体に寄附する目的で1980年代にスタートした乳がんの啓発運動です。

 

そして行政や市民団体、企業などが、乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを展開して、市民や政府の意識を変えていき、1993年にアメリカで「ナショナル・マンモグラフィーデー(10月第3週の金曜日)」が制定されました。

 

 

 

 


乳がん経験者の治療と、その後の心の変化とは?

 

医者から「あなたは乳がんです!」と宣告を受けた時に、とっさに脳裏に浮かんだのは「私、死ぬんだ」ということで、暫くは何も考えられなかったと経験者は語っていますが、今後の治療よりも、死の宣告を受けてしまったような恐怖と不安で、頭の中が真っ白になるのはわかる気がします。

 

11人に1人は乳がんになるというデーターも出ているので、他人事では済まないと思っています。

 

 

 

 

 


乳がんの発見過程と治療法

3年前にステージ2と診断を受けた方は、シングルマザーで子育てに忙しくて、自分の事は後回しになってしまい、乳がん検診を受ける機会もなくそのままにしていたけれど、ビー玉みたいな大きさの物が胸にポコっとできていることに気づき、目に見えてわかるほどだったので、病院に行きステージ2だということがわかったそうです。

 

乳房は全摘出して、その後肺への転移がわかり現在治療中です。

ステージ1の方は、毎年マンモグラフィを受けていたけれど高濃度乳房だった為に、検診では発見できず、やはり自分で触診しているうちに左脇下に飴玉(小梅ちゃん)くらいの大きさのしこりを発見し、病院に行き左胸を全摘出したみたいです。

そしてその後、左胸乳房の再建手術を受けたそうです。

 

乳頭の再建は保険がきくのですが、乳輪はタテゥーで描くと10万円かかるので、皮膚などの組織を移植し乳輪を再建して、保険適用だったので5万円でできたそうです。

 

そして乳頭は軟骨を芯にして作ったそうです。

ステージ3の方は、触ったら右胸に小さなシコリのようなものがあり、友達に相談したら「脂肪のかたまりなら私もあるよ。」と言われ、それを鵜呑みにして病院に行かなかったけれど、そのシコリが大きくなっていったので慌てて病院に行ったら、ステージ3だったそうです。

 

抗がん剤の影響で髪の毛が抜けて、ご主人にバリカンで剃ってもらったそうです。

 

6年前に癌の治療を始めて、胸の方は温存していますが、現在は年に1回の検診のみになり家族に支えられてながら、元気に生活しています。

 

 

 

 

 


まとめ

乳がん経験者は皆さん明るくて、口を揃えて言っていたことは「検診へは必ず行ってください!」ということでした。

 

乳がんだとわかっても、治療法はいろいろあるし、全摘出してしまっても再建方法がいろいろあるので大丈夫だということがわかりました。

 

自分で触診することの重要性も今回よくわかり、自分で触って異常がないかを調べてみることも安心できる要因の一つだということがよくわかりました。

 

 

 

前回までの内容については、こちらをご覧ください。

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

 

 

 

次回は、再建方法やその後の生活の変化と、若年性乳がんについて書いてみたいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







関連記事

クライアントとクライエントの意味の違いと、相談員と相談者のモチベーションの合致するところ

顧客を表すクライアントとクライエントの違いと、それぞれの相談員と相談者の持つ、モチベーションについて

記事を読む

中山美穂の妹、中山忍が1988年にアイドルデビュー後、引退へ・・・ その原因となった人物とは?

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」フジテレビ系で19日放送の番組内で、当時の事を告白する中山忍さん(

記事を読む

「クリスマスプレゼント」今年はどんなのが良いのかな? 子ども達が寝静まった後に枕元に置くプレゼントのいろいろ・・・

クリスマスの準備として、子ども達にサンタクロースが何をプレゼントしてくれるのかを考えるのは親の役目で

記事を読む

第2波はお盆休みの帰省で拡大予想 新型コロナ感染経路は家庭内から会食まで様々で、また芸能人の感染が確認され、再び「緊急事態宣言」が出されるか?

第1波よりも第2波の方が感染者が増え、感染しても重篤化しないこともあり、20代30代の家庭外の会食で

記事を読む

「忘れられない父の言葉」 みんな心の奥底で感謝してます。

6月25日のスッキリ!タッチでは、父が発した忘れられない一言を街頭インタビューから調査して、お父さん

記事を読む

退職金22円は、あくまでも個人の制約・・つくば市長、退職金廃止を公約に!

つくば市は市長の退職金を、現在の約2千万円の支給から、22円にする方針を明らかにしました。 &

記事を読む

虎ノ門ヒルズでLIVE会見 7月31日スッキリ!で放送 2020年東京オリンピック開閉会式演出は?

2年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックに向け、着々と準備が進んでいく中、31日朝のスッキリ!

記事を読む

新型コロナウイルスにより製造関係も大打撃!リーマンショック直後より低いPMIの数値に中国は困惑

中国国家統計局が2月29日に発表した、2020年2月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)が、前月よ

記事を読む

(危険)ウォーターサーバーの水に雑菌が繁殖・・・浄水型ウォーターサーバーは安全なの?

ウォーターサーバーの水は大変便利で、ワンタッチで冷水や熱湯がカップに注がれるので、朝の忙しい時間には

記事を読む

バスタブが空を飛ぶ? ドイツの仲良し3人組が企画して、大成功!

空飛ぶバスタブ?テレビの映像を見ていて目を疑うほどに完璧な飛行で、その姿は大型ドローン、もしくは小型

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







憂鬱でたまらない・・・これは「うつ病」なの? 体の痛みもあるから専門医に相談し、カウンセリング も受けてみた

心から元気の「気」がなくなると、憂鬱で心が沈んだり、引きこもって人と会

ノイローゼ(神経症)は「不安」や「恐怖」からきて、うつ病は心理的ストレスから? 精神科や心療内科の利用者急増~

極度な不安や恐怖、環境からくるストレスによりノイローゼ(神経症)やうつ

婚活マッチングアプリでカップルへ・・・新婚生活で60万円の補助金取得「結婚新生活支援事業」とは?

結婚したい人のための「婚活マッチングアプリ」の登録者数が増加していて、

(簡単)自宅でコロナ検査ができる! PCR検査キットが郵送され、唾液による簡単検査でお悩み解消~

自宅にいながら、コロナに感染しているのかどうかの検査が簡単にできる「P

「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も充実

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑