*

乳がんで右乳房の全摘手術したことを公表・・・元おニャン子クラブの生稲晃子、闘病生活から学んだこと!(後編)

2011年3月に乳がんの告知をされてから、2年の間に2度の再発を経験し、主治医に右乳房の全摘出をすすめられ、初めて医師の前で涙を見せた生稲晃子(いくいなあきこ)さん。

家族にもひどくあたった時期もありましたが、全摘出をして笑顔を取り戻しました。

 

 

「右胸にありがとう・・・

 

       そしてさようなら・・・」

 

 

 

 

 

ここまでのお話しは、前編をご覧ください。

生稲晃子、乳がんを克服して講演会活動で苦難な道を語る・・・いつも支えてくれていたのは、夫と娘だった!(前編)

引用:カフェちっくな日常

 

 

 

 

 


再び乳房温存手術を受ける・・・そして

 

2013年11月25日に、以前と同じく電気メスの音と、皮膚の焦げた匂いに恐怖を感じながら手術を受けました。

 

 

そして12月26日の乳房全摘出手術前に、娘さんが以前から行きたがっていた、近所の銭湯へ行きました。

 

その時鏡に映った自分の体を見て、とても複雑な心境だったとお話ししてくれました。

まるでジェットコースターにでも乗っているような感覚だったと・・・

 

 

 

12月26日に右乳房全摘手術のために入院しました。

 

 

そして翌日27日に右乳房全摘同時再建術(ティッシュエキスパンダーの挿入)を受けました。

右乳房を取り除いた後に、一時的に再建して同じような膨らみを造る手術もしたのです。

 

 

この手術は家計にやさしく、とても経済的で100万円位かかるところが3割負担で受けられました。

 

 

 

 


年越しと、新しい年を病院で迎える・・・

 

年越しそばや、おせち料理の写真を見せていただきましたが、シンプルながらも工夫されていて、とても美味しそうでした。

 

年を越せる幸せを感じ「元旦になったら笑顔になろう!」と決めたそうです。

 

 

 

全摘出から徐々に体力も回復していき、切った部分を自分で確認できる日がやってきました・・・が、勇気が出なくて娘さんに確認してもらいました。

 

娘さんは小さいながらも芯がしっかりしていて、顔色一つ変えずに確認してくれたそうです。

そして「切った後があるね~~」としか言わなかったそうです。

 

 

次の日意を決して、自分で確認してみました。

 

 

 

手術の傷跡があり、乳首と乳輪が消えていました。

 

 

そして、31歳の若さで亡くなったお母さんに、心の中で「ごめんね」と謝ったそうです。

 

毎年、定期検診をちゃんと受けていれば、もしかしたら右乳房を失わずに済んだかもしれない・・・という思いからだったと思います。

 

 

 

 


2014年1月4日に退院、そして乳がんについて公表

 

年末年始を病院で過ごし、1月4日に退院しました。

 

それから3ヶ月はとても痛みがひどく、しかし家事も仕事も頑張ったそうです。

仕事は、東海テレビ「スイッチ!(火曜日)」やフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!(水曜日)」に今もレギュラー出演していて、乳がんについて公表後は、講演会活動も積極的に行っています。

 

 

 

6月頃から、エキスパンダーに食塩水を入れ始め、10月26日に右乳房再建手術(シリコンインプラントの挿入)のために入院し、翌日手術を受けました。

 

 

そして29日に退院し、ホルモン治療を継続し、11月10日に「女性自身」で初めて、がん闘病経験を公表しました。

 

 

乳がんについてアップしている人のブログを読んでは、随分励まされたそうです。

 

 

それから自ら、乳がんについての検診の必要性について伝えていこう!・・・と、講演会活動を始めたそうです。

 

 

 

 

 


免疫力アップの方法

 

これは参考にしてみてくださいと、生稲さんが教えてくださいました。

 

 

1. 寝る前に1杯の水を飲むこと

2. 笑うこと

3. 深呼吸すること

 

笑うことについては、会場内の皆んなで声を出して大笑いしました。

微笑んで口角を上げるだけでも効果があるそうで、このNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増えることに寄って、癌に立ち向かうための免疫力が増えるそうです。

 

1回笑うことで癌細胞が100個消滅するということなので、、笑ってみる価値はありそうですね?

 

 

 

 

 


まとめ

 

生稲晃子さんの講演を聞いて、自分も闘病生活を体験した気持ちになりました。

そして家族の支えが重要だということも、よくわかりました。

 

普通の状態を保つことの大変さと、全てに感謝しながら生きるという目標をもって、命の大切さを実感しながら、自分に出来ることをやっていく・・・

この講演会に参加できて、本当に良かったと思います。

 

 

 

生稲晃子さん、ありがとうございました。

そして陰ながら応援しています。

 

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

スポンサードリンク







関連記事

コーキが中国で人気雑誌の表紙に初登場!「アジア最強新人」と紹介された

元SMAPの木村拓哉(45才)と、歌手の工藤静香(48才)の次女でモデルデビューを飾ったコーキ(15

記事を読む

寒暖差アレルギーによる咳、ちょっとした対処法! 効き目ある食べ物・飲み物とは?

10月24日のスッキリ!で紹介された「寒暖差咳」について、即実践でき家庭でできる対処法で、ある食材を

記事を読む

(必見)成功する人と成功できない人の違いは? 成功するために努力する人は全体の2割

「努力は必ず報われる」「努力は人を裏切らない」の言葉のとおり、努力し続けることは大切で、成功している

記事を読む

とほほ・・の芸人が主人公の「大家さんと僕」が第3位! 脚光を浴びた僕とは?

7月10日にトーハンの週刊ベストセラー本が発表され、創価学会の池田大作さんの「新・人間革命」や、乃木

記事を読む

(簡単便利)音声翻訳機で会話成立!  もんじゃ焼きの作り方はしっかり伝わるの?

日常生活や旅行先でも外国人旅行客や移住者が増え、会話に苦労することが多くなり、今、話すだけで翻訳して

記事を読む

貴重な献血は命をつなぐ架け橋〜 献血できる条件と年齢制限とは?

公共の場やショッピングモールなどの前に、献血車が停まっていることがありますが、血液不足を呼びかけなが

記事を読む

偉大なる芥川賞、直木賞 その裏側にあるドラマも作品の一部?

前回の記事では、芥川賞候補作品での一部表現の類似問題について取り上げてみましたが、その続きとして以前

記事を読む

1日3食の食生活は、江戸中期から・・・ 2食から3食に増えた理由①②③と病人が増えた理由

江戸中期までは、遅めの朝食(昼食)と早めの夕食の、1日2食の生活を日本人はしていました。 &n

記事を読む

迷惑電話撃退法~ 忙しい時間にかかってくる勧誘電話の断り方とは?

勧誘の電話や営業の電話など、大変忙しい時間帯にかかってくる迷惑電話の対処法に、困っている方は少なくな

記事を読む

新型コロナは、日本の芸能人にまで刃を向け、改めてウイルスの脅威を知る

志村けんさん(70)の新型コロナウイルス感染の報道が23日にあり、そして29日夜亡くなりました。

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







JYPエンターテインメントがブームに! 小室ファミリー全盛期から解決金の支払いまで、ブームからの転落の恐ろしさ

JYPエンターテインメントの所属アーティストは、2PM、GOT7、TW

華原朋美YouTubeで号泣謝罪後も激太り タクシー後追いのストーカー騒動で心配かけるユーチューバー

ユーチューバーで歌手の華原朋美さん(46)がタクシー後追いのストーカー

ウーバーイーツの経営方針・社員教育はどうなっている? 依頼先ラーメン店とのトラブル「土下座して謝れ!」

ウーバーイーツは米・ウーバーが2014年に立ち上げた、アメリカのオンラ

「から好し」がタピオカの後を埋める? 唐揚げ専門店の出店でタピオカ店の需要減

からあげテイクアウトがコロナ禍の影響もあってブームとなり、唐揚げ専門店

17ライバーがかわいい! YouTubeでライブ配信など、今ライバーがドレンディーな職業に

「ライバー」と呼ばれる⼈々が、コロナ禍の今注⽬されていて、トレンディー

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑