*

ブランディング(Wiki) ブランド戦略とマーケティング戦略による経営戦略の先には、消費者視点があった・・・

「ブランディング」と言う言葉は最近よく耳にしますが、ブランド価値を高めていく重要な役割を果たす戦略の一つで、主に企業が考えているマーケティング戦略や経営戦略に深い関わりをもち、顧客中心に考えられ、消費者の視点から見て興味をそそるキャッチフレーズにも関連しています。

 

 

そんなブランディングについて、まずはウィキペディアで調べてみました。

 

 

ブランディングとは?(ウィキペディアより)

ブランディングとは、ブランドに対する共感や信頼などを通じての、顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の一つです。

 

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくことと、またその手法を表しています。

 

ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建造物・史跡・地域・祭事など、あらゆるものが該当します。

 

 

 

 

 


ブランディングの流れ

まずは企業が発信元となって、消費者、株主や債権者、取引先や顧客、地域住民や地域社会に向けて、企業が発信したいブランドイメージを発信していきます。

 

そして企業は、ブランドイメージを世の中に発信してくれる協力者となるグループとも、ブランドイメージを共有して、世の中に発信、拡散していきます。

この協力者である支援者グループが、企業のブランドイメージを正しく認知すると、今度は消費者グループへそのイメージを伝達して拡散する活動をしてくれます。

 

 

広報活動をするメディアなども、この支援者に含まれ、一気に拡散されるので認知される時間は短縮されます。

 

 

これらの三者が、同様のブランドイメージを認知して、消費者がそのブランドイメージを正しく認知した時に、はじめて「ブランド」が構築されたと言えるのです。

 

 

 

 

あくまで企業が一方的にブランドイメージを発信するだけでは、ブランドは確立されたとは言えないので、広く認知してもらえるように努力していくことが必要です。

 

 

 

 

 


セルフブランディングとは?

まったく無名の個人が、会社や組織の肩書きには頼ることなく自分のブランドを作り上げ、ビジネスの成果に結びつけていくことです。

 

 

 

企業であればブランドというと信用性があって、それがしっかりとしたものであれば、顧客からの問合せやメディアからの取材も増えていき、売り込みをしなくても仕事が舞い込んでくるというようにビジネスの仕組みに繋がりますが、個人の場合には自分で宣伝していかなければならないので、時間と労力も必要になってきます。

 

 

 

そして、

 

商品のターゲットとなる市場はどこなのか?

 

市場が求めているものは何なのか?

 

を追求することによって、道は開いていくのです。

 

 

その為に必要な点を以下にあげてみました。

 

 

 

 


自分の強みや経験や能力が重要ポイント!

 

 

1. 自分の強みが、何なのかを明確に把握すること。

 

2. 自分の強みが、世の中の誰の役に立つのかを考えること。

 

3. 自分の経験や能力から、得意分野を絞り込み、全てに関連づけていくこと。

 

 

 

将来なりたい自分を想像して、将来みんなに思われていたいイメージをリストアップし、得意なことや好きなことを明確にして、自分がどの方向へ向かっているのかを確認しておきます。

 

そして何か一つでも、人に教えられることを持つように準備し、その後は市場となる場所を探していきます。

 

 

 

 

 


リーマンショック以降、老後に心配を抱える若者は増えてきている・・・

 

リーマンショックが起こってからは、無駄な出費をせずにコツコツと貯蓄している若者が増え、将来に不安を持って生活を送っている人が増えてきました。

 

そして会社に属しているから安心だ!・・・という会社依存の時代は幕を閉じたのです。

 

 

 

以前は会社がやってくれていたブランディングも、個人が自分でやる必要性が出てきています。

 

そしてセルフブランディングも、長期に渡って継続していかなければ意味がないことがわかってきました。

 

 

 

 


まとめ

ブランディングについては、私も最近知って専門家のアドバイスを頂きながら考えている課題ですが、自分自身に何ができるのか?そして人の役に立つには何をするべきなのか?を模索しながら、何とか方向性を確認することができてきました。

 

ブランドと言っても一言ではまとめられないものですが、やはりそこにあるものとは「信用」だと思います。

 

信用は、構築するまでには非常に長い時間がかかりますが、失うのは一瞬です。

 

だから確実に継続できるブランディング術を、身につけていかなければいけないと思います。

 

 

これからの人生、ブランド価値をどのようにつけていくかが課題となりそうです。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

その他、人生のヒントになり得そうな記事も書いていますので、是非読んでみてくだいね?

 

 

 

スポンサードリンク







関連記事

サムスン(韓国)は日本の輸出規制のため、半導体材料が不足し製造が危ぶまれている?

韓国のIT企業のサムスンが、日本による半導体材料の輸出規制強化を受けて、チップ不足を懸念した米大手I

記事を読む

インスタグラムはフェイスブックの子会社だった? ビジネスツールはフェイスブックがオススメ!

インスタ映えやオススメのお店を探す時は、ハッシュタグ検索でのアップされた写真から、お気に入りのお店な

記事を読む

クリスマスって特別? 子どもの頃感じていた特別感と、男女で感じるクリスマスに対する考え方の違いとは?

子供の頃の記憶では、クリスマスってとても特別な日であり、お正月と同じくクリスマスが近づいてくると、ワ

記事を読む

すいかとメロンの生産量の多い県は? 夏バテ防止に水分豊富な野菜や果物を!

2019年の夏も猛暑日が続き、国内外で熱中症対策が広く呼びかけられていて、室内の温度もエアコンなどで

記事を読む

「くいしん坊!万才」松岡修造、新たな再スタート! 10月より月曜夜から日曜昼へ放送変更

9月3日(月)にフジテレビが都内お台場にある本社で、10月改編記者発表を開催し、長寿番組である「くい

記事を読む

もう暑すぎる~~ なんとかならないのかな? 熱中症対策グッズ大集合! 冷え冷えは気持ちいいね。

熱中症で倒れる人が続出し、毎日高温多湿で何もしなくても汗がにじみ出てくる、そんな時は冷んやりアイテム

記事を読む

電気を使わず、坂道スイスイ~ レンタサイクルのビジネスも拡大!

シェアリングは都心ではすでに日常的に利用されているようで、通勤通学時に乗り捨てできることで大変便利に

記事を読む

未だ猛威を振るっているインフルエンザの患者数は、日本の人口1億2632万人中222万人と57人に1人がかかっている計算で、全都道府県では「警戒レベル」へと到達、注意!

厚生労働省の1月21日~27日までのインフルエンザ患者数の統計調査の結果は、1医療機関当たりで57.

記事を読む

ネバネバ納豆、栄養効果が得られる食べ方とは?

納豆のネバネバって栄養高価抜群で、血液サラサラ効果もあり、心筋梗塞や脳卒中から身を守ってくれる有能な

記事を読む

台風災害のごみ処理に苦戦! 処理完了に2年以上、その量は西日本豪雨を上回る数百万トンと推定

台風19号による家屋の倒壊被害は大きく、泥をかぶった家財道具や建材などの災害ごみが増え続け、浸水によ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







リラックス効果抜群!40℃で10分、寒い冬を正しい入浴法で快適に

健康的で体に良い入浴時間とお湯の温度についてを、朝の情報番組で紹介して

YouTubeチャンネル開設の次の日に、新会社「株式会社LONDONBOOTS」を設立

お笑いコンビのロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が1日、YouTu

ゲーム依存症の確率は4人に1人・・・やめたくてもやめられないゲーム「ゲーム障害」は病気と認定され、対策が求められている?

ゲーム依存症は健康被害にも繋がり、ゲーム依存症に関する全国調査が行われ

パソコン、1人1台時代到来!いよいよ全小中学校でパソコン配置へ・・・

パソコンが小中学校で1人1台の時代がやってきたことで、いよいよ日本国内

年末になると、なぜ忙しくなるのでしょう?「師走(しわす)」の名の通り、走り回るくらい忙しい12月をのんびり過ごすことはできるのでしょうか?

年末に近づけば近づくほど忙しさを増すのは、年末にクリスマスや忘年会、お

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑