*

「ミッキーの家」がまさかの11時間待ち? 東京ディズニーランドのトゥーンタウンは大賑わい!

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で、ミッキーマウスのキャラクター誕生からちょうど90周年となった11月18日に、人気アトラクション「ミッキーの家とミート・ミッキー」に多くの来園者が訪れて、最大でまさかの11時間待ちとなりました。

 

 


えぇっ? 11時間待ち?

約半日も列に並んで外で待ち、中庭を通ってミッキーのいる部屋へ入り、ミッキーと記念写真を撮って出てくるということなのですが、出てきた時にはすっかり日も暮れて、遠き山に日が落ちてる状態です。

 

 

私も割と空いてる時に、ミッキーの家を会社の同僚たちと一緒に訪問したことがありますが、並んで待っている間でも、中庭の花壇や家のキッチンなど目の置き場はいろいろとあり、退屈することなく撮影するミッキーの部屋までたどり着けましたが、11時間待ちとなると完全に立ちっ放しで、苦痛な時間を過ごすことになり、多分途中で諦めていると思います。

 

 

 

また皆んなと記念撮影をするミッキーも、次から次へと来客が訪問に来るので、休む暇なくお出迎えをして記念写真を撮り握手して、またお出迎えしてが永遠と続くことになり、人気者は本当に辛いですね?

 

 

 


老人に優しくない国?

 

ネズミの寿命は知りませんが、ミッキーマウスは生誕90周年を迎えるので、ミッキーも90才になったということで、老体にムチ打ってファンの皆さんを招き入れていることになり、老人には優しくない日本の国そのものの表れなのかもしれないと思ってしまいます。

 

 

運営会社のオリエンタルランドでも、公式な記録はないけれど

 

「11時間の待ち時間は、聞いたことがない!」

 

と言っています。

 

 

そして特にイベントなどなく通常のアトラクションなのですが、ミッキーをお祝いしたいという皆んなの気持ちから、大勢の人たちが詰めかけているということなのでしょう。

 

 

 


ミッキーの誕生日を皆んなで祝う(2017年バージョン)

 

【公式】「ミッキーバースデー」2017年当日ダイジェスト版 |東京ディズニーリゾート/Tokyo Disney Resort

引用:ユーチューブ動画

 

皆にお祝いしてもらって、とっても素敵な誕生日パーティーでしたね?

 

 

 

 

東京ディズニーランドも35周年を迎えてダブルでおめでたいですね?

 

こちらの記事も是非ご覧になってみてください。

 

35周年のディズニーランドで何かが起こる予感! 平成最後のクリスマスは、最高のクリスマスを・・・第3弾

 

 

 

 


まとめ

 

東京ディズニーランドでは、ミッキーのお誕生日は特別で、お祭り騒ぎになることがよくわかりました。

 

しかし生誕90年なんて、本当に素晴らしいと思います。

 

 

ディズニーランドが開園して今年で35年になるので、開園当初ミッキーは既に55才だったことになるのでしょうか?

 

 

ネズミの世界ではまだまだ若者と呼べる歳で、まだまだ半人前なのかもしれないけれど、それでもミッキーはこれからも生き続けていくことになるので、何年何百年とお誕生日を迎えて、盛大にお祝いされていくのでしょう。

 

 

 

皆んなから愛されるミッキー、本当にお誕生日おめでとう!

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

(簡単便利)音声翻訳機で会話成立!  もんじゃ焼きの作り方はしっかり伝わるの?

日常生活や旅行先でも外国人旅行客や移住者が増え、会話に苦労することが多くなり、今、話すだけで翻訳して

記事を読む

温暖化のヨーロッパ! フランスに引き続き、イギリスも史上最高の38.7度を記録・・・不安が募る

6月にフランスで観測された気温は45.9度、そして7月25日に観測されたイギリスの気温は、38.7度

記事を読む

年末になると、なぜ忙しくなるのでしょう?「師走(しわす)」の名の通り、走り回るくらい忙しい12月をのんびり過ごすことはできるのでしょうか?

年末に近づけば近づくほど忙しさを増すのは、年末にクリスマスや忘年会、お正月の準備や大掃除など、普段な

記事を読む

冬の乾燥が深刻化! 体の乾燥注意報で、頭皮の乾燥にも気を配ることがベスト!

今年の冬は暖冬と言われ比較的過ごしやすい毎日を過ごしていますが、インフルエンザが拡大して集団生活を余

記事を読む

剛力彩芽と稲垣吾郎、舞台で初共演! 激しいぶつかり合いで、本気モード

「No.9-不滅の旋律-」の主人公であるベートーヴェンを、2015年の初演に続き稲垣吾郎が演じ、ベー

記事を読む

さくらももこさん(53才)が死去! 清水入江小での思い出一杯の「ちびまる子ちゃん」、お姉ちゃんや秀樹やシーモンキーも永遠に!

ちびまる子の作者である、さくらももこさんが乳癌で死去していたという速報が流れ、地元静岡でも突然の訃報

記事を読む

ウォークライでラグビーのチームメンバーの気迫が伝わる・・・日本も四股踏みでチャレンジか?

ラグビーワールドカップ2019が開幕して、ラグビーファンは昼夜問わず声援し、試合前のウォークライでは

記事を読む

新型コロナウイルス治療に、インフルエンザの治療薬「アビガン」使用! エボラ出血熱の対応と変化なし

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厚生労働省の対応として、インフルエンザの治療薬「アビガン」などを使

記事を読む

国内外72組がカバー、中島美嘉の「雪の華」は国も世代も超え世界のファンを魅了する歌に・・・映画は2月1日から公開!

「今年最初の雪の華を~~♪」と歌う、歌手の中島美嘉さん(35)が平成15年に発表した大ヒット曲「雪の

記事を読む

オリンピックは、戦争と関係あり? お互い競うことは同じだが、ギリシャから始まったオリンピックの本当の目的とは・・・

オリンピックの本来の目的が、戦争行為の代償ということを最近知り、「国家が他国に対して自己の目的を達す

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







新型コロナウイルス治療に、インフルエンザの治療薬「アビガン」使用! エボラ出血熱の対応と変化なし

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厚生労働省の対応として、インフルエン

花粉症は大気汚染で凶暴化! スギ花粉は汚染物質で破裂していた?

花粉症対策をしている人も徐々に増えてきて、市販のマスクでは防ぎきれずに

no image
劣等感は恐れの連鎖・・・親子とも何かに怯えていてうまくいかない家庭の原因とは?

児童虐待の根本にあるものは、恐れからくるものかもしれません。 い

健康長寿、サラサラ血液でもっともっと若返ろう! 冷えや肩こりはドロドロ血液から・・・

健康で長生きするためには、やはり健康管理が重要な役割を果たしています。

信用の付け方は自分に自信をつけること! 目標に向かって行動し、良いオファーがきたら迷わず受けてみるべし

ホリエモンこと堀江貴文さんがYouTube動画で発信していた内容の前回

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑