スポンサーリンク

介護と認知症をスッキリで!認知症患者に最新機器導入

美容と健康

介護と認知症について、以前朝の情報番組スッキリで取り上げられ、認知症介護と最新機器ということで、老人介護とは異なる認知症患者との接し方について、今最先端の介護機器についての知識を得ることができました。

スポンサーリンク

介護と認知症をスッキリで!認知症介護施設の実態とは?

認知症介護の未来が気になりますが、ある介護士は、生きたい姿を実現できることが介護だと考えていて、患者さんと正面から向き合いながら仕事に従事しています。

訪問・通い・滞在と、介護施設には3つのタイプがあり、通いを中心に訪問や滞在を組み合わせたケアなど、高齢者の増加に伴い介護施設も増えています。

ある施設では26人中23人が認知症患者で、朝から夜まで好きな時間に通うことができます。

共同生活をすることで、認知症の進行を遅らせるメリットがあり、自立支援などを目的としたケアが受けられます。

介護と認知症をスッキリで!月額利用料は?

介護度によって金額が変わってきますが、生きる目標がそこにあると考えたら決して高くはないと思います。

介護度 費用
要介護1 11,456円
要介護216,836円
要介護324,489円
要介護427,029円
要介護529,803円

補助金や控除なども利用可能です。

介護と認知症をスッキリで!接する時気をつけていること

会話をする時に気をつけていることは、コミュニケーションが取れていると、患者さんに理解してもらうことで、目線を合わせ落ち着いてゆっくり話す努力をされています。

また上から話しかけると威圧感を与えることになるので、患者さんと目線を合わせられるように、しゃがんで話しをします。

周囲と話しが噛み合わない患者さんには、安心感を与えるためにスタッフ同行で外出し、その間いろいろな話しをするようにしています。

しかし認知症患者さんは、散歩から帰ってきて話しをすると出かけたことを忘れています。

注意点としては、忘れてしまったことを非難するのではなく、そんなこともあるよね?と肯定して安心させることが必要だそうです。

記憶が低下していても、羞恥心やプライドは変わらずあるので、否定することや叱責することを避けて、尊厳を持って接することがポイントです。

【楽天】毎日健康な生活をおくるためのサプリメント、認知症予防にどうぞ!

介護と認知症をスッキリで!不可解な行動にも目的や理由がある

自宅でお嫁さんに介護してもらっている、高齢の認知症男性の例です。

義父が排尿に失敗し、その汚れた下着をトイレのある室内で、お嫁さんが悲しそうな顔をして洗濯していました。

義父はある日突然ハンマーで、トイレの便器を叩き始めたそうです。

いつも悲しそうな表情のお嫁さんを、救ってあげたくて取った行動なのですが、お嫁さんは理由を知らなかったので、義父の頭がおかしくなってしまったと思ったそうです。

理由がわかりトイレで洗濯するのをやめたら、ハンマーで便器を叩くこともなくなりました。

介護と認知症をスッキリで!施設を利用するメリットとは?

共同生活を送っているので、利用者さん同士が悩みを共感しやすく、不安や混乱の解消に繋がります。

さまざまな失敗を経て、自信を失ってしまうので、自信を取り戻してもらうために、自分が今までやってきた料理や掃除など、人の役に立ち感謝される存在になることによって、症状は良くなっていくようです。

介護と認知症をスッキリで!認知症患者に最新機器導入

97人の患者さんがいる滞在型介護施設では、患者さんのために最新型の介護機器を導入しています。

体を起こす行為などを補助するベッドや、湯船までスライドさせて、横になって入浴することができる「スーパーラダリバス(9,650,000円)」など、最新機器を導入している施設が増えてきています。

排尿の失敗を避けるために、「排尿予知センサー(49,800円)」を下腹部にセットすることによって、膀胱がいっぱいになると管理パソコンに「ラインを超えました!」とお知らせがあり、失敗を未然に防ぐことができます。

その他、徘徊する患者さんのために、「シルエット見守りセンサー」を導入し、専用アプリで安全チェックすることにより、徘徊や転倒などを防止することができます。

この装置は危険な動きを察知すると、スタッフのタブレットや携帯に知らせが入るので、すぐに駆けつけることができ、徘徊防止に繋がります。

そして精度も3段階で識別可能で、はみ出し・起き上がり・離床とすぐ把握できて、効率の良い介護が実現しました。


介護用品は、こちらからチェックできます。

【楽天】介護用品 備えあればいつも安心!

介護と認知症をスッキリで!認知症患者に最新機器導入 まとめ

画期的な介護機器が導入されるようになって、巡視の効率も上がり、時間に余裕ができることによって、入居者と過ごす時間が増えました。

介護機器が進化することによって、一部の施設では介護士不足問題を解消できているそうです。

若い介護士さんが増えてきていますが、その原動力は利用者さんの笑顔や感謝の言葉だそうです。

介護士さんたちがいるから介護される人たちも助かり、自然と笑顔になったり、感謝の言葉が出てくるのだと思います。

若い介護士さんんも増えてきて、最新機器も導入されてきているので、日本の介護事情はまだまだ安泰だと思います。

そう思いたいですよね^^

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました