*

パイロットのボールペンが劇的な金額、1本23万円に・・・その理由とは?

ボールペンで有名な文具メーカーのパイロットが、インターネット通販のアマゾンで、ボールペン「ハイテクC うすずみ」という商品を1本23万円で売買されていたことがわかり、なぜ超高価格で取引きされているのかが疑問視されています。

 

この「ハイテクC うすずみ」という商品は、3年前に販売終了になってしまったカラーで、希少価値はあり「うすずみ」愛用者には必須アイテムになっているのですが、しかしなぜここまで価格が高騰してしまったのかが疑問です。

 

 

 

 

 

 


ツイッターの呟きで、価格高騰が発覚!

 

2018年11月14日に、あるユーザーが呟いたことで注目が集まりました。

 

アマゾンの商品ページの画像を載せて、

 

 

「去年あたりから価格がおかしい!」

 

 

 

と投稿していて、確かに0.5ミリの「ハイテックC05 うすずみ」が新品で、価格23万円前後で出品されているのが分かります。

 

 

 

 

実際にアマゾンのページを確認すると、16日時点でハイテック「C05」の新品が4点出品されていて、ボールペン1本なのに22万884円~23万4759円といずれも超高額です。

 

 

 

 

なお0.3ミリの「C03」、0.4ミリの「C04」の出品はありませんでした。

 

 

 

 

商品公式サイトによると同シリーズの参考定価は210円で販売価格は168円です。

 

 

 

 

そして現在の状況というと、

 

 

 

現在お取り扱いしておりません
この商品の再入荷予定は立っておりません。

 

というコメントが出ていて、本当に購入者のところにしか商品が存在しない状況になっています。

 

 

 

パイロットの営業企画部担当者曰く「ハイテックC」シリーズのうち、「うすずみ」というカラーは2004年に登場して、2015年に生産を終了しているとのことでした。

 

「ハイテック」は今でも販売している超人気商品で、色の種類で多い時には40色以上も揃っていましたが、色の入れ替えなどは流行や売れ行きなどを確認しながら定期的に行っているということなので、全種類が揃うことはないみたいです。

 

 

 

 

 


ビジネスマンの手帳用などを想定して販売されていた?

 

もともとはビジネスマン用に作られたカラーボールペンでしたが、カラー色が増えるにつれ、小さな文字でノートや手帳の隅々まで、びっしりと書く女子中高生を中心に支持されてきました。

 

また、細密なイラストを描く方からもご指名していただいていたそうです。

 

 

 

 

 

 


「うすずみ」の異常高騰の理由とは?

 

アマゾンを見てみると、終売となった他のカラーは、1万数千円ほどで取引されているものはありますが、23万円前後が4点もそろっているのは「うすずみ」だけで、こうした高騰についてパイロット担当者に聞いてみると、

 

「すでに販売を終了している商品であり、その価格については当社は回答する立場にありません。ご了承のほどお願いいたします。」

 

 

ということでした。

 

 

 

 

 


ツイッターユーザーさんも復活を熱望

 

「ハイテックC うすずみ」の魅力ですが、ツイッターで愛用者に聞いてみたところ使用歴10年のツイッターユーザーさんは、日記や手紙、ノートづくりやイラストなどに使用していて、理由としては、

 

「とにかく色がちょうどいいグレーで、びっしり文字を書いても、うっとうしくならなくて愛用していました。

字が汚くて黒だとげんなりするのが和らぎます。

 

 

それからアルコールマーカーで色を塗っても滲んだりせず、やわらかい印象になります。」

 

「ハイテックCの書き味の良さが他にはなく、強い筆圧でも耐えられるペン先、かすれにくく細い綺麗な描線、重さ、持ちやすさなど、お気に入りです。」

 

 

 

と、絶賛していました。

 

 

終売になってからは、他のグレーボールペンも試しましたが、色の濃淡、ムラ、描線の美しさなどが、自分の思っていた感じと違っていたようです。

 

パイロットでは、グレーカラーの後継品としてゲルインキボールペン「ジュース」を販売していますが、色味と書き味の点で代用品にはならない状態です。

 

 

 

そして万年筆のグレーインクも使ってみたそうですが、未だに理想のグレーには出会えていないと話していました。

 

 

ぜひ再販してもらえると嬉しいと述べていて、そうしたら箱買いしたいと復活を望んでいるようです。

 

 

そしてアマゾンで23万円前後で出ていても、高すぎて手が出せないですと言っていました。

 

 

 

 


まとめ

 

根強い人気の「ハイテクC うすずみ」ですが、終売になってここまで値段が上がるボールペンは今までなかったことなので、一度その書き味を試してみたくなりました。

 

二度と出会うことができなくて、手に入らない物が気になりだし、どんな物なのか一度使ってみたいという人間の心理をついて価格も高騰していったのだと思いますが、やはり一度どんな物なのか使ってみたいです。

 

 

結局アマゾンで出品されていた商品が全て売れたのかは確認とれませんが、1本200円前後の物が23万円前後と1000倍以上になってしまうなんて、本当に驚きです。

 

 

他の例もあったら確認してみたいですね?

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク







関連記事

アジア人特有の黒髪・・・ なぜ人種によって髪の色が違い、バリエーションが豊富なのでしょう?

前回は、漢民線や一重まぶたの謎や蒙古斑について書いてみましたが、人種によって色の違いがあるのって不思

記事を読む

女優・石原さとみ(32)ご両親と最後のお正月?若手実業家SHOWROOM株式会社の前田裕二社長との結婚間近?

新年早々「女性セブン」の1月17・24日号で《石原さとみ 破局へ!》というタイトルの記事が報じられ、

記事を読む

ピース綾部はニューヨークの街で、ヒロミ(タレント)とツーショット写真をインスタに・・・

お笑いコンビの「ピース」綾部祐二さん(41)が、ニューヨークに来たヒロミさん(54)に久々に会い、ツ

記事を読む

インスタで美少年「翔」が話題に! 嵐の翔くんから付けた名前の、ロスに住んでる日独ハーフの美少年「翔」のイケメンぶりとは?

Alex(アレックス)翔くん(13歳)は、今インスタグラムで話題の美少年で、お父さんがドイツ人、お母

記事を読む

チョコレートはバレンタインデーだけではない! 「たまには自分にご褒美しないと・・・」おすすめチョコレートランキング、トップ10!

バレンタインデーが近づくと、スーパーやコンビニでは1ヶ月以上前からチョコレートが陳列棚に並び始め、品

記事を読む

「ミッキーの家」がまさかの11時間待ち? 東京ディズニーランドのトゥーンタウンは大賑わい!

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で、ミッキーマウスのキャラクター誕生からちょうど90周年となった

記事を読む

猫のすずめちゃんと、うさぎのモキュ様  アイドルペットは人気急増中!

目力が№1のすずめちゃん、今やペット達はアイドルなのです。 だって、芸能事務所からスカウトがき

記事を読む

瞳はキムタク似? スタイル完璧なコーキさん!

身長170㎝の15才、エル・ジャポンの表紙を飾っているのは、キムタクと工藤静香さんの娘のコーキ(ロー

記事を読む

菅田将暉、映画「糸」で主人公に投入~ 中島みゆきの名曲をどう演じきるのか?

中島みゆきさんの名曲「糸」から、映画「糸」が製作され2020年に、公開される予定だということが発表さ

記事を読む

パワハラ会見?吉本興業の実態が明るみに・・・5時間の記者会見は無駄な時間だった! 質疑の回答で真実を語らない岡本社長の姿勢に、ツイートで「残念」の一言が・・・

7月22日(月)14時から、吉本の顧問弁護士による時系列説明の後の14時30分から5時間に及ぶ岡本社

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







日本一の高層ビルが虎ノ門・麻布台に? 商業施設とインターナショナルスクールが隣接し、2023年に日本のメインタワーが誕生する

東京虎ノ門・麻布台の東京ドーム2個分の敷地に、地上330メートル(64

さすが中国、クローンペットビジネスで、中国のペット業界は急成長!

世界初のクローンペットが誕生したのはイギリスで、1996年7月に羊のド

ノルウェーの王女が交際相手のシャーマンと一緒に、スピリチュアル講演活動でお金儲け?

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女は、天使や死者とのコミュニケーショ

情報発信ビジネスのメリット・デメリット と、陥りやすい罠、腹落ちさせる技とは?

ネットやメデイアなどで、情報が溢れている現代の社会で、情報発信をビジネ

地球温暖化で、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの取り組み中、炭酸ガス(CO2)が不足し、ビールや清涼飲料水の製造工場に問題が直撃!

2018年に引き続き今年の夏も気温が上昇し、ビールや炭酸飲料が炭酸ガス

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑