*

ブランディング(Wiki) ブランド戦略とマーケティング戦略による経営戦略の先には、消費者視点があった・・・

「ブランディング」と言う言葉は最近よく耳にしますが、ブランド価値を高めていく重要な役割を果たす戦略の一つで、主に企業が考えているマーケティング戦略や経営戦略に深い関わりをもち、顧客中心に考えられ、消費者の視点から見て興味をそそるキャッチフレーズにも関連しています。

 

 

そんなブランディングについて、まずはウィキペディアで調べてみました。

 

 

ブランディングとは?(ウィキペディアより)

ブランディングとは、ブランドに対する共感や信頼などを通じての、顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の一つです。

 

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくことと、またその手法を表しています。

 

ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建造物・史跡・地域・祭事など、あらゆるものが該当します。

 

 

 

 

 


ブランディングの流れ

まずは企業が発信元となって、消費者、株主や債権者、取引先や顧客、地域住民や地域社会に向けて、企業が発信したいブランドイメージを発信していきます。

 

そして企業は、ブランドイメージを世の中に発信してくれる協力者となるグループとも、ブランドイメージを共有して、世の中に発信、拡散していきます。

この協力者である支援者グループが、企業のブランドイメージを正しく認知すると、今度は消費者グループへそのイメージを伝達して拡散する活動をしてくれます。

 

 

広報活動をするメディアなども、この支援者に含まれ、一気に拡散されるので認知される時間は短縮されます。

 

 

これらの三者が、同様のブランドイメージを認知して、消費者がそのブランドイメージを正しく認知した時に、はじめて「ブランド」が構築されたと言えるのです。

 

 

 

 

あくまで企業が一方的にブランドイメージを発信するだけでは、ブランドは確立されたとは言えないので、広く認知してもらえるように努力していくことが必要です。

 

 

 

 

 


セルフブランディングとは?

まったく無名の個人が、会社や組織の肩書きには頼ることなく自分のブランドを作り上げ、ビジネスの成果に結びつけていくことです。

 

 

 

企業であればブランドというと信用性があって、それがしっかりとしたものであれば、顧客からの問合せやメディアからの取材も増えていき、売り込みをしなくても仕事が舞い込んでくるというようにビジネスの仕組みに繋がりますが、個人の場合には自分で宣伝していかなければならないので、時間と労力も必要になってきます。

 

 

 

そして、

 

商品のターゲットとなる市場はどこなのか?

 

市場が求めているものは何なのか?

 

を追求することによって、道は開いていくのです。

 

 

その為に必要な点を以下にあげてみました。

 

 

 

 


自分の強みや経験や能力が重要ポイント!

 

 

1. 自分の強みが、何なのかを明確に把握すること。

 

2. 自分の強みが、世の中の誰の役に立つのかを考えること。

 

3. 自分の経験や能力から、得意分野を絞り込み、全てに関連づけていくこと。

 

 

 

将来なりたい自分を想像して、将来みんなに思われていたいイメージをリストアップし、得意なことや好きなことを明確にして、自分がどの方向へ向かっているのかを確認しておきます。

 

そして何か一つでも、人に教えられることを持つように準備し、その後は市場となる場所を探していきます。

 

 

 

 

 


リーマンショック以降、老後に心配を抱える若者は増えてきている・・・

 

リーマンショックが起こってからは、無駄な出費をせずにコツコツと貯蓄している若者が増え、将来に不安を持って生活を送っている人が増えてきました。

 

そして会社に属しているから安心だ!・・・という会社依存の時代は幕を閉じたのです。

 

 

 

以前は会社がやってくれていたブランディングも、個人が自分でやる必要性が出てきています。

 

そしてセルフブランディングも、長期に渡って継続していかなければ意味がないことがわかってきました。

 

 

 

 


まとめ

ブランディングについては、私も最近知って専門家のアドバイスを頂きながら考えている課題ですが、自分自身に何ができるのか?そして人の役に立つには何をするべきなのか?を模索しながら、何とか方向性を確認することができてきました。

 

ブランドと言っても一言ではまとめられないものですが、やはりそこにあるものとは「信用」だと思います。

 

信用は、構築するまでには非常に長い時間がかかりますが、失うのは一瞬です。

 

だから確実に継続できるブランディング術を、身につけていかなければいけないと思います。

 

 

これからの人生、ブランド価値をどのようにつけていくかが課題となりそうです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

その他、人生のヒントになり得そうな記事も書いていますので、是非読んでみてくだいね?

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

7月13日のスッキリタッチで紹介! 乃が美の食パンとワンカルビ焼肉の人気の秘密に迫る

乃が美の「生」食パンは、真ん中から割いて食べるのが一番美味しい食べ方で、生地に生クリームとハチミツが

記事を読む

若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖力などに働きかけ、若く保つため

記事を読む

クリスマスって特別? 子どもの頃感じていた特別感と、男女で感じるクリスマスに対する考え方の違いとは?

子供の頃の記憶では、クリスマスってとても特別な日であり、お正月と同じくクリスマスが近づいてくると、ワ

記事を読む

レシートがお金に換えられる、画期的なアプリ誕生! 夢の金券ショップは、17才起業家の手中に・・・

買い物して代金と引き換えにもらうレシートは、家計簿をつける時に必要なだけで、後は処分してしまうと思い

記事を読む

プレミアム商品券の対象家庭とは? 有意義な使い方を試される時・・・

住民税非課税世帯と小さな乳幼児のいる子育て世帯に還元されるプレミアム商品券は、消費税が8%から10%

記事を読む

転職を考えた時、年収の高い業界ランキング! 総合商社に魅力あり?

転職先としてまず気になるのは、平均年収が高い低いと、仕事内容と環境、そして有給などを含む福利厚生の充

記事を読む

得意分野を武器に転職・・・自分の好きなことを仕事にして、生活満足度80%を目指そう!

長期間会社を経営しトラブルに出くわしたり、勤務している会社で失敗した瞬間など、自分には向かない仕事じ

記事を読む

インスタグラムはフェイスブックの子会社だった? ビジネスツールはフェイスブックがオススメ!

インスタ映えやオススメのお店を探す時は、ハッシュタグ検索でのアップされた写真から、お気に入りのお店な

記事を読む

ご当地菓子「チーズあられ」人気継続中~ そんな中、静岡県は製造終了!

大手お菓子メーカー「カルビー」に次いだ、売り上げを記録したこともある中村製菓の「チーズあられ」には、

記事を読む

淡路島をリゾート化! パソナの社員は東京都心からの移転に従うの?

淡路島にはすでに、パソナグループが所有するレジャー施設ができていて、小さな企業城下町として発展してい

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







(簡単)自宅でコロナ検査ができる! PCR検査キットが郵送され、唾液による簡単検査でお悩み解消~

自宅にいながら、コロナに感染しているのかどうかの検査が簡単にできる「P

「ホームデリバリー」自宅へのお弁当宅配サービスがリモートワークによって実現! IT企業は実生活も充実

IT企業のココネが、会社にある社員食堂のお弁当を、在宅勤務している社員

骨粗しょう症の検査で「大腿骨骨折」のリスクを避け、健康寿命を延ばそう! 寝たきり生活を避けるため骨折注意

日本人の平均寿命は男性が83歳、女性は86歳と言われていて、年々医療費

リモートワークが広がり、都心から離脱する人々が増えている・・・リモートワーク向きの仕事とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークを推奨している会社が

情報革命家と冒険投資家の二つの顔を持つ孫正義氏のビジョンとは、先を見据えた壮大なロマン?

ソフトバンクグループの孫正義氏は、日本を代表する実業家であり、情報革命

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑