収納、景観、使い勝手が揃った仕掛けだらけの家 ~世界一周後のこだわり~

生活

自分のマイホームを持つことが夢だという人は、少なくないと思います。

そんな中、自分で設計したお家に住んでる一家が、テレビで紹介されていました。

 

神奈川県の青葉台駅から徒歩10分のところに住む、桜本さんご一家です。

一級建築士である桜本さんは、住みやすい作りの家を設計して4年前に完成させ、家族仲良く生活しています。

 

公園の近くにあり開放的な住まいで、公園側が自宅の玄関になり、反対側が仕事場の玄関と、大変使い勝手よく作られています。

 

自宅側の玄関を開けると、普通の家にはないものが玄関先に・・・

それは災害用の貯水槽で、一見玄関先を上がった所にプールがあるというイメージです。

 

桜本さんは関西の震災も、東日本大震災も経験されていて、水が無くて困ったという実体験から、家の中に貯水槽を設置しようと思ったそうです。

 

5400リットル貯められる貯水槽は、プールとしても活用できそうだし、その隣が寝室で水面が寝室の壁に反射して、とても素敵な模様が出来て安らげる感じです。

 

そして次の仕掛けは、寝室の隣りのウォークインクローゼットにあります。

なにやら洞窟のようなウォークインクローゼットなのですが、動線がしっかり出来ていて、とても使い勝手がいいと思いました。

玄関入って靴をしまい、ウォークインクローゼットで帽子を取って、服も着替えて、寝室へ入るという画期的な間取りになっています。

 

キッチンも広々としていて、ダイニングテーブルにも小さなシンクが付いていて、よくパーティーを開くので、その場でフルーツを洗ったり、使った食器を洗ったりと、あれば便利ですね?

 

そして収納スペースにも、前代未聞の仕掛けがあるのです。

それは、吹き抜けのパントリー(収納庫)で高さが2.6mもあります。

どのようにして上の物を取るのかというと、両サイドの棚に足をかけて、よじ登っていく感じですね?

よく出来ていると思います。

 

これなら小さなスペースがない家でも、しっかり収納できてしまいます。

ただどこに何を収納したのかを記録しておかないと、後で探すのが至難の業になるのは、唯一の欠点になるのではないでしょうか?

 

お子さんのお部屋は、広く見せるようなスキップフロアーを採用しています。

敢えて一段上がった空間を作り、その段差に引き出しが入り、画期的な収納スペースになっています。

広々と見せて、また収納スペースがあるなんて、一石二鳥でいいですね?

 

リビングの窓からは、春になると満開の桜が臨めます。

公園の隣りという立地を利用して、絵画の様にスッポリ桜の木が納まるような窓に設計されています。

また設計事務所である仕事場は10畳の空間で、ゆったり仕事ができるように設計されています。

 

それでは二階建てで、気になる建築費用はいくらになるのでしょうか?

3400万円ということで、高いのか?安いのか?判断には悩みますが、憧れのマイホームが、それもご自分で設計した家に住めるなんて、憧れてしまいます。

桜本さんは世界一周をされてきたので、色々な国の建物にインスパイアされて、理想の家の建設に着手されたようです。

 

今後の設計と、ご活躍が楽しみです(´▽`*)

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

こちらにも記事をアップしていますので、お時間のある時にでも読んでみてくださいね?

カフェちっくな日常へ・・・

 

お気に入りのテレビドラマや映画が見放題! 簡単登録、600ポイントもらえて、新作映画も観れます。試してみる価値ありです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました