*

情熱大陸に出演!「進撃の巨人」作者の諫山創は講談社の若手編集者によって、無償で絵の専門学校へ・・・

11月18日23時から放送の、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS・MBS)に、「進撃の巨人」作者の諫山創さんが出演するということで、漫画やアニメファンから注目を浴びていて、悩み葛藤の日々を送る諫山創さんの、密かに抱いていた最終コマのイメージも明かされます。

 

 

 

 

 

 


タケノコ王も目指している人気番組「情熱大陸」

 

 

 

 

静岡のタケノコ王こと風岡直宏さんは、武井壮さんと体力勝負で競った時に、目標は「情熱大陸」に出演することだと言っていました。

 

1973年に静岡県富士宮に生まれたタケノコ王は、トライアスロンのプロチームで国内大会13回の優勝記録を持ち、体の故障により引退しましたが、その後クワガタビジネスを始めて年間3800万円稼ぎフェラーリを乗り回すほどになり、そしてタケノコを掘って1億稼ぐほどになりました。

 

 

タケノコ王の「情熱大陸」に出たい!想いについては、こちらをご覧ください。

 

取材中の会話の中で最後に出てきたのは、やはりあの言葉・・・

 

 

「僕はね、○○○○に出たいのよ。ずっと出たいと思っている」

 

 

 

 

タケノコ王伝説は、こちらからご覧ください(*^-^*)

【伝説】クワガタとタケノコで大稼ぎ! 謎の農家「風岡直宏」はなぜフェラーリを買えたのか?

引用 : ジモコロ

 

 

 

 

 

 


「進撃の巨人」の凄さ!

 

話しは進撃の巨人に戻りますが、巨人に立ち向かう人々の姿を描いた「進撃の巨人」は、コミック発行部数が7600万部越えして、世界18言語に翻訳されて180ヶ国で展開し、近年ハリウッドで実写映画化されることも決定しています。

 

 

 

 

 


「進撃の巨人」作者の諫山創さんとは?

 

 

 

 

大分県日田市出身の漫画家・諫山創さんは、大分県立日田林工高等学校を卒業後、専門学校九州デザイナー学院マンガ学科へ入学して、漫画家デビュー作「進撃の巨人」を現在も連載しています。

 

1986年8月生まれで現在32歳の諫山創さんは、身長170㎝で体系は細身です。

 

 

「進撃の巨人」を集英社に本人自ら売り込みに行って、絵が下手という理由で断られ、講談社に売り込みに行った時に、若手編集者の目に留まり、男性は画力を向上させるために、作者を無償で絵の専門学校に通わせました。

 

しかし彼の目利きがなければ「進撃の巨人」の存在はなかったかもしれません。

 

 

 

画力はやはり重要なんですね?

 

 

 

 

実はワンピースの作者も画力はあまりないようですが、物語の内容の素晴らしさとスタッフさんに支えられて、世界でも活躍しています。

 

 

諫山さんも救われたことを恩義に感じて、編集者さんのことを「お兄ちゃん」と呼んでいるようです。

 

 

 

 

 


講談社編集次長の事件で、「進撃の巨人」が危うくなった?

 

妻を殺害した容疑で逮捕された講談社編集次長の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者は、諫山創さんの漫画「進撃の巨人」の編集に携わっていたと評判になり、風評被害にまで及びましたが、実は容疑者である朴鐘顕は掲載誌の創刊スタッフであり、直接「進撃の巨人」に携わっていたのではないことが判明しました。

 

 

 

2009年に創刊した「別冊少年マガジン」で世に出てからは、アニメ化、海外進出、そしてユニバーサルスタジオジャパンのアトラクションとして根付いてきて、まだ勢いを増しています。

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

 

静岡のタケノコ王も目標にしている「情熱大陸」出演の裏側には、本人にしかわからない苦悩と葛藤の日々があり、最終ラインに立った今、方向性がなんとなく掴めてきて、それが明らかにされるということでワクワクしています。

 

 

 

 

連載10年の時を経て、ついに最終章を迎えますが、諫山さんは撮影中にアイディアが浮かばないので、

 

「つらい……今はその辛ささえ現実逃避している感じ」

 

と呟いて、ソファに足を投げ出しスマホをいじり出す場面とか、ひたすらあくびを連発しながら原稿と向き合い続ける様子など大変な姿が映し出されています。

 

 

ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS・MBS)は11月18日23時から放送です。

 

 

 

感想などが溢れてきそうですが、また機会があったら呟いてみたいと思います。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

こちらからも「進撃の巨人」を確認できますので、どうぞ!

 

 

スポンサードリンク







関連記事

いよいよ第69回NHK紅白歌合戦が近づき、今年は星野源のWiki「おげんさんといっしょ」ファミリーが紅白出演で盛り上がること間違いないね?

今年も大活躍の星野源が、初冠番組の「おげんさん(お源さん)といっしょ」の放送終了後にツイッター内が炎

記事を読む

「ミッキーの家」がまさかの11時間待ち? 東京ディズニーランドのトゥーンタウンは大賑わい!

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で、ミッキーマウスのキャラクター誕生からちょうど90周年となった

記事を読む

ピース綾部、渡米直後に世界デビュー! 世界190ヶ国放送の番組出演が明らかに・・・

11月20日から世界190ヶ国で独占配信されるNetflixオリジナルシリーズ「ファイナル・テーブル

記事を読む

NYのフォーダム大学へ留学し、弁護士資格の取得目指す小室氏! 納采の儀はどうなる?

8日成田空港に姿を現した、眞子さまのお相手の小室圭さん(26才)が、米ニューヨークのフォーダム大学へ

記事を読む

温暖化注意報!今年の夏も地球は高温に?フランスで45度9分を記録し、ヨーロッパで記録的暑さ

温暖化が加速し、地球のどこもかも熱を持ち、ヨーロッパでは既に記録的な猛暑が続き、死者も続出している状

記事を読む

鉄腕アトムの「空飛ぶクルマ」が現実のものに! 2000万円台で、2023年の一般発売を目指し開発~

トヨタ自動車やパナソニックなどが支援する開発者グループの「カーティベーター」は、2023年に「空飛ぶ

記事を読む

グローバル時代の象徴「ロボティクス」そして「革新的ロボットものづくり」の本拠地は北九州市にあった?

北九州市では「革新的ロボットテクノロジーを活用した、ものづくり企業の生産性革命実現プロジェクト」を5

記事を読む

「もう一度働きたい!」子育てが一段落したママたち、再就職はできるの??

8月20日のスッキリタッチは、子育てが一段落した46歳母の3ヶ月半の涙の再就職活動の舞台裏を密着取材

記事を読む

トランプ大統領が服用している抗マラリア薬で、全米がハラハラドキドキ!

トランプ米大統領(73)が18日に明らかにした、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の服用で、副作用

記事を読む

ハリポタテーマパークが、東京としまえんに! 時代の変化で地域活性へ・・・

ハリーポッターのテーマパーク、アトラクションと言えば「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」USJが有名

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







「病は気から」ストレスを自然に発散できる方法を知り、健康的な生活を送るには?

昔から「病は気から」とよく言われ、病気は気の持ちようによっては、良くも

8月6日のスッキリで紹介! スマホアプリ「らくがきAR」で、自分が描いたらくがきが動き出す? 評価は星4つ

スマホアプリ「らくがきAR」で、自分の描いたらくがきがスケッチブックか

ソーシャルワーカーは社会復興に貢献している?不安がいっぱいの生活で、ソーシャルディスタンスの現代社会を生き抜く方法 

新型コロナウイルスの感染拡大により、ソーシャルワーカーやソーシャルディ

リモートワークとテレワークの違い  利用する外国人のメリット・デメリットとは?

今や国民の仕事に定着しつつあるリモートワークですが、会社でも急きょリモ

感動や感謝される職業とは?希望と夢を与える「松下幸之助」さんの参考になるお言葉

人に感動を与え感謝される仕事は、やりがいを感じて長続きすることができ、

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑