スポンサーリンク

スギ花粉2022年はいつから始まり、花粉飛散状況は去年より多い?少ない?

花粉症 2022

花粉症の代表とも言えるスギ花粉ですが、2022年はいつから始まり、花粉飛散状況は去年より多い?少ない?が気になるところです。

すでに日本気象協会や薬品会社のサイトでは、早くから花粉の飛散状況の予測がされていますが、コロナ禍のためマスクの着用を義務付けられている今、花粉症で悩まされている人がわかりにくい状況になっています。

去年と比べて今年はどうなのかを、調べてみましたので、最後まで読んでみてくださいね♪

引用:Yahoo! 天気・災害

花粉症から身を守る! 平和な日常を過ごすために、日頃から対策をしていきましょう♪

スポンサーリンク

スギ花粉2022年はいつから始まり、花粉飛散状況は去年より多い?少ない?

2022年のスギやヒノキの花粉は2月下旬のまだ寒い時から始まっていて、去年に比べると東日本で多く、近畿地方から西側では所によってで、近畿や山陰では去年より少なくなるという予測です。

また例年と比べると、関東から北海道にかけて、多い所が目立っています。

スギ花粉の飛散ピークは、福岡は2月下旬から3月上旬頃で、近畿地方や東海地方では、3月上旬から中旬の予測になっています。

出典:日本気象協会 https://tenki.jp/pollen/expectation/

やはり、暖かい気候の所は、早く始まり早く終わっています。

東北地方でも所によって変わってきますが、3月上旬から下旬頃がピークのようです。

今年は暖かくなるのが早く、しかし4月に入ってから2月並みの真冬の気温に戻ったりと、三寒四温をしっかり刻みながら春が訪れている感じです。

 2022年の花粉状況 スギとヒノキ花粉の飛散時期と地域は?

スギ花粉2022年はいつから始まり、ヒノキ花粉はいつから始まる?

スギ花粉のピークが終わりに近づいてくると、今度はヒノキ花粉が飛び始め、花粉症の人にとってはダブルパンチで、休む暇がありません。

3月下旬から4月中旬くらいまでですが、まだまだ油断はできない状況です。

くしゃみや鼻水などの鼻の症状や、目のかゆみや充血などの目の症状が出て、その他の症状には、皮膚のかゆみ喉の痛み、そして咳き込んだり、頭痛や発熱など重症になる人もいます。

症状が軽く済むように、帰宅後の手洗いうがい、花粉がついている服を変えるなど、注意をしていけると良いですね。

 2022年花粉飛散状況「スギ」はいつ頃? ヒノキ科「スギ」で花粉症になる人とは?

スギ花粉2022年はいつから始まり、北海道のシラカバなどの状況は?

去年に比べて北海道は花粉の飛散量が大変多く、花粉症の人にとっては辛い時期になりそうです。

春はハンノキやイチイ、シラカバなどの花粉が飛散し、スギ花粉も少々・・・

そして夏は、イネ科の花粉などが飛散しています。

秋になっても一息つくことはなく、ヨモギなどの花粉が飛散しているので、敏感な人は大変です。

 2022秋に飛散花粉 ブタクサ、ヨモギ、カナムグラにご用心!花粉症に効くお茶とは?

スギ花粉2022年はいつから始まり、前年の気象状況が花粉の飛散に関わっていた?

花粉の飛散量は、実は前年の夏の気象条件が大きく影響しているようです。

出典:日本気象協会 https://tenki.jp/pollen/expectation/

気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は、花芽が多く形成されるので、翌春の飛散量が多くなると言われています。

去年の気温や気候はどうだったのかと思うと、確かに夏は気温が上昇し、エアコンのない生活ができないくらいに、いつまでも暑かったことを思い出します。

そして雨も確かに少なかったと思います。

雨で流てしまうことがないので、花芽も育つんですね。

 花粉症マスクは2枚重ねが必要? 夏用マスクや冷感マスクは薄いので気になる・・・

スギ花粉2022年はいつから始まり、花粉症に苦しむ人々

花粉症に苦しむ人は、年々増えているようです。

自分は絶対に花粉症にならない・・と思っていても、ある日突然体質が変わってしまうこともあり、弱くなってしまったり、上手に呼吸することができなくて、寝る時口呼吸をして、喉まで痛めてしまったりと、至るところに花粉症の症状が出てきてしまうのです。

初めて花粉症になり、喉は痛いし鼻水も出てきてとても辛く、花粉症の人の辛さがやっとわかったという人もいました。

くしゃみのし過ぎで喉が痛くなり、頭も痛く、耐えられずに病院へかかったという人もいました。

 花粉症対策にマスクは効く?効かない? 花粉は大敵! 喉のイガイガ、くしゃみ、鼻水、目の痒み

スギ花粉2022年はいつから始まり、花粉飛散状況は去年より多い?少ない? まとめ

スギ花粉のピークは、2022年はやはり3月上旬から4月上旬ということで、お花が綺麗に咲く時期が一番花粉の飛散量が多いことがわかります。

花粉症で悩まされている人たちを、これ以上増やさないように、地球温暖化はなるべく避けたいですね。

夏に急激に、気温が上昇することが毎年続いているので、自然環境を破壊しないように気をつけたいですね。

 花粉症は大気汚染で凶暴化!スギ花粉は汚染物質で破裂していた?

電気自動車が普及したらきっと、もう少し外の空気も正常に戻るかもしれません。

引用:ツイッター

【 花粉症の皆さま必見! べにふうき緑茶 1.2g×80本 】ゆうパケット送料無料【smtb-t】【RCP】

毎日のケアは、続けてやっていくと良いと思いました。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました