*

チョコレートがドイツとポーランドで流出! 工場周辺と高速道路は甘い香り漂い、パニックに・・・

ドイツ西部のベルル市で10日、工場のタンクから大量の液状になったチョコレートがあふれ出て、外の道にまで流れ出て、消防隊員が緊急出動するという出来事がありました。

消防は道路を一時封鎖して専門の除去業者が到着するまでの間、シャベルで流れ出たチョコレートを掻き集めて、道の片側に寄せて対応にあたりました。

 

 

 

消防はこの事故により、クリスマスの時期にベルル市にチョコレートが姿を消し、無くなることはないと報告しています。

 

 

 

 

 

 


日本国内にあるカカオ豆の産地とは?

 

 

 

日本が輸入するカカオ豆の約7割は、ガーナ産のもので占めていて、日本がガーナからたくさん輸入している理由は、ガーナは政府が価格や品質を管理しており、安定した品質の豆の輸入が見込めるからだそうです。

チョコレートの消費量を比較すると、日本の年間国内消費量は25ヶ国中4位で、総重量は252,150トンで、1人当たりの消費量は2.01キロで20位となっています。

 

そして消費量の第1位はドイツで、総重量が960,525トンで、1人当たりの消費量は11.7キロです。(2015年の統計)

 

 

日本が輸入するカカオ豆のうち、25%ずつを森永製菓と明治製菓が輸入しています。

 

 

そして、チョコレートのシェアも25%ずつ分けあって、森永はココアで、明治はチョコレートで知られています。

 

 

 

 

 

 


通貨として使われていたことがある、貴重なカカオは美味しい飲み物・食べ物・・・

 

 

 

 

 

カカオは2000年の歴史を持つ貴重な食べ物で、正式名はラテン語で「神々の食物」という意味があります。

 

通貨として使われていたこともあり、例えばうさぎ1匹=10ココアというような使われ方をされていました。

 

カカオは南国の作物で、原産地はブラジルのアマゾン川流域か、ベネズエラのオリノコ川流域と言われています。

 

 

カカオは16世紀にスペインに持ち込まれ、王族の飲み物としてヨーロッパに普及しました。

 

1828年にはオランダでココアパウダーが開発され、1875年にはスイスでミルクチョコレートが登場し、現在の形になっていきました。

 

 

 

 


あなたはどのメーカーのチョコレートが好きですか?

 

ちょっとここで一休み。

 

 

チョコレートメーカーには、明治、森永、グリコ、ロッテ、ロイズ、ゴディバ、モロゾフ、他には不二家やブルボンなどもありますね?

 

 

最近ある動画を見て、面白い~と思ったのですが、既にそのチョコレートは買って食べていました。

 

リピートしてもいいかな?という美味しさでした。

 

 

チョコレートって、本当に幸せな気持ちにさせてくれますよね?

 

 

12月12日にピークを迎えていた動画ですが、来年も12月12日が来るので、ちょっと楽しみです。

 

 

 

ピーク 12月12日はクイーン・デー 12粒のチョコレートで自分にご褒美あげちゃいなよ!
グリコ公式動画 アーモンドピーク

 

 

 

 

 

 


ポーランドでもチョコレートが流出していた?

 

 

 

2018年5月9日に、ポーランドの高速道路で運搬車が横転してチョコレート流出の事故がありました。

 

そして、積み荷の液状チョコレート12トンが路上に流れ出してしまいました。

 

 

メーカーによるとチョコレートは油よりも除去するのが難しく、水圧を高めた熱湯で徐々に取り除くしかないということで、重機でも取り除くのが困難だったようです。

 

 

 

ポーランドの高速道路でチョコレート流出、運搬車が横転(9日)

 

引用 : REUTERSロイター

 

 

 

 

 

 


まとめ

 

チョコレートは食べると美味しく、疲れた時には救いの神のような存在ですが、外へ流出してしまうと手がつけられないスライムのような存在になることがわかりました。

 

しかしなぜ流出してしまったのでしょう?

 

工場のタンクから溢れ出てチョコレートが道路まで流出したり、高速道路で運搬車が横転してチョコレートが流出したりと、疑問は残るばかりです。

 

 

カカオ豆の状態で散乱しても回収には困ると思いますが、液体のチョコレートはそれ以上に回収に困難なことがわかったので、取り扱いには十分注意した方が良いと思いました。

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサードリンク







関連記事

自賠責保険と任意保険、自動車やバイクの運転は安全に!! 任意保険も必要な理由

自動車保険に自賠責保険と任意保険があり、日頃から安全運転を心がけていても、いつ交通事故に巻き込まれる

記事を読む

ZOZOが12月10日、中国でZOZOTOWN「ZOZO」の提供を開始!約7年ぶりの再参入で巻き返しを狙う?

ZOZOTOWNが次なるターゲットとしているのが中国市場で、ADAM ET ROPE'やCIAOPA

記事を読む

NYのフォーダム大学へ留学し、弁護士資格の取得目指す小室氏! 納采の儀はどうなる?

8日成田空港に姿を現した、眞子さまのお相手の小室圭さん(26才)が、米ニューヨークのフォーダム大学へ

記事を読む

新型コロナウイルスにより製造関係も大打撃!リーマンショック直後より低いPMIの数値に中国は困惑

中国国家統計局が2月29日に発表した、2020年2月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)が、前月よ

記事を読む

中国のエジソンとは?中国話題の発明家「無駄なエジソン」は無駄ではなかった・・・

SNSでのフォロワー数は300万人以上の、中国で注目されている発明家ガン・シュアイさん(31)は「無

記事を読む

吉本興業の岡本社長による会見ストップ! 宮迫と亮による手作り会見LIVE、アメバTVで真実が全て明るみに・・・

マネジメント契約解除を受けた、雨上がり決死隊の宮迫と、ロンブーの亮が20日15:00頃から自分たちの

記事を読む

インスタグラムはフェイスブックの子会社だった? ビジネスツールはフェイスブックがオススメ!

インスタ映えやオススメのお店を探す時は、ハッシュタグ検索でのアップされた写真から、お気に入りのお店な

記事を読む

「だれか教えて!」石田ゆり子が巨大な火の球を目撃! インスタで呼びかけ、コメント数はついに799件に・・・

12月16日に女優の石田ゆり子が、自身のインスタグラムで、「巨大な火の球」を目撃したことを興奮覚めや

記事を読む

コーキが中国で人気雑誌の表紙に初登場!「アジア最強新人」と紹介された

元SMAPの木村拓哉(45才)と、歌手の工藤静香(48才)の次女でモデルデビューを飾ったコーキ(15

記事を読む

岡本社長、22日14時から会見! 吉本興業のホームページ上では順を追って報告されているが、何故か腑に落ちない点ばかりが浮上してくる・・・闇営業を仕掛けた人物とはいるのか?

朝の情報番組スッキリ!で、視聴者も疑問に感じていた部分にメスが入り、吉本興業の株主10社(在京5社・

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク







やはり引退宣言を・・・タピオカ騒動でママタレントとしての好感度を失ったユッキーナが、芸能人から一般人に

ユッキーナこと木下優樹菜さんと、フジモンこと藤本敏史さんが2019年の

給付金で景気回復?定額給付金受け取り後のデパートは、活気に満ち溢れていて、1律10万円の効果は絶大!

定額給付金の申請により、給付金の配布が少しずつ進行し、振り込みが確認さ

豚インフルエンザと鳥インフルエンザの関連性~ 不衛生な中国がまたもパンデミック(世界的大流行)を引き起こす? 

パンデミック(世界的大流行)の恐れがある、中国国内で感染が広がっている

若さを保つ「スクレロスチン」を上手にコントロール! いつまでも元気ハツラツな生活を・・・

骨からの「メッセージ物質」であるスクレロスチンが、記憶力や免疫力、生殖

骨は記憶力、筋力、免疫力、精力を支配! いつまでも若くいる秘訣とは?

骨粗しょう症などにならないように骨の役割には、老化防止効果も潜んでいる

→もっと見る

  • スポンサードリンク



PAGE TOP ↑