*

情熱大陸に出演!「進撃の巨人」作者の諫山創は講談社の若手編集者によって、無償で絵の専門学校へ・・・

11月18日23時から放送の、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS・MBS)に、「進撃の巨人」作者の諫山創さんが出演するということで、漫画やアニメファンから注目を浴びていて、悩み葛藤の日々を送る諫山創さんの、密かに抱いていた最終コマのイメージも明かされます。

 

 

 

 

 

 


タケノコ王も目指している人気番組「情熱大陸」

 

 

 

 

静岡のタケノコ王こと風岡直宏さんは、武井壮さんと体力勝負で競った時に、目標は「情熱大陸」に出演することだと言っていました。

 

1973年に静岡県富士宮に生まれたタケノコ王は、トライアスロンのプロチームで国内大会13回の優勝記録を持ち、体の故障により引退しましたが、その後クワガタビジネスを始めて年間3800万円稼ぎフェラーリを乗り回すほどになり、そしてタケノコを掘って1億稼ぐほどになりました。

 

 

タケノコ王の「情熱大陸」に出たい!想いについては、こちらをご覧ください。

 

取材中の会話の中で最後に出てきたのは、やはりあの言葉・・・

 

 

「僕はね、○○○○に出たいのよ。ずっと出たいと思っている」

 

 

 

 

タケノコ王伝説は、こちらからご覧ください(*^-^*)

【伝説】クワガタとタケノコで大稼ぎ! 謎の農家「風岡直宏」はなぜフェラーリを買えたのか?

引用 : ジモコロ

 

 

 

 

 

 


「進撃の巨人」の凄さ!

 

話しは進撃の巨人に戻りますが、巨人に立ち向かう人々の姿を描いた「進撃の巨人」は、コミック発行部数が7600万部越えして、世界18言語に翻訳されて180ヶ国で展開し、近年ハリウッドで実写映画化されることも決定しています。

 

 

 

 

 


「進撃の巨人」作者の諫山創さんとは?

 

 

 

 

大分県日田市出身の漫画家・諫山創さんは、大分県立日田林工高等学校を卒業後、専門学校九州デザイナー学院マンガ学科へ入学して、漫画家デビュー作「進撃の巨人」を現在も連載しています。

 

1986年8月生まれで現在32歳の諫山創さんは、身長170㎝で体系は細身です。

 

 

「進撃の巨人」を集英社に本人自ら売り込みに行って、絵が下手という理由で断られ、講談社に売り込みに行った時に、若手編集者の目に留まり、男性は画力を向上させるために、作者を無償で絵の専門学校に通わせました。

 

しかし彼の目利きがなければ「進撃の巨人」の存在はなかったかもしれません。

 

 

 

画力はやはり重要なんですね?

 

 

 

 

実はワンピースの作者も画力はあまりないようですが、物語の内容の素晴らしさとスタッフさんに支えられて、世界でも活躍しています。

 

 

諫山さんも救われたことを恩義に感じて、編集者さんのことを「お兄ちゃん」と呼んでいるようです。

 

 

 

 

 


講談社編集次長の事件で、「進撃の巨人」が危うくなった?

 

妻を殺害した容疑で逮捕された講談社編集次長の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者は、諫山創さんの漫画「進撃の巨人」の編集に携わっていたと評判になり、風評被害にまで及びましたが、実は容疑者である朴鐘顕は掲載誌の創刊スタッフであり、直接「進撃の巨人」に携わっていたのではないことが判明しました。

 

 

 

2009年に創刊した「別冊少年マガジン」で世に出てからは、アニメ化、海外進出、そしてユニバーサルスタジオジャパンのアトラクションとして根付いてきて、まだ勢いを増しています。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

静岡のタケノコ王も目標にしている「情熱大陸」出演の裏側には、本人にしかわからない苦悩と葛藤の日々があり、最終ラインに立った今、方向性がなんとなく掴めてきて、それが明らかにされるということでワクワクしています。

 

 

 

 

連載10年の時を経て、ついに最終章を迎えますが、諫山さんは撮影中にアイディアが浮かばないので、

 

「つらい……今はその辛ささえ現実逃避している感じ」

 

と呟いて、ソファに足を投げ出しスマホをいじり出す場面とか、ひたすらあくびを連発しながら原稿と向き合い続ける様子など大変な姿が映し出されています。

 

 

ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS・MBS)は11月18日23時から放送です。

 

 

 

感想などが溢れてきそうですが、また機会があったら呟いてみたいと思います。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

こちらからも「進撃の巨人」を確認できますので、どうぞ!

 

 

スポンサードリンク







関連記事

競走馬が2750万円で落札! 北海道の農業高校の生徒が育てたサラブレッドが日の目をみる瞬間・・・

2750万円(税抜き2500万円)という金額で、北海道にある農業高校の生徒が育てたサラブレッドが落札

記事を読む

コロナで失業者続出!日雇い労働者・非正規雇用者・正規雇用者が生活に困窮・・・

新型コロナウイルスの影響で、職を失っている人達が後を断ちません。 このままいくと、ゴールデンウ

記事を読む

100万円を元手に、錬金プロジェクトで増やせるのか? 夢を叶えるためのチャレンジ!

対決!錬金チャレンジャー~夢を叶える100万円~の番組(フジテレビ)が1月5日に放送され、最後まで食

記事を読む

マンモグラフィで乳がん早期発見! 進化する乳がん健診と抗がん剤治療とは?

10月3日朝の情報番組スッキリ!で、乳がん健診を受けているか否かのアンケート調査と、乳がん検査の種類

記事を読む

いじめは教育現場で生徒のみならず、先生の間でも浸透している? 教諭いじめで被害届を提出!

新聞やメディアでも連日取り上げられ、学校教育の現場にてあるまじき行為が実際にあり、子どもを持つ親や教

記事を読む

(注目)ミッキーの顔が変化! 黒目が少し下を向き、寄り目になった新ミッキーが4月から登場!

ミッキーマウスとミニーマウスが、東京ディズニーシーで4月4日から開催される春のスペシャルイベント「デ

記事を読む

要人は、やはり金正恩委員長だった・・・中国との関係を修復か?

3月25日から28日まで中国訪問で、緑色に黄色のラインの特別列車へ乗り込もうとしている要人が

記事を読む

令和2年元旦の営業で、コンビニ業界その後に変化あり?ファミマは頑張る!

令和2年の元日営業をするのは、コンビニの中ではファミリーマートで、本部社員を各店舗に派遣しての営業と

記事を読む

令和時代の進化はどこまで? 携帯電話は体内埋め込み式になるのか?

新天皇が即位され新しい時代「令和」がスタートし、私たちの生活に欠かせない家電製品や携帯電話などが益々

記事を読む

さくらももこさん(53才)が死去! 清水入江小での思い出一杯の「ちびまる子ちゃん」、お姉ちゃんや秀樹やシーモンキーも永遠に!

ちびまる子の作者である、さくらももこさんが乳癌で死去していたという速報が流れ、地元静岡でも突然の訃報

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







100%天然由来の白髪染めでコスパに優しく、メラニン色素を増やしていつまでも若々しく健康的に!

最近はヘアカラーも充実してきて、白髪染めも自宅でお手軽にできる泡タイプ

「フレーミング効果の法則」は心理作戦か? 心を誘導する言葉に左右される日常

フレーミング効果は、対象をフレームに当てはめ効果的に誘導する考え方を言

美味しさと手軽さがウリ、グリコ「ポッキー」の商品開発へのこだわりとギネス認定!

こおり水の入ったお洒落なグラスに、グリコ「ポッキー」を入れてテーブルの

「人工甘味料」は腸内細菌の環境を破壊し、老化を早める? アンチエイジング効果で若さと健康を!

ダイエットのため、砂糖の代わりに「人工甘味料」を使った食品を摂取する人

(必見)潜在能力を活かすには「引き寄せの法則」を使って、自分にあった仕事を見つけ、適職に転職することが、幸せになるきっかけ作りです。

最近よく耳にする言葉に「潜在能力」という言葉があり、自分がまだ気づいて

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑