*

彫刻メイクで、特殊メイク並みの変身を自分で・・・今中国で大流行の造形的なメイクとは?

40分メイクですっかり変身できて、映画の特撮に負けない特殊メイクが自分でできる、粘土のようなクリームが今中国で大流行していて、ユーチューブやTik Tokでもアップされ話題になっていて、変身後からメイクを落としスッピンになるまでの動画が反響を呼んで、ビフォー・アフターの逆バージョンがとても衝撃的で面白いのです。

 

 

 

 

 


カルマズビッチ・チャレンジとは?

 

 

主に中国で流行っていて、メイク前の冴えない姿とメイク後の綺麗になった姿を動画にして、SNSにアップすることを指して言っているのですが、逆バージョンもあり、よく特殊メイクをしている芸能人を当てるクイズのように逆回転していき、メイクを落としてスッピンになる「逆バージョンカルマズビッチ・チャレンジ」が今は人気があるみたいです。

 

 

 

 


顔をDIY? 鼻が取れた?

 

今のメイク技術は本当に凄くて、自然に見えるように鼻を高くしたり、小顔にしたり、目をパッチリ二重にしてみたりと自由自在楽しむことができます。

 

お顔のDIYは、ハンドメイド作品と言ってもいいくらいで、以前記事をアップしたことがありますが、シミを隠せるシートも近々販売されるみたいなので、普段の生活にちょっとしたアイデア商品で便利になったり、楽しんだりできるようになってきました。

 

 

 

 

 

シミ隠しシートについては、こちらからご覧になってみてください。

 

 

シミ隠しシートがオーダーメイドできる? 2019年のヒット商品間違いない!

引用 : カフェちっくな日常

 

 

 

 

 


今までのメイクは・・・

 

 

シャドウやハイライトを使って、立体的に彫りがあり凹凸のある顔にすることが限界でした。

 

自分でメイクすると厚塗りになってみたり、チークが濃過ぎて自然なナチュラルメイクを作るのは難しかったりします。

 

もっともっとキレイになりたい女性が増えてきているので、お手軽に変身できるメイクは嬉しいものです。

 

 

 

 

 


ほぼ造形、彫刻の世界に似ている?

 

 

 

ビフォア・アフターで比べてみても雲泥の差で、これは作品の域に入ってきているので、彫塑をやっている人はきっと上手に仕上げられるのではないかと思います。

 

粘土でペタペタ形を作って、石膏で固めて仕上げていく・・・まるで彫塑の工程と一緒ですね?

 

 

 

 

 

しかし毎日40分かけての粘土作りはキツイと思います。

 

将来的にはきっと、鼻にちょこっと付けて形ができあがるメイク道具が出てきそうですね?

ますます進化していき、誰が誰だかわからない世の中になってしまうのかも・・・

 

 

 

毎日顔を合わせているのに、

 

 

「はじめまして!」

 

 

 

なんて言葉が飛び出すかもしれませんね?(笑)

 

 

 

 

なんだか不思議な世の中がやってきそうです。

 

 

でもちょっと楽しみでもありますね?

 

 

スポンサードリンク







関連記事

偽善者とは良い人の振りをすること? ネット上でよく聞くワードだが、自覚症状のない人が多い?

「この、偽善者が!」と面と向かって相手に言う人は多くはないですが、何かしら会話やその時の態度から、感

記事を読む

「クリスマスプレゼント」今年はどんなのが良いのかな? 子ども達が寝静まった後に枕元に置くプレゼントのいろいろ・・・

クリスマスの準備として、子ども達にサンタクロースが何をプレゼントしてくれるのかを考えるのは親の役目で

記事を読む

新庄剛志、バリ島で第2の人生を送り、値下げ交渉を楽しむ日々を過ごしている

元プロ野球選手の新庄剛志は、当時44億稼いでいた時もありましたが、金銭トラブルに巻き込まれて、今は大

記事を読む

新型コロナウイルスにより製造関係も大打撃!リーマンショック直後より低いPMIの数値に中国は困惑

中国国家統計局が2月29日に発表した、2020年2月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)が、前月よ

記事を読む

よゐこ濱口(46)が妻・南明奈(29)に見せた「気遣い」は男前そのもの・・・ 「よゐこの無人島0円生活」で妻アッキーナは幸せいっぱい?

12月31日放送の「よゐこの無人島0円生活」(テレビ朝日系)で、よゐこの濱口優と妻の南明奈がそろって

記事を読む

リラックス効果抜群!40℃で10分、寒い冬を正しい入浴法で快適に

健康的で体に良い入浴時間とお湯の温度についてを、朝の情報番組で紹介していたので、正しい入浴法について

記事を読む

乳がんで右乳房の全摘手術したことを公表・・・元おニャン子クラブの生稲晃子、闘病生活から学んだこと!(後編)

2011年3月に乳がんの告知をされてから、2年の間に2度の再発を経験し、主治医に右乳房の全摘出をすす

記事を読む

ZOZOが12月10日、中国でZOZOTOWN「ZOZO」の提供を開始!約7年ぶりの再参入で巻き返しを狙う?

ZOZOTOWNが次なるターゲットとしているのが中国市場で、ADAM ET ROPE'やCIAOPA

記事を読む

AI(人工知能)進出での技術革新で、人間の仕事の8割が減少 将来の仕事とは?

AI(人工知能)は年々、私達の生活の中に浸透していき、社会へ進出してきています。 テレビやエア

記事を読む

寒暖差アレルギーによる咳、ちょっとした対処法! 効き目ある食べ物・飲み物とは?

10月24日のスッキリ!で紹介された「寒暖差咳」について、即実践でき家庭でできる対処法で、ある食材を

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







健康志向反面、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、コロナ太りし生活習慣病が心配に!

57%の人がホームワークと運動不足のために、体重増加し生活習慣病の恐れ

ダイソーのお役立ち商品3選 こんな便利なグッズがあったなんて・・・

100円ショップは一昔前と比べて進化し、300円商品や500円商品も金

ブルーインパルスが東京都心の上空を2周し、医療従事者への敬意表明を!

29日の東京の空はとても快晴で、航空自衛隊の曲芸飛行チームの「ブルーイ

アベノマスクの配布完了はいつ? 製造元は中国とミャンマー・・品質は大丈夫?

安倍総理は新型コロナウイルスの対策として、布マスクを配ることを4月1日

新型コロナ関係、転売禁止! 次はアルコール消毒液が・・・

マスクに引き続き、インターネットのオークションサイトやフリマアプリなど

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑