スポンサーリンク

パンって太るってホント? 「小麦が香る男」サンドウィッチマンも大好きなパンの健康的な食べ方とは?

生活

ダイエットするには、炭水化物を減らすことがおすすめですが、健康志向のライ麦パンや全粒粉のパンを食べることによって、ご飯よりもカロリーを抑えられ、パンの種類や食べ方などを知っておくことで、健康的な食生活を送ることができます。

 

 

 

 


スポンサーリンク

ダイエットにおすすめのパンは?

 

 

 

 

ライ麦パンや全粒粉のパン以外にも、バケットやバタールなどのフランスパンなどは、小麦粉やイースト、水や食塩だけで作られているために、カロリーも脂質も糖質も大変低いです。

 

 

そして噛みごたえがあるので、代謝アップが期待でき、過食も防ぐことができます。

 

 

 

 

 

パン自体が美味しいので、バターやジャムを付けなくても、噛めば噛むほどパン特有の風味が口の中に広がり、美味しく食べることができます。

 

 

 

あとは副食になるおかずのバランスを考えることにより、健康的な食生活を送ることができますね?

 

 

 

 

 


食物繊維を先に摂りましょう!

 

パンを食べる前に野菜などの食物繊維を食べることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

 

野菜を先に食べておくことで食欲も抑えられ、肉や魚などのタンパク質を摂ることにより、ビタミンやミネラル、食物繊維などとバランスよく組み合わされ、病気になりにくい体作りができるのです。

 

 

 

 


小麦が香る男、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」のパンに対する執着心と愛情~~

 

 

 

「朝はパン、パンパパン!」

 

「昼もパン、パンパパン!」

 

「夜はうどん、うどんうどん!」

 

 

 

と、夜だけうどんを食べている・・・みたいですが、パンにかける意気込みはコントの中ににじみ出ているような気がします。

 

 

 

そもそも「サンドウィッチマン」の意味とは、

 

 

広告宣伝手法の一つであって、人の胴の前面と背中の両方に、宣伝用の看板を取り付けて、町中でお店を宣伝する歩く広告塔のことを言っています。

 

 

 

お笑いコンビの「サンドウィッチマン」は、なぜかフワフワで柔らかいサンドウィッチのイメージが強く、両方をかけてネーミングしたのではないのか・・・と思ってしまうほどです。

 

 

サンドウィッチはお弁当にもピクニックにもお手軽に持っていかれて嬉しいのですが、個人的には熱々に焼いたホットサンドが、夏にも冬にも食べてみたくなります。

 

 

 

焼きたてのパンも大好きで、パン屋さんの「焼き上がりました~~」の鐘がなると、つい確認に行きたくなります(笑)

 

 

 

焼きたてパンは、小麦の良い香りがするんですよね?

 

 

 

 

やっぱりパンは美味しいね~~!

 

 

 

 

パンには、グリアジンとグルテニンというタンパク質が混ざってできた、グルテンが入っています。

 

 

 

 

このグルテンは胃で分解されると、エクソルフィンという物質に変わり、分解されたグルテンは脳内に届けられて、

 

 

「美味しい!また食べたい!」

 

 

というような快楽感を生むそうです。

 

 

 

 

この快楽感が生まれると、また食べたくなってしまい、ついついパンに手が伸びてしまうのです。

 

 

 

 

 


缶に入っているパンも美味しい!

 

 

 

「毎日食べても飽きない美味しいパン!」をコンセプトにしていて、丁寧に手作りしたボローニャのデニッシュパンは、多くの人から愛されている商品です。

 

 

オンライン限定の商品で、この缶詰があればいつでもどこでも美味しいボローニャのパンを堪能できます。

 

 

 

 

この缶詰が誕生したきっかけとなったのは、2004年に起こった新潟県中越地震で、非常食にもなる缶詰パンを、かなりの時間をかけて商品化して、今では普通に販売されている大人気商品です。

 

 

メープルやチョコレート、プレーン味などがあります。

 

 

 

 

 


まとめ

 

サンドウィッチマンの「小麦が香る男」のコントは、本当に面白いと思います。

 

 

元気をもらえるコントです(^^♪

 

 

 

靴もパンで、移動式のパン屋さんになるくらいだから、本当にパンが好きなことがわかります。

 

 

 

それも柔らかいフワフワのパン・・・

 

 

 

 

副食であるおかずの栄養バランスで、食生活も改善されていくと思うので、パンだけを食べ続けるのではなく、しっかり野菜や肉や魚、大豆製品も摂って、今後パンを主食にしていけるようにコントロールしていくのが良いと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

 

その他、関連記事も合わせてご覧になってみてくださいね?

       ↓ ↓ ↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました